FC2ブログ

記事一覧

四国札所歩き遍路 七十二番曼荼羅寺(前編)

2018年10月16日、サニーイン3日目の朝は、この遠征で初めて目覚ましが鳴るまで起きなかった。21時就寝の6時起床だから家にいる時と同じで、睡眠は十分である。前日と違ってだるさはないけれども、肩の痛いのは相変わらずだ。残り少ないロキソニンテープを貼る。

このホテルはチェーンホテルと違って設備は古いけれども、客室は広くて荷物を広げても狭さを感じないし、伸び伸びする。BSが映るのもいいところで、田中陽希の百名山を見て、テレビ体操をして、7時からの朝食時間を待つ。

7時になったので1階のレストランに下りると、テーブルはほぼ埋まっていた。出張客や作業服姿のグループがすでにごはんを食べていたので、7時前から大丈夫だったようだ。前日まで予定どおり進んでこの日はスケジュール的に余裕があるので、急ぐ必要はない。

朝食は、洋定食をお願いする。前日までと違って長距離を歩く訳ではないし、そろそろトーストが食べたかったのである。目玉焼きは、両面しっかり焼いてくれるようにお願いする。香港・マカオだとスクランブルエッグにできるのだが、日本のビジネスホテルでそこまでできない。

支度が終わってリュックを背負うと、意外と軽く感じた。体調のせいもあるのかと思ったが、帰りの飛行機では預けた荷物の重さが1kg以上軽かったから、実際に軽くなっていたようである。

何が減っているか考えてみると、思いつくのは非常食と納札用100円玉である。100円玉の重さは約5gだから、1本50枚で250g。非常食のカロリーメイトとかヴィダーインゼリーは合計500gくらいのものだろう。後は薬とか消耗品、電池だろうか。合計1kg超というのは結構大きい。次回からの検討事項にしなければならない。

予讃線の本数は日中は1時間2本で、通勤通学時間帯はもう少し本数がある。あまり気にしないで駅に向かう。みの駅まで260円の切符を買って、ホームに止まっていた高松行きに乗る。高校生でいっぱいだ。

観音寺からみのまでは、本山、比地大(ひじだい)、高瀬と3駅。前日歩いた県道・国道から線路まで離れているので、車窓の景色は歩いていた時とは違う。以前、出張で来た時は特急を使っていたので、しみじみ見たのは初めてだった。

車掌さんに切符を渡し、みの駅で下りる。午前8時半、まずは県道をまっすぐ進み、右折して国道11号を目指す。前日、弥谷寺への往き帰りで通った道と交差する。前日の帰り道は相当遠回りしたことが改めて分かる。

県道の両側は住宅地から休耕中の田圃となり、虫がやたらと寄ってくる。ビジネスホテルMISORAでは、川の近くにあるのに虫の少ないところだと思ったが、四国すべてそういう訳ではないようである。

国道11号に出たところに、「みの駅まで1.5km」の標識があった。1.5kmなら意外と近いし、完全に徒歩圏である。迷わないで弥谷寺から下りて来られれば、30~40分しかかからなかったかもしれない(実際は1時間20分かかった)。

ここから結構な登り坂で、左手に弥谷寺を見ながら進む。目の高さが道の駅と同じくらいまで登ったので、標高100mくらいあるのだろうか。峠にあたるのが鳥坂と書いて「とさか」、この名前は西予・大洲間にもあった。

こちらの鳥坂は登り坂の頂点にあるだけで、危ないトンネルはない。「名物鳥坂まんじゅう」と看板のあるお店の前を通るが、朝早いためやっていない。ここから下りになる。ため池に向かってゴルフ練習場があり、その脇を左右にカーブしながら国道は下って行く。

(この項続く)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら


観音寺サニーインの朝の洋定食。前日は和定食だった。トーストは今回の遠征で初めて。


みの駅から国道11号に出て、前日歩いた弥谷寺の横を通る。左が弥谷山で山腹に白くみえるのが道の駅。


我拝師山の方向に右折、まず曼荼羅寺にお参りする。後方が我拝師山

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -