FC2ブログ

記事一覧

12時間以上歩いて観音寺駅前に到着 六十七番大興寺(後編)

大興寺の周辺は農家と水田であるが、すぐに太い通りに出る。ここが国道377号線で、11号線と並行して山寄りを通る。ここを通れれば分かりやすいのだが、残念ながら観音寺市街へは、この通りを横切り、高速道を横切り、さらに国道11号線を横切らなくてはならない。

そして、遍路地図によると、その間まっすぐな道はなく、結構曲がりくねりあっちこっちで折れなければならない。分かりづらい道なのであった。

すでに午後4時を回った。市街地に近づいて、車の量も多い。3時起きして5時から歩いて、昼ご飯はカロリーメイトである。夕方近くなって、なかなか足が上がらなくなってきた。

心強いのは、まだ日が高いので暗くなる心配がないことであった。遅い方のタクシーで7時に出発していたら、今頃は間違いなく薄暗くなっているはずである。早く出発してよかった。

計画段階で、このあたりで日が暮れる事態も想定していたのだが、コミュニティバス自体あまり本数がないのと、ちょうどこの日(10月14日・日曜日)が運休という情報があった。

来てみて分かったが、愛媛県西部の伊予三島・川之江近辺と同様、観音寺周辺は秋祭りの最中で、おそらくそのための通行規制である。この日も方々から太鼓の音が聞こえ、通りの奥からは祭り装束の若い衆を見ることができたので、まさに秋祭りたけなわというところだったようだ。

大興寺のあるのは観音寺市ではなく三豊市になるが、市街地がほとんどつながっている。その中を、観音寺市内に向かってひたすら歩く。大興寺を出発して1時間ほどで、高速道の下を通過した。あと半分である。

高速道路から50mほどのところに、屋根のある小屋とベンチが見えた。「お遍路さんの休憩所」と書いてある。ありがたく、休ませていただく。5分ほど休んで出発。まだ4時半だから、5時半くらいには着く。ここからのタイムロスは、坂道ではなく信号待ちだ。

市街地に入り、案の定信号待ちで何度か足止めを食う。いくつめかの信号に、セブンイレブンがあった。夕飯はどこか駅前でと思っていたのだが、セブンでお寿司でも買って済ませてしまおうと思う。入ってみると、お寿司は置いてなかった。適当に買って、次の次の信号くらいで線路を渡ると、なんと小僧寿しがあった。間が悪いことである。

予約してあったのは、観音寺駅前にあるサニーイン。出張で何度か泊まったことがある。素泊まり1泊で5900円はそれほど安くはないけれども、とにかく交通の便のいい宿である。17時40分到着。大興寺から2時間20分、椿堂下から歩き始めて12時間20分という長丁場であった。

自販機でビールを調達し、セブンで買ったしらすごはん、豚しゃぶもやし、チョレギサラダで夕飯にする。このホテルにはレストランも併設されているが、日曜日はやっていないのであった。

この日の歩数は61,945歩、GPSで測定した移動距離は30.6km。雲辺寺の登り下りがあって30kmだから、平地だったら35kmくらい歩いたことになりそうだ。

この日の経過
雲辺寺 10:55 →[3.2km]
12:10 一升水休憩所 12:20 →[1.6km]
13:10 登山道分岐 13:15 →[4.5km]
14:55 大興寺 15:20 →[4.3km]
16:30 お遍路休憩所 16:35 →[3.9km]
17:40 観音寺サニーイン(泊)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら


山の中と違っていくつも道が交差するので、道が分かりづらい。特に小松尾山から観音寺は、平坦なので見通しが利かない。


交通量の多い国道377号を渡ると、しばらくは車が少ない静かな道となる。1時間歩いて高速道路の下を通過。


17時40分、観音寺駅前のサニーインに到着。この日は12時間以上歩いたことになる。朝・晩がコンビニ飯、昼はカロリーメイトというハードな1日だった。



プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -