FC2ブログ

記事一覧

下山してから帰るまでの若干の不手際 北岳(完結編)

なんとか16時45分の最終バスに間に合った。広河原ビジターセンターに水がないことは分かっていたので、汗を拭いてバスを待つ。

さて、こういうときのために「ふくだけシャワー」というタオル大のウェットティッシュがある。今回の山行では用意していなかったもののホームセンターに行けばいろいろな種類のものを売っている。山小屋は風呂がないところが大部分なので、泊りがけの時には用意しておくべきであろう。(さっそく買った)

ということで、汗臭いままで甲府までのバスに乗る。来る時と違って席は半分くらいしか埋まっていない。乗車券売り場のおじさんのいうことには、1つ前の便がたいへん混んでいたようであった。

夜叉神・芦安から乗ってくる人もほとんどおらず、席に余裕があるまま市内に入る。しかし、ここからが難儀だった。平日の夕方6時であるから、帰宅ラッシュに巻き込まれてバスが進まないのである。20分ほど遅れて甲府駅に着いた。

さて、ここからの予定であるが、できればひと風呂浴びて帰りたい。すでに甲府なので、特急に乗れば1時間余りで新宿まで戻れる。甲府駅の周囲にはサウナも温泉も見当たらないので、各駅に乗って10分ほどの石和温泉に行ってみた。

事前にWEBで調べたところでは、入浴施設が遅くまでやっていて、駅まで送迎バスも出ているらしい。中には、そのまま仮眠室で翌朝まで休めるところもあるようだ。手元にタブレットがないので確証はないものの、おそらく駅まで行けば何か案内があるだろう。

と思ったのだが、石和温泉駅の周囲はきれいに区画整理されているものの、日帰り温泉の送迎バス乗り場などどこにもない。案内板も何も見当たらず、どうやら電車利用の一見客は想定外のようだ。温泉街まで結構距離があって歩くにはつらいし、タクシーを使ってまで行きたくない。

ということで、結局次の電車で甲府駅に戻り、高速バスで帰ることにした。幸い、席には余裕があって隣が空席だったので、風呂に入っていないのを気にしなくてもよかったのはありがたかった。

ただ計算外だったのは、コンビニに寄る時間がなくパーキングで休憩時間もなかったことから、自販機で買った飲み物と非常食のカロリーメイトで夕飯にするしかなかったことである。昼食を白根御池小屋でとったので非常食が残っていたからよかったものの、これがなかったら厳しいところだった。

新宿に着いたのは午後10時過ぎ。ここからは一杯飲んで帰る人達と一緒の電車で、酒やらギョウザやらケンタッキーのにおいが車内に充満していて、自分のことはあまり気にならなかった。

家に着いたのは11時半近くなった。朝3時起きで日本第二の山に登り、一気に下りてきてその日のうちに家に戻ってこれたのは大したものである。下りる時たいへん痛んだ足も、それほどひどいことにはならず、2019年春の山が無事終わったのは何よりのことであった。

この日の経過
広河原(1529) 11:20
11:45 大樺沢分岐(1649) 11:45
12:35 第一ベンチ(1909) 12:45
13:25 第二ベンチ(2079) 13:35
14:05 あと20分表示(2212) 14:05
14:35 白根御池小屋(2236) 4:00
5:15 草すべり上部(2527) 5:20
6:05 植生保護分岐(2737) 6:10
6:40 小太郎尾根分岐(2872) 6:50
7:20 肩の小屋(3015) 7:35
8:30 北岳(3193) 8:55
9:45 肩の小屋(3015) 9:55
10:20 小太郎尾根分岐(2872) 10:25
10:50 植生保護分岐(2737) 11:00
12:20 白根御池小屋(昼食)12:55
13:30 あと20分表示(2212) 13:30
14:05 第二ベンチ(2079) 14:10
14:50 第一ベンチ(1909) 15:00
15:55 大樺沢分岐(1649) 15:55
16:15 広河原(1529)
[GPS測定距離 初日 3.2km,2日目 9.0km 合計 12.2km]

p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら


この日は好天で、登山道から仙丈ヶ岳が雄大な姿を見せた。後方には中央アルプスの峰々、右奥には遥かに雪をかぶった北アルプスを望む。


帰りの肩の小屋から小太郎尾根分岐までの道。この日ほとんど唯一、私好みのゆるやかな稜線でした。朝方は逆光で写せなかった鳳凰三山がちらっと見える。



小屋に戻ってデポしたリュックを回収し、カレーとソフトクリームで昼食。この後、広河原まで下るのがきつかった。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30