FC2ブログ

記事一覧

電気・ガス代の自振が落とせなかった!!

10月初旬のある日、思い立って口座残高を確認してみた。リタイア以来、入金や支払を整理したため、以前のように頻繁に確認する必要がなくなったので、気が付いたときにログインして確認するくらいで済ませている。

ところが、手許の資金繰り表と口座残高が合わない。おかしいなと思って入出金明細を調べてみると、電気・ガス代(深キョンが奨めるので東京ガスで一本化している)が落ちていない。

示されている残高は電気・ガス代の請求額に満たない。ということは残高不足で落ちなかったのである。いまさらローンを借りたりクレジットを新約することもないので真っ青になるということもないが、みっともないことは間違いない。

請求日はもう過ぎているので、いまさらどうしようもない。引落し日に確認して足りなければ振り込めばよかったのだが、入金・支払自体少ないし、そうしたことにあまり神経質でなくなってしまった。

以前であれば銀行に定期預金があって総合口座にしていたので、残高がマイナスになるだけで引き落としはできたのである。定期預金の利率がどうしようもなく低くなってしまったので、銀行に置かなくなったのが大きな要因である。他のところに残高はあるのだから。

自動引き落としができなかったという事態は、いままで記憶がない。職業柄(社会人になった頃は銀行に勤めていた)そういうことに神経質だったし、最近はパソコンで資金繰りを管理しているのである。

資金繰り表を確認したところ、原因は単純なミスであった。10月の入金であるこくみん共済の割戻金を9月の入金に見込んでいたのである。たかだか1万円弱のことだが、それで引き落とし額に足らなかったのだ。

もともと、10月の年金支給日前は資金繰りが厳しい。7月以降国民健康保険の引き落としが始まることに加え、8月にNHKの半年ごとの支払いがある。夏場の冷房で電気代も普段より高い。

それは分かっていてぎりぎり足りると思って資金繰りを組んでいたのだけれど、思わぬところで足をすくわれてしまった。一本化しなければ電気代だけは落ちていたのだが、そんなことを言っても仕方がない。

奥さんの言うところによると、税金でも公共料金でも払わない人はいっぱいいるということである。それはそうなのだろうし、1回引き落としできなかったからといって電気やガスを止められることもないだろうが、ちゃんとおカネがあるのに手違いで落とせなかったというのがくやしいところである。

9月後半以降はクレジットの引き落としが11月になるので、ワインやらみかんやら靴やら健康食品などやたらと通販で買っていたので、その報いが来たのかと思っている。他の口座からおカネを移して、口座残高は足りるようにしておいた。

週末にハガキが来て、翌週2回目の引き落としをするのでちゃんと入金しておくように、とのご指示である。自振割引分は翌月の料金に加算するということで、55円のペナルティになってしまった。

p.s.年金生活編のバックナンバーはこちら


電気・ガス代の自振が落とせませんでした。これまで記憶にないことで、まことにみっともない。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31