FC2ブログ

記事一覧

米店はどこに行った ~半世紀前の話(1)

リタイアしてもうすぐ4年になる。あっという間に4年が過ぎたけれど、いまはコロナ騒ぎで動きがとれない毎日が続いている。

あまり活動しない日々を送っていると、ふと昔のことを思い出すことがある。少し前のように感じるのだけれど、よく考えると半世紀前のことである。半世紀後には、さすがに生きていないだろう。

シンギュラリティになれば、私が文字に残した内容もビッグデータの一部として後の時代に残るかもしれない。だから、忘れないうちに覚えていることを書いてみたい。多くの人にはあまり関心はないかもしれないが、少なくとも脳の活性化には役立つ。

(なお、ビッグデータは携帯やスマホの位置情報のようにTVでは言っているが、あれはビッグデータのごくごく一部である。あまりミスリードするのはよくないと思う。)

半世紀前にはスーパーマーケットはほとんどなく、八百屋、肉屋、魚屋、パン屋などの個人商店が集まって商店街を作っていた。いまも多く残っているのはパン屋だが、当時はヤマザキパンとか木村屋のパンを売っていたのに対し、今日では自家製石窯パンが主流である。

肉屋や魚屋はわずかに見つけることができるけれども、今日ほとんど見ることがなくなったのは米店である。それにははっきりした理由がある。半世紀前には食管法(食糧管理法)という法律があって、米店でなければ米を売ることができなかったのである。

(「米店」はこめや、と読んでいただけるとありがたい。米屋と書くと羊羹屋のような感じなので)

当時、コメの流通はきびしく規制されていたが、これは第二次世界大戦による食糧不足に端を発する。農家は収穫したコメを農協に納めなければならず、許可された卸売業者を通じて末端の米店へ。さらに、その流通価格も規制されていた。

私が就職したのは1980年だが、当時、米穀通帳が本人確認書類として有効と教えられた(さすがに、実際に米穀通帳で本人確認した経験はない)。食管法が廃止されたのは、なんと平成に入ってからである。

戦後まもなくが舞台となった映画とかドラマで、田舎の農家に直接コメを仕入れに行き、汽車で帰ってきて上野駅で捕まるという場面がある。当時、そうした直接取引は「ヤミ米」と呼ばれ食管法違反であり、見つかったコメは没収されてしまうのであった。

食管法が廃止された直接の原因は1993年の「平成コメ騒動」と、GATTウルグアイラウンドによる輸入自由化であったが、それ以前から、コメの需要減少と自主流通米の増加(銘柄米への選好集中)により、かつてのように米店が営業していれば儲かるという時代ではなくなっていた。

米店に限らず、営業するのに免許が必要で、仕入れ値も販売価格も決まっているなら看板を掲げていれば儲かる。現在のように流通も価格も自由化されてしまうと、米店だけの商売でやっていける訳がないのである。

販売価格が決まっているから、他店と差別化を図ろうとすればサービスによる他はない。だから、米店の多くは「ご用聞き」という形で各消費者と直接のルートを持っていた。重い品物だから、家まで届けるのは当り前であった。販売ルートと顧客データを持っていたのである。

だから、宅配便事業が商売として成り立つのではないかと考えたヤマト運輸が、最初に集荷拠点として代理店にしたのが米店だったのである。(ヤマトはもともと三越の配送業者であったが、三越の業績悪化により他にビジネスチャンスを求めなければならなかった)

千葉ニュータウン周辺でも、20年前には成田ボンベルタに米店があった。銘柄米を専門に売っていたのでかつての米店とは違うけれども、しばらく前になくなってしまった。おそらくいまの若い世代は、米店を見たことがない人もいるのではないだろうか。

米穀通帳とか、外食券とか、食糧管理制度に伴うものはすでに歴史上の事柄になった。「犬神家」で石坂浩二が、外食券ありますかと聞かれてコメを出す場面など、何の意味だか分からない人も多くなっているのではないだろうか。


かつてはどこの商店街にもあった米店ですが、最近は銘柄米を専門に売るお店くらいしか見なくなった。(資料画像)

プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -