FC2ブログ

記事一覧

その時にしかできないことをする ~年金生活雑感15

コロナウィルスで中国・韓国との出入国がややこしいことになっている。そういえば、しばらく海外に出ていない。パスポートを確認してみたら、最後にラスベガスに行ったのは2011年、最後のマカオはそれより前の2010年春だった。

マカオにはさんざん行った、と言えるかもしれない。サンズができてから売上でラスベガスを超えるまでの一時期、訪れるたびに風景が変わるマカオを見てきた。ハンドルネームも、マカオにちなんだものを使い続けている。

奥さんからは「もう一生分遊んだでしょう」と言われてしまう。一生分かどうかは何ともいえないけれど、あの時代にしかできないことをしたということは感じている。

以来、10年が経過した。数ヶ月を開けずに通っていた頃はいつも、次はいつ来ようと思っていた。しかし、こうしてしばらく行かないでいると、あれほど頻繁に通った日々が夢のようである。

最近のマカオは政治家の収賄容疑で映像が出てくるくらいで、あまりイメージがよろしくない。グランドリスボアの映像を見ると華やかだけれど、昔のずんぐりしたリスボアのローカルさをむしろなつかしく感じる。

かつてはスタンプを押すページが足りなくなりそうだったパスポートも、今年の夏で期限が切れる。ちくわさんが中国本土に入る時に、スタンプを押す余白がなくなってあたふたした、なんてこともあった。

若い時から、その時しかできないことを思う存分するよう意識している。その方が、年取ってから後悔することがより少ないと思うからである。

いまは年金生活で海外旅行はなかなかできないが、タイパ島に建設中のカシノホテルや、ケアンズのホテルの窓から見た市街の風景、テニアンのこじんまりしたカシノと離島のさりげない風景など、いまも思い出すとなつかしい。もちろん、MGMの最後部の座席を1000ドル出して見たデラホーヤvsホプキンスもいい経験であった。

家の近所を散歩していて総武カントリーや習志野カントリーの横を歩くことがあるのだけれど、ゴルフをしたいとは全く思わない。あんなことに、どうして多くのカネと時間を浪費していたのだろうと思う。ということは、職場の付き合いでやっていただけで、本当にやりたいことではなかったのである。

一方で、もし今おカネと時間がもう少しあったとしたら、カシノでポーカーやバカラ、BJ卓を前に胸おどるひとときを過ごしたいとは思う。本当にやりたいこととはそういうことだ。

だから、環境がかなり違ってしまった現在でも、今しかできないことは何だろう、と考える。お遍路や山歩きに使う時間が多くなったのは、足腰が衰える前の今しかできないからである。いよいよ足腰が衰えてしまったら、生きている間にしかできないことは何か、考えることになるだろう。

いずれ遠からず当り籤が当たる日が来るのだが、そうやってその時にしかできないことを積み上げていくことができれば、心静かにフェイドアウトできるのかもしれない。

p.s. 年金生活編、バックナンバーはこちら


かつてのパスポート渡航記録。いつの間にか、海外に行かなくなって10年近くが経ちました。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -