FC2ブログ

記事一覧

古代史研究者が求めているのは真実ではない ~日本古代史研究の問題点(1)

2019年も終わりに近づいた。日本古代史の記事をブログ引っ越し以来全く書いていなかったけれど、実をいうと古代史研究の問題点がいろいろ見えてきて、「何を言っても仕方がない」と思えてきたのが最大の理由である。このまま時間が経ってしまうとどこに問題があったのか分からなくなるので、年の終わりに思うことをまとめておくことにした。

それは、私が常日頃書いている年金生活についてでもそうなのだけれど、ほとんどすべての人がおカネだけを評価軸にして動いていることが最大の原因なのである。ひとことで言うと、日本古代の真相がどうだったのかに関心があるのではなく、どういう主張が自分の懐を豊かにするかに関心があるのではないだろうか。

昔は良識の府とされた大学もマスコミも、現在ではどうやって自分が偉くなるか、自分の収入を増やすか、ほとんどそれだけを考えて動いているように思う。だから、大学など就職前の訓練機関でいいというような主張が出てくる。世の中はもう一度、なぜ勉強するのか、高等教育機関があるのかよく考えた方がいいと思うけれど、そういう考えはもはや少数派のようである。

---------------------------------------------------

11.1 日本古代史研究者が求めているのは真実ではない

日本古代史について自分なりに勉強して、考証の結果をまとめてこのシリーズを書いてきたのだが、いまさらながら気づいたことがある。

例えば、邪馬台国が九州か近畿か、後の大和朝廷との関係はどうなのかといったことについて、古代史の研究者たちは真実に近づきたくて研究しているものと私は思っていた。しかし、どうやら違うようなのである。

私にとって、日本の古代がどのような姿であったのか知りたいのは純粋な好奇心であり、損得は関係ない。邪馬台国が九州にあったから配当金が入ってくることもなければ、大和に邪馬台国テーマパークを作りたい訳でもない。

前提として間違いないと思われるのは、文明社会が開けたのは中国本土が早く、そこから中国東北部・朝鮮半島と地理的条件にしたがって開けていったということである。

だとすれば、日本列島で最も早い時期に文明の恩恵を受けたのは九州北部と本州の日本海沿岸であるはずであり、畿内や関東は時代が下ってそれらの地域から影響を受けたと考えるのが自然である。

そして、近年の遺伝学の知見によれば、もともと日本列島に住んでいたのは縄文人であり、彼らの特徴は現代の沖縄の人々、アイヌの人々に似ている。後からやってきたのは弥生人であり、彼らの特徴は朝鮮半島の人々に似ている。

では、弥生人はどうやって日本列島まで達したのか。その経路は魏志倭人伝が示している。対馬から壱岐を通って九州北岸に達したのである。せっかく広い耕地と海に向けて開けた土地があるのに、そこに拠点を作らず畿内の、しかも大和に最初から向かう理由は考えられない。

一方で、発掘結果をもとにした考古学的物証の多くは、大和から出る。これはよく考えると当たり前で、大和には発掘できる場所が多く、それだけ物証も多いからである。同じ畿内でも、例えば百舌鳥古墳群の周辺や難波宮想定地からは考古学的証拠が出にくい。そうした地域は宮内庁管理地であるか市街地にあるからである。

九州北部でも、金印が出土したのも魏志倭人伝の経路上にあるのも博多であり、地下には当時の遺構が残っている可能性が大きい。けれども、それらを大規模に発掘することは不可能である。だからといって、5世紀以前に古代都市があったのは九州北部でないとは言えないのである。

そうした様々の解決困難な状況があるのだが、残された確かな証拠から少しでも古代日本の姿を考証することが多くの人々の関心事だと以前は思っていた。しかし、実際はそうではないらしい。

彼らにとっては、真実がどこにあろうと関係ない。ともかく自分のテリトリーに予算(他人のカネ)を持ってくることが大切で、それに都合のいい理論、都合のいい発掘結果があればいいらしいのだ。どうりで、魏志倭人伝の記事とはかかわりなく邪馬台国の所在が新聞の見出しになるはずである。

(この項続く)

p.s. 「常識で考える日本古代史」、バックナンバーはこちら

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -