FC2ブログ

記事一覧

2019NFL 後半戦展望(後編 NFC)

レギュラーシーズンも残すところあと6週。NFCはAFCよりもプレイオフのハードルが高く、ワイルドカードのチームが東地区優勝チームの勝率を上回ることも十分ありうる情勢である。

9年前の2010年シーズン、西地区で優勝したシーホークスが7勝9敗、ワイルドカードに届かなかったジャイアンツとバッカニアーズが10勝6敗というシーズンがあったが、そういうことになるのだろうか。その時は、プレイオフ方式の変更が検討されたものだが。

暫定第1シード サンフランシスコ・49ナース 9-1(Superbowlオッズ 29.0倍)[プレイオフ確率 80%]

引き続き49ナーズがNFCをリードしている。だが、シーホークス戦、カーディナルス戦のミスが多すぎる内容はいただけない。特にガロポロはインターセプトが続出したが、もっとあっておかしくない出来だった。これでは、ロジャースやブリーズに対抗することは難しい。

今週から、パッカーズ、セインツ、レイヴンスという3連戦がある。残りゲームで、カーディナルスより楽に勝てる相手はいない。これからまだまだ、ひと山ふた山ありそうである。

暫定第2シード グリーンベイ・パッカーズ 8-2(Superbowlオッズ 17.0倍)[プレイオフ確率 85%]

バッカーズは引き続き順調。今週49ナースとの大一番、その後ジャイアンツ、レッドスキンズと続くので、10勝まで伸ばすのはほぼ確実。地区優勝は同地区対決の結果如何だが、プレイオフ確率は49ナースより高そうだ。

ロジャースは久々に絶好調だが、WR、RB陣にそこまで強調材料はなく、ディフェンスに至ってはファルコンズと喪失ヤード数がたいして変わらない。とはいえ、一発勝負になるとロジャースのスーパープレイが出るので、Superbowlの有力候補であることは確か。

暫定第3シード ニューオーリンズ・セインツ 8-2(Superbowlオッズ 11.0倍)[プレイオフ確率 85%]

1勝7敗だったファルコンズにホームで完敗したが、マット・ライアンとフリオ・ジョーンズが戻ってきたファルコンズが強かった。ファルコンズはパンサーズも相手にせず連勝。7敗もしていなければプレイオフに絡んでおかしくなかった。パンサーズの負けで、地区優勝はほぼ確実となった。

ブリーズが年齢的なものか、数年前のような破壊力がなくなってきたけれども、ディフェンスがリーグ上位でがんばっている。あとは、2シーズン続いたプレイオフの不運な負け方が後を引かないかどうか。2度あることは3度あるともいう。

暫定第4シード ダラス・カウボーイズ 6-4(Superbowlオッズ 21.0倍)[プレイオフ確率 60%]

カウボーイズが引き続き東地区首位。とはいえイーグルスとは1ゲーム差で、直接対決がもう1ゲーム残っているので情勢はまだ楽観できない。

プレスコットは安定してきたものの、エリオットのランがそれほど圧倒的ではなくなってきた。ディフェンスのケガ人がいまのところ少ないので昨シーズンより安心して見ていられるが、さてどうなるか。

暫定第5シード シアトル・シーホークス 8-2(Superbowlオッズ 29.0倍)[プレイオフ確率 85%]

シーホークスが西地区首位に1ゲーム差の8勝2敗。今後、49ナースのスケジュールがたいへん厳しいので、途中経過で逆転する可能性はかなり高い。49ナース、ラムズに1勝しているので、タイブレイクでも有利だ。

とはいえシーホークスの相手も、イーグルス、ヴァイキングス、ラムズと難敵が続く。特に今週の@フィラデルフィアは、苦手としている東海岸冬場のゲームだ。絶好調ラッセル・ウィルソンの活躍に期待。

暫定第6シード ミネソタ・ヴァイキングス 8-3(Superbowlオッズ 21.0倍)[プレイオフ確率 80%]

ヴァイキングスが8勝まで星を伸ばして、プレイオフ目前。残す同地区対決がすべてホームゲームで、ベアーズ、ライオンズの調子が下向きという有利な要因もあるが、スケジュール的にはパッカーズの方がもっと有利なので、逆転地区優勝まではどうか。

ブロンコス戦の大逆転を見ているとカズンズのパスも調子が出てきたし、ディフェンスは相変わらず強力。ただ、WRシーレンが戻ってこないと、プレイオフで上位チームと戦うにはちょっと足りないかもしれない。

On the hunt 2ゲーム以内 ロサンゼルス・ラムズ 6-4(9.0倍、50%)、

ヴァイキングスから1.5ゲーム差でラムズが追っている。同地区ライバルが強力だが、逆に言うと直接対決が残っているので、まだチャンスは残されている。

ゴフもガーリーも昨シーズンの出来になく、ドナルド、マシューズなどディフェンスが頼り。ウェイド・フィリップスは49ナース、シーホークス対策をとってくるはずだが、オフェンスで点が取れないと苦しい戦いになる。

On the hunt 3ゲーム以内 キャロライナ・パンサーズ 5-5(41.0倍、30%)、フィラデルフィア・イーグルス 5-5(17.0倍、40%)

ベアーズ、カーディナルス、ライオンズが脱落して残るは2チーム。

パンサーズはファルコンズ戦が痛かったが、前の週にセインツも負けているので条件は一緒。シーホークス戦も残しているが、今週のセインツ戦を落とすとたいへん苦しい。QBアレンではやはり難しかったようで、ニュートンが戻れないようだと今シーズンはギブアップか。

イーグルスは1勝でもタイブレイクでもカウボーイズを上回ればよく、まだまだ可能性がある。今週のシーホークスとWeek16の直接対決を除けば、レッドスキンズ2戦とジャイアンツ、ドルフィンズと相手が楽。少なくとも直接対決まで望みをつなぎたい。

p.s. NFL関連記事や2004シーズン以来の星取表はこちら

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -