FC2ブログ

記事一覧

大晦日、地元の神様にご挨拶(前編)

年の暮れはあまりいい天気ではなく、山歩きをしたかったのだが適当な日がなかった。大晦日になってようやく晴れて、気温も20℃近くに上がるという予報である。せっかくのいい天気なので、地元の神様に年末のご挨拶をしようと思い立った。

朝方まで残っていた雨が上がり、太陽が顔をのぞかせたのは10時過ぎ。予報通り、日が差したとたんに温かくなった。千葉ニュータウンは東西南北どちらに向かっても里山があり、由緒ある神様も多くいらっしゃるが、この日は北西方向へ。

秋にタイガー・ウッズが来た習志野カントリーをぐるっと回り込んで1時間ほど歩くと、火皇子(ひのおうじ)神社がある。まずそこを目指す。

何年か前にこのあたりを歩いた時には、まだ周辺が未開発で、何もない草原であった。ところが、ここ数年で工業団地の開発が進み、倉庫が次々と建てられた。建てているのはGoodmanという会社で、ホームページを見るとオーストラリアの不動産会社らしい。

建設中の鉄板に描かれた会社説明によると、職住接近で環境重視の会社で、通販の即日配送をサポートするらしいのだがこれだけではよく分からない。でも、建設済の倉庫には多くの車が止まっているので、みんな自動車で通勤しているのだろう。

火皇子(ひのおうじ)神社は、畑の中に神社の周りだけ家が集まっているという妙な立地だったが、現在はすぐ近くまで住宅分譲が進んでいる。祭神はヒコホホデミノミコト、山幸彦としても知られる皇室の祖先神である。

境内には「正一位」の立派な石碑があるが、これは近年になって建てられたものである。氏子さん達が新年の準備をしていた。二礼二柏手一礼で一年の無事にお礼申し上げる。神様にお願いすべきは、いいことが起きることではなく、悪いことが起きないことである。

谷を下ってしばらく西に進み、北に石段を登ると長楽寺がある。こちらのお寺も古く、市の文化財となっている梵鐘は室町時代のもの。長生き観音に健康をお礼して、近くにある大森鳥見神社に向かう。

印西市にはいくつか鳥見神社があるが、「とみじんじゃ」と呼ぶ。「とみ」とは律令時代の郷名である「言美(とみ)」から付けられたものと考えられる。物部氏との関係が深いとされる。印旛沼に近づくと宗像神社が多く、こちらは九州の神様である。

やはり新年の飾りつけの最中で、鳥居前には日の丸の旗が交差して立てられ、鳥居の注連縄も新しくなっている。この鳥居は元禄年間というから綱吉将軍の時代。いま奥の細道を勉強しているのでちょうどその時代である。

大森鳥見神社を過ぎてそのまま北に下ると、すでにそこは広い意味での利根川河川敷である。県境を越えて茨城県側までの眺めが広がる。大森浅間神社はその河川敷を望む高台にある。標高30mほどの小さな山だが、江戸時代の錦絵にも登場するらしい。

現在では、国道建設にあたり北側の山体が削られてしまっているものの、それでも参道の階段からはかつての眺めを彷彿とさせる風景を望むことができる。

(この項続く)

p.s. 千葉ニュータウン関連記事のバックナンバーはこちら


このあたりは数年前まで何もない草地だったが、工業団地の倉庫が次々と建っている。


火皇子神社。境内に「正一位火皇子神社」の石碑がある。正一位は享保年代というから、江戸時代中期に宣旨を受けたもののようだ。


大森鳥見神社。鳥居は元禄時代のもので、かなり古い。

プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -