FC2ブログ

記事一覧

2019NFL Conference Championship 展望

テネシー・タイタンズがSuperbowlに最も近いと思われたレイヴンスに完勝した。MLで+300を超えるチームがUpsetを起こしたのは、2012シーズンのレイヴンスがブロンコス(+8.5/+350)、ペイトリオッツ(+9.5/+350)に勝ってSuperbowlに出た時以来。

私は、レイヴンスが負けるとしたらああいう負け方、つまりリードを奪われてジャクソンがパスを投げるしかなくなり、ドロップ、バスミス、インターセプトというのが最も可能性が大きいとみていたが、それをやるのがタイタンズというのが予想外だった(チーフスだと思っていた)。

ハーボーのプレイコールも不可解で、なぜ開始早々からパスぱかりコールしたのか、やらなくてもいい4thダウンギャンブルをしたのか、よく分からなかった。HCだけがプレイオフに慣れているので、普段通りやれば勝てるという意識が強すぎたのだろうか。

有馬さんはレギュラーシーズン中は各チームともレイヴンスに特化した対策をとらなかったためと解説していたが、この試合でもジャクソンはちゃんと走っているし投げている。パスオフェンスが分断されたのはレシーバー陣の度重なる落球のせいで、それだってランを中心にすれば避けられたかもしれない。

AFC Championship
  テネシー・タイタンズ(ワイルドカード)
Oカンザスシティ・チーフス(西地区優勝) -7.5

チーフスは0-24と差をつけられた時はレイヴンスの二の舞かと思ったが、怒涛の反撃で逆に大差をつけた。きっかけとなったのはテキサンズのフェイクパント失敗で、何でプレイオフで、リードしているのに自陣深くでああいうことをするのか理解に苦しむ。

その後のチーフスの勢いからいって追いつかれた可能性は大きいとしても、勝負を第4Qまで持ち込めばディフェンスが切れることもなかっただろう。「まさかと思うだろうから成功する」などというのは勝手読みというものである。

オフェンスの決定力に差があるので、チーフスの優位は明らか。Week10にタイタンズが勝っているが、これはマホームズが休み明けという要因があった。テキサンズと同様、冬場のアローヘッドはアウェイでは戦いにくい。

チーフスはDivisionslで地獄の渕を覗いたから、ここは気を引き締めてかかるだろう。ドロップなどつまらないミスをしないことだ。先週も書いたけれど、マホームズはシーズン中盤の休みがいい方に働いているように思う。

タイタンズのDivisionalはデリック・ヘンリーの大活躍はあったものの、どちらかというとレイヴンスの自滅に近い。オフェンスもディフェンスもあれ以上のパフォーマンスを出せるとは思えないので、ヘンリーのランで食らいついていく以外に方法はない。

NFC Championship
Oグリーンベイ・パッカーズ(北地区優勝)
  サンフランシスコ・49ナース(西地区優勝) -7

グリーンベイを推すのは、ひとえに+7のハンデが大きすぎると思うからである。+3から+4、せいぜい+5とみていた。タイタンズと同じようなハンデということになると、それはちょっと付けすぎと思うのである。

確かに、Week12にランボーフィールドで、8-37で戦意喪失してロジャースを下げてしまったゲームはいただけなかったが、また同じような負け方をするようならロジャースもそろそろ終わりか、ということになる。

49ナースのDivisionalはほとんど危なげがなかった。唯一どうかと思ったのは、第2Q終盤、自陣深いところでガロポロにパスさせてインターセプトを招いたところで、ランが出ているのだからリスクを冒すところではなかった。

結局はシャーマンのINTから連続ラン攻撃でTDを奪ったところで勝負あったのだが、ガロポロとロジャースの差はやはり大きいとみる。シャナハンHCが王道のランでゲームコントロールできればいいが、妙に楽勝ムードだと足元をすくわれる怖れはありそう。

もちろん、ロジャースにかつてほどのパワーがないことも確かなので、再びじりじり差を開かれる展開になると苦しい。ただ、いかに49ナースのパスラッシュが厳しくとも、何らかの対策はとってくるはずである。MLまでは自信ないがPSなら。

p.s. NFL2004からの星取表や過去記事のバックナンバーはこちら

コメント

No title

TAIPAさん、こんにちは

先週の私の予想は1勝3敗でした。
レイブンズの慌て方、テキサンズはドタバタ、パッカーズは
勝負強かったです。

レイブンズはレギュラーシーズン4thダウンギャンブルが8/8だったので
過信したのでしょうか?
0-14になってラマージャクソンと首脳陣が冷静さをなくしたように
感じました。

それに対して不可抗力に近いとは言え0-24になってからの
マホームズは冷静で強かったですね。

>きっかけとなったのはテキサンズのフェイクパント失敗で、何でプレイオフで、リードしているのに自陣深くでああいうことをするのか理解に苦しむ。

まさにこの通りでテキサンズ自身の攻撃力を信用すれば
あんな不可解なプレイで流れを失くす必要はなかったように感じます。


AFC Championship
テネシー・タイタンズ(ワイルドカード)
Oカンザスシティ・チーフス(西地区優勝) -7.5

タイタンズはヘンリーのランに注目がいきますが
実はタネヒルの冷静さがストロングポイントになっている気がします。

>チーフスはDivisionslで地獄の渕を覗いたから、ここは気を引き締めてかかるだろう。ドロップなどつまらないミスをしないことだ。

この言葉通りでマホームズ以外のプレイヤーが普段通りプレイできれば
チーフス有利は動かないでしょう。よって私もチーフス載り。
もしチーフスに反則が多く出たら勝敗はわかりません。


NFC Championship
Oグリーンベイ・パッカーズ(北地区優勝)
サンフランシスコ・49ナース(西地区優勝) -7

ここも49ナーズ有利は動かないもののロジャースにとって残り少ない
スーパーボールへのチャンス
きっと接線になることの期待を含めて7点ハンデのパッカーズに載ります。


コメントありがとうございます

> Saitoh さん

コメントありがとうございます。

もしかしたら、まだゲームを見ていらっしゃらないかもしれないので、結果はともかくとして、

Superbowlが楽しみです。さ来週、また予想していただけば幸いです。ではでは。

コメントの投稿

プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -