FC2ブログ

記事一覧

白雲橋コースはかなりきつい 筑波山白雲橋コース(中編)

白雲橋コースには、麓から弁慶茶屋跡まで休憩ベンチはない。その間の標高差は500ⅿ近くあるので、かなりハードである。しかも、コースタイムでおよそ80分で着くはずの弁慶茶屋跡は、なかなか見えてこない。少なくとも初心者には厳しいコースである。

御幸ヶ原コースの方が傾斜が急と書いてあるが、あちらは階段が主で、こちらは岩交じりの登り坂である。しかも、御幸ヶ原コースには何ヶ所か休める場所がある。白雲橋コースには全くない。

人通りがあまりないのを幸い、平らな岩に腰を下ろして5分ほど小休止。GPSを見ると、まだ標高は350m程度。全然登れていない。ただ、少し休んで元気が出てきた。

スイッチバックの急坂を懸命に登る。コースタイムの80分を過ぎたあたりで、ようやく峠地形が見えてきた。さらに登ると、この日初めての緩斜面である。このまま弁慶茶屋かと思いきや、しばらく歩くとまた急こう配の岩場である。一体いつになったら着くんだ?

結局、弁慶茶屋跡に着いたのは9時35分、休憩してからまる1時間かかった。麓からは2時間、神社からにしたって1時間50分かかっている。コースタイム通りなら、女体山まで登れている計算になる。

確かに私の歩くペースは遅いけれども、それにしてもこのルートはハードである。御幸ヶ原コースをコースタイムで歩けているのに、白雲橋コースでは20分以上多くかかっているのだから話にならない。というよりも、コースタイムの基準はどうなっているんだ。

弁慶茶屋のベンチはもっとあったように覚えているのだが、景色が開けた場所にテーブル付が一つと、あとは丸太ベンチが2つあるだけだった。テーブル付は3人グループが飛沫を飛ばして大騒ぎしていたので、離れたベンチに腰を下ろす。

普段は頂上で食べるフルーツパックを、ここで食べる。すでにかなり消耗していたのと、女体山頂上にゆっくりできる場所がないからである。甘いフルーツで体力が回復して、ここから先それほど息が切れることはなくなった。

息は切れないのだが、今度は太ももが痛みだした。筑波山は標高の割に傾斜がきつく、岩場の昇り下りが続くので足場も安定しない。奇岩を撮るふりをして足を止められたのは、ごまかすのに助かった。

女体山まで、弁慶茶屋跡から50分。麓から女体山まで、休憩時間を除いても2時間半かかっている。標高差が650mあるので私レベルではそのくらいかかっておかしくなく、コースタイム110分の方がむしろ謎だと思った。

頂上直下の肩まで来ると、すぐ上にロープウェイが動いているのが見える。そして頂上までは、手足をフル稼働しなければ登れない岩場の急登である。標高が低いからといって、バカにできない。

女体山神社の裏から、橋を渡って頂上に出る。平日の昼前のせいか、前に来た時より人は少なくて待っていたら頂上は無人となった。天気がいいので、霞ヶ浦まで一望できた。

ただ、ここの頂上は狭いうえに飲食禁止。ここで休む訳にはいかない。ロープウェイが着いたのか後続のグループがやってきたので場所を空ける。急坂を下って弁慶茶屋にもどるのに、また1時間かかってしまった。

(この項続く)

p.s. 「中高年の山歩き」、バックナンバーはこちら



白雲橋コースで唯一の休憩場所が弁慶茶屋跡。ここまでまるまる2時間かかった。


弁慶茶屋を過ぎると、登山道の左右には奇岩が続く。


ようやく肩の部分まで来て、木の枝越しに女体山頂上が見えてきた。頂上直下までロープウェーで行ける。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

2021/03/26 FC2移行以来の累計アクセス数が10万件となりました。ご愛読ありがとうございます。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -