FC2ブログ

記事一覧

さすが人気の山、台風直後でも大盛況 伊豆ヶ岳(後編)

頂上から女坂を下る途中で、さきほどの団体と、もう一組小学生の団体とすれ違った。ガイドブックに埼玉県西部の小中学生のほとんどが来ている山と書いてあったが、なるほどと頷かせる盛況であった。

さきほど小学生に占領されていた五輪山は、みんな伊豆ヶ岳に向かったので誰もいない。この日はインスタントラーメンを作るつもりでEPIガスを持ってきていたので、さっそくお湯を沸かす。

とはいえ、朝晩は肌寒かったにもかかわらず11時が近くなると結構暑い。あたたかいみそラーメンもおいしかったけれど、冷えたフルーツパックがさらにおいしかったのは、やむを得ないことであった。

「冷えた」というのは、プラティパスに入れて凍らせておいた水がまだ半分以上氷のままだったからで、飲み水にはならなかったがヴィダーインゼリーやフルーツを冷やすのに役立った。寒い時にはあたたかいものが欲しいのに、暑くなると冷たいものがありがたいから現金なものである。

30分ほど休むと、伊豆ヶ岳の方からまたにぎやかな声が聞こえてきたので出発する。帰りは小高山の手前から正丸駅に直接下りるルートをとる。

この分岐を長岩峠というのだが、ここから先はこれまでにも増してたくさんの人とすれ違った。私同様のシニアがおり、中学生らしき団体がいる。話すのを聞いていると伊豆ヶ岳には行かず長岩峠から「げんきプラザ」というところに下りるらしい。ハイペースで登って来たのか、みんな息が上がっていた。

私は下りだったので息は上がらなかったが、スイッチバックの下りがずっと続いて休むところもなく、登るには正丸峠経由よりつらそうな道であった。30分ほど下ると数十mあろうかという巨岩「かめ岩」があり、今度は幼稚園生数十人の団体とすれ違った。台風の2日後で心配したが、どうやら行楽日和だったようである。

合流点までスイッチバックを繰り返してかなりバテたけれど、そこから正丸駅までの道も結構長かった。往路はさほど長いと感じなかったのだけれど、さすがにしばらくぶりの山歩き、それも前回は霧降高原で階段を登り下りしただけだったので、体力が衰えていたようである。

計画段階では、伊豆ヶ岳を経て子ノ権現まで約15kmを歩こうと思っていたのだが、これだと駐車場に戻るのが不便であるので、約8kmのコースに短縮したのである。15kmにしなくてよかったとしみじみ思った。

正丸駅に戻ったのは12時45分、五輪山からの下りは1時間半ほどかかった。階段の下り口にある水場で、顔を洗わせていただく。たいへん汗をかいたので、冷たくてありがたかった。

せっかく車で来たので、帰路は5kmほど下流にある休暇村奥武蔵の日帰り入浴で汗を流す。お風呂場は今年新装になった「もりとそらの湯」で、表示がなかったので温泉ではないようであったが、広くてきれいなお風呂であった。

この日の経過
正丸駅 7:25
8:45 正丸峠 9:00
9:25 小高山 9:45
10:20 伊豆ヶ岳 10:25
10:45 五輪山(昼食休憩) 11:20
11:50 かめ岩 11:50
12:45 正丸駅
[GPS測定距離 8.6km]


p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。


女坂経由で伊豆ヶ岳頂上へ。山頂はあまり広くなく、大勢いると長居できない。


帰りは長岩峠から正丸駅に直行するルートをとる。途中、かめ岩という巨岩があり、幼稚園生の団体と遭遇。


車だったので、帰りは休暇村奥武蔵の日帰り入浴を利用。今年(2018年)新装の新しい浴室でした。温泉ではないようですが。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29