FC2ブログ

記事一覧

「たかのこのホテル」で温泉と湯上り御膳 ~五十一番石手寺(後編)

石手寺を文字通り「這う這うの体」で抜け出した。大分お腹も空いていたので帰りにおでんでも食べていこうと思っていたのだけれど、お参りした後はとてもそういう気にはならなかった。

石手寺の周辺は観光名所である道後温泉のすぐ背後にあたるが、雨が激しいのでとても歩き回る気にはなれない。へんろ地図のコピーも手近に用意してあったけれど、雨風が激しくて出して見るのは大変である。考えるまでもなく、いちばん太い通りを市街地に向かって歩き始める。

傘を差して重い荷物を持っているうえ、昼を食べていないので力が入らずなかなか足が前に進まない。このあたり、右手の坂を登って行けば市街電車の道後温泉電停までショートカットできるはずであるが、その余裕もない。ともかく右足と左足を交互に前に出して距離をかせぐ。やがて左手に道後公園が見えてきた。もうすぐである。

この道後公園は戦国時代まであった湯築城の城址で、河野氏の拠点であった。つまり石手寺や五社、次回お参りする三嶋宮と同じく、八十八札所とは縁の深い施設である。機会があれば訪問したいところではあったが、大雨なので今回はあきらめた。道後公園の脇を通って市電通りに出る。すぐ先が道後公園電停であった。

終点であり始発駅でもある道後温泉電停が右手奥に見えているのだけれど、何しろ大雨なものだからそこまで行く気力がない。リュックを下ろし、14時55分、GPSの電源をOFFにする。今回の区切り打ちはここまで。次回はここからスタートすることになる。

次に来た電車が松山市駅行きで、ようやく雨の当たらない場所に入ることができた。車両の隅にずぶ濡れのリュックと傘を置かせていただき、ひと息つく。何しろ、今回の区切り打ちは雨に悩まされた。足腰よりも、傘を差す右腕が痛くなっている。市電はゆっくりと県庁前・市役所前を経由して松山市駅へ。ここで郊外電車に乗り換えて久米駅へ。

久米から宿をとってあるたかのこのホテルまで、10分ほど歩く。午前中に通ったへんろ道を再び通るので、左手に浄土寺の山門が見える。やかて巨大な屋根の建物とその向こうに8階建てくらいのビルが見えてくる。たかのこのホテルの温泉施設と宿泊棟である。宿に着くと、午後4時を回っていた。

フロントで送ってあった荷物を受け取り、翌日の予約をキャンセルする。台風が来ているし、2泊のうち1泊するのでキャンセルには特に問題はなかった。仮に明後日の飛行機が予定どおり飛ぶとしても、次の日もこの天気の中を歩くのは無理である。予定よりも10km以上手前で終わってしまうけれど、それは仕方がない。

部屋に入って濡れた荷物やレインウェアを広げ、ホテル備え付けの作務衣に着替えて温泉施設に向かう。ここの温泉施設は宿泊客より日帰り入浴が圧倒的に多く、浴室は満杯である。家族連れや若い人たちがたくさん入っている。体を洗って湯船に体を沈める。アルカリ性単純泉。道後温泉と近いので、泉質も似ているようだ。

お風呂から出て、レストランで昼夜兼の食事をとる。1500円くらいの「湯上り御前」、お刺身・天ぷら・煮付けなどなどたくさんのおかずとご飯・お吸い物・サラダが付いてお値打ちである。生ビール500円はセルフの自販機。これもまた手軽でうれしい。

ともかく今回はしんどいお遍路であった。これまでのお遍路では1日平均30km近く歩いても体重が増えていたのだけれど、さすがに今回は帰って計ったら体重が減っていた。

この日の歩数は31,239歩、移動距離は15.2km。11日間の総移動距離は287.7km、1日平均は26.1kmであった。

[ 行 程 ]
繁多寺 13:05 →
[2.8km]14:00 石手寺 14:30 →
[1.5km]14:55 市電・道後公園駅
(→ 松山市駅 → 伊予鉄久米駅 → たかのこのホテル)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。




納経所の裏から山門に戻る。ここでも幟旗が何かを主張している。


道後公園まで歩き、市電と伊予鉄で浄土寺に近い久米駅に戻る。今回最後の宿は「たかのこのホテル」。


ホテル併設の「たかのこの湯」は、温泉というよりスーパー銭湯だったが、レストランは気が利いていた。セットメニューで連日の苦労を自らねぎらう。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29