FC2ブログ

記事一覧

必ずカンをするプレイヤー ~天鳳を楽しむ(7)

さて、これから書くのはネット上に集うさまざまなプレイヤーについてである。正直なところ、こういうことをしていたら勝てないよ、と思っていたやり方なのだが、最近自信をなくしている。そういうプレイヤーに負けるのである。

あるいは、しばらく離れている間に、私の知っているマージャンとは違うゲームになってしまったのかもしれない。ひとまず、昔からのプレイヤーが違和感を覚えるプレイだと理解して読んでいただければありがたい。

-----------------------------------------------------------------------

1.4つ揃うと必ずカンをするプレイヤー

哭きの竜の影響なのかどうなのか、やたら目立つのは4つ揃うと必ずカンをするプレイヤーである。

私の若い頃には、ローカルルールでカンご祝儀というのがあって、カンをするごとに3人から何点かずつもらえるということがあった。それでも相手の手を高くするリスクがあり、暗カンはともかく明カンはやらないのが普通であった。

ところが、自分の持ち点、相手の持ち点にかかわらずカンが連発される。カン材でも安全牌として持っている選択肢もあるのに、それもしない。手の内で暗刻になっているのにわざわざカンをして、相手のリーチに裏ドラ6枚乗せてしまったケースを見たことがある。

下図のケースでは、上家が開始早々私の捨てた東をカンである。聴牌なら嶺上狙いということもあるが、全然聴牌でない。親だから、上がってトップに届かなければ連荘できるので無理にドラを増やす必要もない。なぜここでカンが必要なのか、本当に謎である。

私の理解するセオリーでは、リードしている場合カンドラを増やすのは得策でない。それだけ逆転されるリスクが増すからである。手の内をさらすのも得策でない。待ちが読まれやすいし、下りる場合も切る牌が少なくなる。

トップと3400点差の親だから、あわてる必要はない。いずれにしても聴牌していなければ嶺上開花にはならないから、鳴かずに回すのが私の知っているマージャンである。ドラは自分に有利に付くとは限らないし、攻めるにも守るにも選択肢が減ることは間違いないからである。

しかし、このプレイヤーは四段なので、私より勝っているのである。あるいは、カンドラをどんどん乗せるというのが最近のセオリーなのだろうか。だが、理屈で不利だと分かっているのにそれを真似するのは理性が許さない。

下図の場合、どうしてもカンにしたければとりあえずポンで、聴牌してからカンするのが昔ながらのマージャンである(そもそも、カンする必要がない)。誰かがリーチをかけたら、カン材で残っていた牌は安全牌になる。

もしかすると、そうやって場を乱すことにより他家の精神状態を平静でなくすことが、展開上有利になるのかもしれない。だとしても、デメリットの方が多いやり方のように思う。みんなが哭きの竜ではないのだ。

(この項続く)

p.s. ギャンブル/ゲーム記事のバックナンバーはこちら



上家は、わざわざ東の暗刻をカン。ご祝儀がある訳ではないし、親なので仮に追いつけなくとも連荘できるのに、謎である。四段だから、私より勝っているプレイヤーである。

コメント

符ハネでは?

58ピンが入れば東明カンで16符、白対子で2符、3ソウカンチャンで2符の40符。
ドラがわからないんですが、もしついていたら親40符2ハンの3900点で逆転だからではないでしょうか。
この1局で決められる手ならチャレンジする方が正解だと思います。
なくてもカンドラや(あれば)赤5ピン狙いがありますし。
とは言っても自分では咄嗟に動けないと思います…。

追加です

さらに言えば、仮にカンドラが他家にのったとしても南家・北家は大差ですし西家には負けているので問題はないと思われます。
従ってもしドラがなくても、符ハネ+カンドラ狙いなら行く理由としては十分ではないでしょうか(ドラがあればなおさら)。
また、ポンしてからのカンは58ピンをチーした場合にカンできなくなるので、この局面では意味がないかと。

何度もすみません

符ハネについて訂正します。
カンせずに3ソウが先に埋まると出て30符なので、カンして40符を確定させる、という書き方でないとまずいですね。
先にポンに意味がないのは前に書いたのと同じです。
ホントに何度もすみません…。

この局で決められる可能性が高くなるからだと思います

(ちょっとごちゃごちゃしてしまったのでまとめました。前の3本は無視してください)

仮にドラがない場合ですが、カンしないとカン3ソウ直撃の場合のみ逆転します。
カンした場合、カンドラが乗らなくても、直撃ならばなんでも逆転です。こちらは両面OKなのが大きなメリット。
もちろんカンドラが1枚でものれば、あがりさえすれば逆転です。
仮にカンドラが他家にのってあがられたとしても、点数はともかく順位に影響はほぼないと考えられます(西家は元々トップ、南・北家は大差のため)。

ドラが1枚ある場合ですが、カンしないと58ピンを脇からロンした場合は逆転しませんが、カンすれば無条件であがれます。
なのでこれもカン。
(ドラが2枚以上ある場合には無意味ですけど)

なお、ポンからのカンはチーテンを取ったらカンできませんので、符ハネ狙いの意味がなくなってしまいます。

というわけで、じっくり考えたら大明カンすべしという結果になるかと思います。
ただ、自分が咄嗟にこの判断ができるかというとかなり疑問ですけど(笑)。

コメントありがとうございます

>> 通りすがり 様

コメントありがとうございます。ようこそ、いらっしゃいました。また、私には謎であった明カンをご説明いただき、ありがとうございます。

「直ドリ」「符ハネ」で逆転可ですか。理屈としては分からないでもないですが、リスクと可能性を勘案した場合どうなのかと思ってしまいました。

ご指摘のとおり、どんなにドラを増やしても3位に落ちるには倍満直くらいが必要だし、トップか2着ならリスクは無視して大丈夫。ここは行くべしというのが四段になれるプレイなのかもしれません。

勉強になりました。ありがとうございました。またご教授ください。ではでは。

コメントの投稿

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -