FC2ブログ

記事一覧

ネットマージャンとの出会い ~天鳳を楽しむ(1)

先週お伝えしたように、コロナの影響で山に行けない日が続いている。非常事態宣言は解除されたものの、首都圏の住民は山に来ないでくれと自粛要請が出ており、こういう雰囲気は続きそうだ。

という訳で山歩きの記事はしばらく載せられないので、ネットマージャンの記事を書くことにしたい。ギャンブル関連の記事は、スポーツブックを除けば2009年以来。十年以上ぶりである。お楽しみいただければ幸いである。

---------------------------------------------------------------

1.ネットマージャンとの出会い

かれこれ四半世紀マージャンから遠ざかっていた私がネットマージャンをしようと思ったのは、コロナ騒ぎのStay Homeでやることがなくなってしまったからであった。

ABEMA TVを見ていると、ネットマージャンをしているという若手棋士が何人かいる。マージャンゲームというと昔ゲーセンでやった対コンピュータ2人ゲームの印象が強くて、課金しないと勝てないのだろうという思い込みがあった。

ところが、最近のネットマージャンは何十万人という会員数で、実際に相手するのも人間である。変に操作して評判を落とすよりも、安定した収入を背景にちゃんとゲームをさせた方が運用も楽なはずである。

もちろん、1卓の2人が組むインチキの可能性はなくはないが、1局(東風戦または東南戦)で組み合わせは変わるし、カネも賭けていないのにそこまで手間をかける奴もいない。それに、2人組んだからといって、必ず勝てるとは限らない(絶対勝てるのは2の2の天和だけ)。

あとは、一部のネットポーカーのようにメアドを教えたら変な勧誘メールが来るのだけが心配である。調べたところ、業界最大手の「天鳳」がそれほど悪くないようだ。さっそくインストールして、課金25日分550円を決済した。

「天鳳」の目玉といっていいのは、段級位制である。これは非常によくできている。

格付けられる最初の級は9級であるが、初段に上がるまでは降級がない。さらに、4位になった場合の減点も2級からなので、普通に番数を重ねれば多くの人は上位級までそれほど時間はかからないだろう(私は初段まで3日だった)。

4位のマイナス点は1級で東風戦-20、東南戦で-30。初段になると東風戦-30、東南戦で-45である。プラス点は段級によらず東風戦が1位+20で2位が+10、東南戦で+30と+15だから、初段になるとちょうどゼロサムゲームということである。

おそらくこのあたりが、最初の壁になるのではないだろうか。私も一度初段から1級に降級して、痛い目に遭った。ここを突破するにはそれなりに工夫がいる。

オーソドックスな方法は、4位を取らずに1・2位をとれるよう精進することである。実を言うと、一般卓の場合4位を回避することはかなり意図的に可能である。ルールを覚えたばかりの初心者も入ってくるからである。

もう一つの方法は、上級卓に挑戦することである。上級卓の場合、1位のプラス点が東風戦+40、東南戦+60となるため、三段までゼロサムとならないからである。

(この項続く)

p.s. ギャンブル/ゲーム記事のバックナンバーはこちら


↓どれかクリックしていただければうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ


ネットマージャン天鳳。対局後は牌譜で振り返ることができるので、勝てば2度楽しむことができる。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -