FC2ブログ

記事一覧

歩き遍路モデルプラン 土佐編3

今回は土佐編の3回目。四国南岸はすべて土佐であり、距離も長く必要な日数も長い。その割に札所の数はそれほど多くないので、1日のほとんどは歩きに費やされると言っていいほどである。

[21日目]前日泊・黒潮町周辺、当日泊・下ノ加江周辺
8:00 黒潮町 [移動210分] → 11:30 四万十大橋 [休憩15分・移動45分] → 12:30 四万十川自然公園[15分・105分] → 14:30 ドライブイン水車 [60分・90分] → 17:00 下ノ加江周辺

黒潮町でどこに宿をとるかにもよるが、夕方までに下ノ加江はそれほどハードではない行程だと思う。昼頃には四万十川を下流に向かって歩き、新伊豆田トンネルを越えて足摺岬を目指す。

昼食は自然公園近くの「うどん田子作」にするか、ドライブイン水車まで行くかどちらか。ドライブイン水車は大判焼くらいしかないが、隣に食堂がある。

ドライブイン水車の60分は、真念庵往復を想定している。現在のイメージは「道指南」に書かれているのとちょっと違っているけれど、江戸時代には足摺岬への拠点として多くのお遍路が立ち寄った場所である。

下ノ加江にはいくつか民宿がある。ロッジカメリアは3部屋しかないのでなかなか予約が取れないが、いい宿である。

[22日目]前日泊・下ノ加江周辺、当日泊・金剛福寺周辺
8:00 下ノ加江周辺 [移動160分] → 10:40 以布利じんべい広場 [休憩20分・移動210分] → 14:30 金剛福寺[お参り40分] 

下ノ加江から足摺岬まで約6時間の行程なので、午後には金剛福寺に着くことができる。そこまで長い歩きとなるが、心細いのは休憩できる場所があまりないことである。

以布利の港近くにじんべい広場という立派な休憩所があるが、そのまま県道を歩くと足摺岬まで座る場所がないかもしれない。以布利付近では海沿いを通るが、その後は海岸から離れるのでずっと海が見える訳ではない。

窪津、津呂といった集落を通るので、自販機はいくつかある。お昼は窪津の漁協売店が唯一の調達場所と聞いたが、私の通った時にはやっていなかったので、行動食を準備しておくのが無難。

足摺岬にはジョン万次郎の銅像が立つ。足摺岬は四国有数の観光名所であり、宿泊場所や食堂・売店がある。ただ、市街は郵便局あたりまでのごく狭い場所なので、油断していると補給できないまま行き過ぎてしまうことになる。

[23日目]前日泊・金剛福寺周辺、当日泊・下ノ加江周辺
8:00 金剛福寺 [移動160分] → 10:40 中浜 [休憩20分・移動90分] → 12:30 以布利[20分・160分] → 15:30 下ノ加江周辺 

このあたりのコース選定にはたいへん迷わされる。金剛福寺から延光寺までの最短距離は前日に泊まった下ノ加江への打戻りだが、それでも延光寺まで50km強あるので1日で歩くのは無理。そして、下ノ加江から三原村の間、約20kmの間に宿はない。

足摺西海岸から竜串経由だと約60km、月山神社経由だと約70kmあるので、いずれにしてもこのあたりでは時間・距離を短縮しつつ宿泊費を節約するのは無理のようである。

私が実際に歩いたのは月山神社経由の道だけれども、結果として約20km長くなってしまうので、足摺西海岸を通って下ノ加江に戻る折衷案でモデルプランを作っておく。

金剛福寺から三原村まで約40km。この間に札所がないため、早出すれば三原村まで歩くことは可能。足摺西岸から月山神社を経由すると上述のとおり約20km長くなるので、1泊多く必要となる。

[24日目]前日泊・下ノ加江周辺、当日泊・平田町周辺
8:00 下ノ加江 [移動90分] → 9:30 ドライブイン水車 [休憩20分・移動240分]→ 13:50 三原村 [休憩20分・移動120分] → 16:10 平田町周辺

下ノ加江からドライブイン水車に戻る途中にも三原村に至る分岐があるが、地図で見ると少し距離が長いようだ。ドライブイン水車から往路の道と分かれ三原村に向かう。三原村まで約4時間を見込んだが、もう少し短縮できるかもしれない。

三原村には公園やへんろ小屋があるようなので、不便はなさそうである。夕方までに平田町に着けば旅館・民宿があるし、くろしお鉄道で宿毛まで移動して宿をとる方法もある。

前日に三原村まで進出できれば、この日のうちに延光寺にお参りできる。翌日は峠越えがあるので、そうすればスケジュールが楽になる。

[25日目]前日泊・平田町周辺、当日泊・観自在寺周辺
7:00 平田町 [移動40分] → 7:40 三十九番延光寺[お参り30分・移動120分] → 10:10 宿毛 [20分・120分] → 12:30 県境 [20分・60分] → 13:50 愛南町一本松周辺 [20分・180分] → 17:10 観自在寺周辺

私は宿毛に出て延光寺を往復したが、地図で見るよりきつかったので三原村経由で平田町から入るコースとした。延光寺から宿毛までは交通量の多い国道56号を通るので、神経が疲れる。休む場所も少ない。

延光寺から観自在寺まで30kmの峠越えとなるので、この日は早出とした。宿毛から一本松まで国道経由で約3時間。松尾峠を越える方が距離は短いが、標高差があるので時間は同じくらいだろう。

県境を越えて30分くらい歩いたところに、浅田組さんのへんろ休憩所がある。水道・トイレ完備。一本松まで行けばコンビニがあるのと、宿泊施設もあるのでここで一泊することもできる。一本松に連泊して、古来遍路が歩いたという篠山まで往復する人もいるとのこと。

一本松から観自在寺まで地図で見るより遠い。観自在寺のある愛南町御荘は開けていて、旅館・ビジネスホテルなど宿泊施設がいくつかある他、観自在寺に素泊まりの宿坊がある。

------------------------------------------------------
さて、歩き遍路モデルプランはまだ半分、予土国境を過ぎたばかりであるが、これから年末年始で決算を締めなければならないし、NFLもプレイオフに向けて佳境に入る。できるなら落ち着いてコースを考えたいので、この続きはSuperbowlが終わってから書きたいと思う。ちょっと間が空くけれども、ご容赦いただきたい。

(この項続く) 

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら

表5 土佐の札所・所要時間参考資料(3)
modelplan_tosa3.png

注.金剛福寺~延光寺間は下ノ加江打戻し三原村経由。延光寺~観自在寺の峠越えは国道56号経由。いずれも車道距離。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29