FC2ブログ

記事一覧

中高年の山歩き 難台山・愛宕山(前編)

2020年2月にコロナウィルス騒ぎが勃発、全国の学校が臨時休校となり、公共スポーツ施設も休館となった。現役の方々はやむを得ないが、リタイアした老人が公共交通機関に乗ることは差し控えるべきであろう。

例年であればヒルが出る前に丹沢に行く時期だが、昨年秋の台風の影響が残っていて丹沢だけでなく奥多摩、秩父も難しい。房総は昨秋の台風被害が甚大だしすでにヒルがいるはずだ。となると、車で行ける茨城ということになる。

家に車は1台しかないので、奥さんと調整しなければ山行には使えない。天気の兼ね合いもあるので、候補日はさらに限られる。結局、前回から1ヵ月以上空いて3月17日にタイミングが合った。

茨城で、しかも車ということになると、早めに行っておきたいところがあった。1月に団子石峠からエスケープした難台山ハイキングコースである。前回未達であった団子石峠から愛宕山までと、大きく道間違いした岩間駅までのルートを歩いておきたい。

駐車場は、愛宕山頂近くに大きなものがあるらしい。そこから出発するとなると団子石峠まで前回と逆回りになる。せっかくなので難台山から難台山城を経由して下山、岩間駅まで歩いて愛宕山までまた登るという計画を立てた。

午前5時に出発、もう春分なのですぐに明るくなった。すいている一般道を通ったが、すいすい進んで7時前には愛宕山直下の駐車場に到着した。

ここの駐車場は広いしトイレもあり、東側はすぐに愛宕神社の鳥居なので帰りも愛宕山からすぐのようだ。西側にあるロッジの専用駐車場ではないかと少し心配したが、ロッジの駐車場は少し先に別にある。

ロッジ入口にハイキングコースの案内があり、ロッジが並ぶ丘に沿ってしばらく進む。突き当たった先で道がいくつかに分かれていて、そこが唯一分かりにくいところだった。掲示してある案内地図がたいへん分かりにくいのである(東屋と現在地の位置関係が違う)。

結局、そのまま道なりに進めばよく、吾国山から続く番号付き案内板が復活したので安心する。とはいえ、WEBではここからとんでもない場所に迷い込んだ例があるようだから、里山とはいえ油断できないのである。

駐車場から団子石峠まで顕著なコブが6つあり、その数だけアップダウンがあるのだが、道はきちんと整備されている。吾国山・難台山ハイキングコースの中でも、最もハイキングコースらしい道ではなかろうか。

ただし、この朝は霜が下りていて、時刻とともにそれがぬかるんでたいへん滑りやすい登り坂となってしまった。3つ目のコブが南山展望台で、2階建ての木で組まれた展望台が建っている。

ここまで所要時間は45分、ロッジ出口で迷わなければもう少し早く歩けたかもしれない。展望台からは右下に出発した愛宕山の駐車場が見え、その背後に岩間から石岡・千代田の街並みを望むことができた。10分ほど景色を楽しんで出発。

(この項続く)

p.s. 「中高年の山歩き」、バックナンバーはこちら


天狗の森駐車場は広くてトイレ・休憩所もある。愛宕山側には愛宕神社の鳥居が建つ(逆光だったので帰りの撮影)。


駐車場から案内表示に従いハイキングコースに進み、公営の宿泊施設スカイロッジに沿って歩く。


3つ目くらいのコブが南山で、大きな展望台がある。出発した愛宕山を眼下に望む。


プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -