FC2ブログ

記事一覧

石井あらた「山奥ニートやってます」(続き)

この本を読みながら、ニートって何だっけとまず思った。

ニートとは、"Not in Education, Employment or Training"の頭文字をとったもので、学生でなく、雇用されておらず、職業訓練中でもないという意味である。もともとイギリスの行政政策から20世紀末に出てきたお役所言葉である。

だから、専業主婦が定義上含まれてしまうことは当時から問題とされてきたし、日本では、フリーターとかいわゆる「引きこもり」とほとんど区別されないで使われてきた。

しかしよく考えると、生活が成り立っていればみんながみんなサラリーマンをする必要はない。どこかで書いたことがあるけれど、家族の収入で暮らすことが問題とされる時代など、いましかないのである。

「山奥ニート」と自称する彼らは、生活に必要なわずかな収入を、短期間のアルバイトや、地域の農業・林業の手伝いや、おそらく家族からの支援で賄っている。みんながサラリーマンや金儲けに向いている訳ではないので、それで何が問題なのだろうかと思う。

この本の中に、こんなに便利で豊かな世の中になったのに、すべての人が時間に追われて働かなければ暮らしていけないのはおかしいという意味のことを書いてあるが、まさにそのとおりだと思う。

一方、こうした共同生活に適応できるのは、ニートとされる人達の中でも限られた一部だと思った。「働かないふたり」でいうところのエニートである。

NPO運営者のひとりでもある著者は、山奥ニートになる前は東日本大震災のボランティアをしていたし、共同生活でも中心的な役割を果たすなど、定職がないということだけで普通の社会人と大きな違いはない。

そもそも見も知らずの人達との共同生活で、四六時中他人と一緒にいることが耐えられなかったり、地域の人達とコミュニケーションをとることが苦手という「引きこもり」の人はたくさんいるだろう(私がそうだ)。

ネットでの情報収集が苦にならないとはいっても、数あるジャンク情報の中からニート支援に関係ありそうな情報をピックアップし、関係者に連絡を取って会いに行くことも、それなりのノウハウと対人スキルがないと難しい。

著者は、共同生活の初期からブログやYouTubeで情報発信し、山奥ニート生活を始めてから結婚したくらいの人だから、エニートの中のエニートかもしれない。共同生活している仲間には、鶏を飼ったり農作業をしたり、狩猟免許をとる人達もいる。

そして、著者も書いているし共同生活者の誰かも言ったことなのだが、10年先とか遠い将来のことを考えても仕方がないのである。将来のためにいま現在楽しくなければ意味がない。

彼らが暮らしている元廃校の宿舎も、林業の衰退で裏山を誰も管理していない。台風や大雨で崩れてしまうかもしれないが、そうなったら仕方がないと著者はいう。人間誰だって、いつかは死ぬ。心配したらきりがない。

思えばわれわれの人生、安心して住めるマイホームを確保するために莫大な借金をし、安定した暮らしのため長時間労働・長距離通勤に耐え、老後のために年金を納め貯金をして数十年窮屈に過ごしてきた。それが本当に意味のあることだったのか、答えは簡単に出ない。

繰り返しになるけれども、みんながみんなサラリーマンをしなくたっていい。便利で豊かな時代なのだから、週に1日2日だけ働いてあとは自由に過ごすことだって、できないはずがないと思う。



「貧乏神髄」以来、久々に読んだBライフの傑作。人里から遠く離れた廃校跡に集団生活する元ニートの皆さんの物語。常々思うのだけれど、みんながみんなサラリーマンをする必要はありません。

コメント

No title

はじめまして。自分も以前千葉NTに住んでおりました。間もなく年金生活を迎える年齢ですがブログの中で書かれている事が大変参考になり有難く拝見させて頂いております。自分もコロナ禍が落ち着いたら山登りに挑戦したいなあと思うようにもなりました。ブログの更新を楽しみにしておりますので引き続き宜しくお願い致します。

ようこそいらっしゃいました

>> ムク さん

ようこそ、いいらっしゃいました。コメントありがとうございます。

> 自分もコロナ禍が落ち着いたら山登りに挑戦したいなあ

本当に、早くおさまってほしいものです。私も、昨年暮れ以来公共交通機関は自粛していて、おととしの台風被害のこともあって奥多摩や秩父にはなかなか行けません。せっかくリタイアして時間だけはあるのに、ステイホームしなければならないのはつらいところです。

毎週月曜に山歩きの記事を連載していますが、来週からしばらく千葉ニューから車で行ける筑波山が続きます。茨城の山もそれなりに面白いのですが、他の選択肢がほとんどないというのが寂しいところです。

楽しんで読んでいただければ幸いです。引き続きよろしくお願いします。ではでは。

コメントの投稿

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -