FC2ブログ

記事一覧

コロナがなくてもStay Home ~せいうち日記131

非常事態宣言が延長された。TVではうるさくStay Homeと繰り返すけれども、以前からゴールデンウィークは家にいることにしているので、コロナがあってもなくても日常生活はほとんど変わらない。

いつもの年と違うことは、山歩きができないことと、図書館やスポーツジムに行けないことである。山歩きは近所の里山で何とか代替することができるけれども、図書館やジムはやっていないのでどうしようもない。

このところのマイブームは、土・日に無料放送のグリーンチャンネルを見ることである。グリーンチャンネルとは中央競馬(JRA)の開催レースをライブで流す有料放送で、普段だと月1,320円かかるところが競馬場・場外に入場できないため無料、スカパーの基本料金429円だけである。

こんなに熱心に競馬を見るのは、かれこれ四半世紀ぶりである。昔は電話投票の口座をなかなか開けなかったが、今ではその気になればすぐにネット投票可能である。とはいえ、中継を見るだけで馬券を買わなくても十分楽しむことができる。

4月中旬からローカル開催の福島競馬が始まって、3場同時開催である。3場が次々スタートするので、あっという間に次のレースが始まる。そして福島競馬場は、私がローカル競馬場の中で最も足を運んだ競馬場なのである。

そういえば、まだ記録が残っているはずと思って探してみたら、あった。92年の7月開催だから、28年前になる。土・日のレーシングプログラムと泊まったホテルのパンフレットがあるから、泊りがけで行ったのだろう。

この時は泊りがけだったが、日帰りで何度も足を運んでいる。子守りを兼ねて、まだ幼稚園の子供2人を連れて車で行ったこともある。まだ後部座席のシートベルトが強制されていなかった時代だが、危ないのでシートベルトをさせて高速を走った。ソフトクリームを買ったら落として泣かれ、走行中なのでどうにもできなくて困ったことを思い出す。

なぜか記憶に残っているのはそういう競馬とは関係ないことや、ホテルの窓からヨーカドーの看板が大きく見えたこと、競馬場のスタンドから信夫山が大きく見えたことくらいで、レースのことはほとんど覚えていない。

ここ30年くらいで、札幌、新潟、阪神は大きなコース改修をしたけれど、福島競馬場はマイナーチェンジだけである。ダート1150mなどというコースはなかったし、周囲の建物も増えたけれども、それ以外は内ラチ沿いがすぐ荒れることを含めて昔と同じなのはうれしい。

土・日はそのように競馬中継で過ごすのだが、平日に多く時間を割くようになってのはYouTubeである。しばらく前にAmazon Fire Stickを買ったので、47インチのTVで見ることができるのだが、思っていたより画質がいいので驚いている。

ここ数日で、初音ミクの曲をかなり覚えた(りったんりったんが耳について離れない)。ヨッキれん氏「山行が」の動画も本格的なものがあって、Stay Home特別企画でCMが入らないのでひととおり鑑賞した。おとといは、山梨55号が昼前から午後まで山盛りだったし。

奥さんは、ヒロシチャンネルのキャンプ動画を飽きずに見ている。風呂がないので山にもキャンプにも行かないのだが、焚火の周りで他愛のない話をしているのを見るのが好きなのだそうである。

ただでさえ外に出るのは嫌なのに、来ないでくれとうるさく言っているのをわざわざ出かける必要はない。来るな来るなと新幹線や高速道路の出入口でしつこく言っているのを見て、いつかまた来てくださいと言ってものこのこ出かけるのはできれば断りたい連中ばかりだろうと思う。

家にいるだけで十分楽しいし、こういう機会にしかできないこともある。他人は自分の思うように動かないけれども、自分の心持ちだけは自分である程度コントロールできる。そうやって、できるだけストレスを少なく打たれ越すしかない時期もある。

これから先、こんなふうにある時点でサドンデスとなる可能性はかなりあるとふと思う。でも、これまでその時その時でやりたいことを精一杯やってきた。もちろん、まだまだやりたいことはたくさんあり、「見るべきものは見つ」とまでは言えないにしても。

いろいろ思うに任せないことも多かったけれど、そんなに残念な人生、悔いが残る人生ではなかったと改めて思ったりする。

p.s. 「せいうち日記」、パックナンバーはこちら


昔の記録をときどき取り出して見るのは楽しい。28年前の福島競馬。メインレースの馬券を貼っていないところをみると、取ったのかもしれない。

プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -