FC2ブログ

記事一覧

四国札所歩き遍路 七十四番甲山寺

午後1時前に出釈迦寺を出て、朝登ってきた道を下って行く。曼荼羅寺までの道は、お墓の中を通った方がショートカットのように見えたし、次の甲山寺の方向だからそちらに進む。曼荼羅寺の駐車場に出て、そこから先は平坦な道になる。右に曲がって我拝師山を回り込む形となる。この方向からだと、頂上近くにある捨身ヶ嶽禅定がよく見える。ずいぶん上まで登ったものだと思う。しかも登山道ではなく、ずっと簡易舗装が続いて作業用の...

続きを読む

歩き遍路はなぜ減っているのか 七十三番出釈迦寺(後編)

下りは登りよりも時間はかからず、とはいっても急傾斜でそんなに早くは歩けなかったので、出釈迦寺まで30分で着いた。本堂の横から、納経所に出る通用口が見えたのでそちらに下る。「捨身ヶ嶽のご朱印を」とお願いする。ご朱印は「捨身霊跡 禅定」と墨書。お姿は「捨身ヶ嶽 弘法大師七歳ノ行場」と書かれ、捨身ヶ嶽から飛び降りたお大師様の前にお釈迦様が現われ、天女が下で受け止めようとする絵が描かれている。再び山門前の階...

続きを読む

捨身ヶ嶽奥ノ院でお接待を受ける 七十三番出釈迦寺(中編)

舗装道路を進むと、カーブを切って道は下って行く。下るのはおかしいなと左を見ると、石灯籠がたくさん並んでいて「捨身ヶ嶽駐車場」と立て札がある。少し引き返して左に入る。ここより先、「柳の水」の水場に2~3台止められるし、捨身ヶ嶽奥ノ院の前も広くなっている(工事中のためかもしれない)。道はコンクリの簡易舗装で、石灯籠が続いている。登山道というよりも参道だが、いかんせん傾斜が半端なくきつい。足を右左と上げ...

続きを読む

出釈迦寺から捨身ヶ嶽禅定へ 七十三番出釈迦寺(前編)

曼荼羅寺を出ると、出釈迦寺まで800mの標識がある。間には、大きな墓地があり、車道の途中から西行庵への道を分ける。まさに、本堂と奥ノ院といってもいい位置関係である。10分ほど歩くと出釈迦寺の階段が見えてくる。その前にある大きな建物は「民宿坂口屋」と書いてあるが、遍路地図にも載っていないので、ずいぶん前から営業していないようだ。「坂口屋」というと太龍寺から下りてきた民宿を思い出す。相当な設備投資をしただろ...

続きを読む

我拝師山の山号・天霧山を見て採石について思う 七十二番曼荼羅寺(後編)

善通寺の市街地が見えてきたあたりで、道は左右に分かれる。左が国道11号線で、右が曼荼羅寺・出釈迦寺に向かう県道である。県道も片側一車線で、同じくらい幅がある。分岐してすぐの場所に、遍路休憩所があった。ベンチに屋根がついた簡単な造りだが、背面に七十一番から七十五番善通寺までの地図がある。その地図に曼荼羅寺まで1.3kmとあったので、そのくらいなら休まないで歩いてしまおうと先に進む。気持ちのいい坂道をのんび...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29