FC2ブログ

記事一覧

四国札所歩き遍路 五十四番延命寺(その1)

2018年3月13日の朝となった。この回の区切り打ちは天気には恵まれて、予報段階から連日の晴天が予想されていた。前回は観自在寺から石手寺まで1週間以上雨が続き、この回も出発前の週は雨で寒かったのだけれど、久しぶりに傘とレインウェアなしで歩くことができたのはありがたいことだった。

今回の3泊4日の中では、ほとんどの札所間が短距離であるのに対し、五十三番と五十四番の間だけは30km以上ある。松山から今治まで、札所がないからである。そして、伊予の札所は26あるのだが、その半分以上の14札所が松山市と今治市にある。古くから開けた地域だったのである。

それはそれとして、松山から今治までの間、宿泊地がないので一気に歩いて今治市街まで行くことになる。となると、40kmを超える距離歩かなければならない。久万高原への峠越え35kmとは違って、高低差がほとんどない瀬戸内海沿いの国道歩きではあるが、厳しい道中になることが予想された。

そして、前日に駅一つ分だけでも歩ければよかったのだが、体力に余裕がなく、円明寺をお参りしたらすぐ近くの伊予和気駅に足が向いてしまった。となると、翌朝は一番の電車に乗るしかない。宿の朝食は最初からパスしていたし、ホテルも駅のすぐ前だからよかったものの、この日も4時半に起きなくてはならなかった。

朝食は前の日にコンビニで買っておいたハムとレタスのサンドイッチ190kcal、スープパスタ180kcal、野菜ジュース79kcalとヨーグルト125kcalで合計574kcal。家でパソコンを打っているのなら十分なエネルギーであるが、これから40km歩くにはかなり心許ない。どこかで栄養補給が必要だろう。

身支度して15分前にホテルを出て、5時59分の始発電車に乗る。あたりはまだ暗い。さすがに四国は西にあるので日の出が遅いのである。それでも、駅2つ走る間にはヘッデンがいらないくらいに明るくなった。無人駅なので、車掌さんに切符を渡して下りる。GPSの電源をONにし、午前6時10分、長丁場のスタートである。

さて、伊予和気から国道196号に出るには、遍路地図によると円明寺の先の角を右に折れ、さらにファミリーマートの角を右に入るといいようだ。このあたり遍路シールの矢印が見当たらないが、線路と海岸の間を東に進めばいいはずなので、道なりにのんびり歩いていく。

最初は工場と倉庫に囲まれた道であったものが、住宅地になった。住居表示をみるとまだ「和気」である。そろそろ「堀江」になる頃なんだがなあと思ってさらに進むと、なんということか、目の前には防波堤がある。こんなところで瀬戸内海に出てしまったのであった。

本来であれば、和気から堀江に斜めにショートカットすべきところ、海岸まで一気に出て、そこから防波堤に沿って堀江という、三角形の2辺を進むようなルートをとってしまったのである。仕方がない。ここまで来たら戻るよりもう1辺を進む方が近い。前日にこんなことをしていたら、疲れていたのでかなり落ち込んだに違いない。

防波堤に沿ってボートを置いてあるお店が続き、河口にぶつかったので内陸部に入ると、車通りの向こうに堀江郵便局が見えた。郵便局の前の道が、遍路地図の示すメインルートである。ちょっと遠回りしたが、なんとか遍路道に復帰したようだ。

ここからしばらく、土讃線に沿って進む。ようやく堀江駅を過ぎ、光洋台、粟井、柳原と過ぎて次の駅が伊予北条である。伊予北条には番外霊場の養護院があり、円明寺から養護院まで11.1kmと遍路地図にある。朝の目標としては、この養護院を目指すことにした。

(この項続く)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。



5時59分の松山始発各駅で前日歩いた伊予和気に向かう。四国だけあって6時前はまだ暗い。


伊予和気から遍路地図どおりに歩いたはずなのに、海岸に出てしまった。とりあえず瀬戸内海を望むことができた。


ようやく正規の遍路道に復帰して、しばらく海沿いを進む。途中、東屋などはないのでファミマで一休み。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29