FC2ブログ

記事一覧

2019NFL地区別展望(3) AFC南・西地区

地区別展望、今週はAFC南地区と総当たりの西地区。なんといっても大本命はチーフスで、あとの7チームがどうやって食い下がるかが焦点となりそうだ。

AFC南・地区優勝オッズ
△ヒューストン・テキサンズ 3.25
  インディアナポリス・コルツ 2.2
Oテネシー・タイタンズ 7.5
◎ジャクソンビル・ジャガーズ 4.5

A南はA西、N南と総当たりである。レベルの高いN南とKCが総当たりなので、それほど星は上がらないし、今年は地区内のつぶし合いもし烈だろう。優勝ラインは10勝、スケジュールの有利不利が大きく響きそうだ。

1番人気コルツは、アンドリュー・ラック引退表明前のオッズ。ただ、個人的にはラックがいてもコルツの評価は低かった。テキサンズをプレイオフで相手にしなかったが、昨シーズンNYJ、CINに負けているし、プレイオフはKCに完敗している。ディフェンスのもろさは伝統的なものか。

一昨年優勝を争ったジャガーズとタイタンズに巻き返しの期待がかかる。特にジャガースは鉄壁ディフェンスを誇るのに、昨年はボートルズが足を引っ張った。今年はイーグルスからフォールズを補強、ディフェンスの強いチームと相性のいいQBである。

タイタンズはブレイヴルHCが2年目。伝統的にディフェンスの堅いチームなので、ジャガーズ同様に守備でチーム作りをするだろう。意外性のあるマリオタの控えに堅実なタネヒルという組み合わせも面白い。タネヒルは故障明けながら、まだまだやれそうだ。

テキサンズは逆に、タレントの多い割にチームとしてのまとまりが物足りない。ワトソンが点を取ってもその分取られてしまいそうだ。昨シーズン地区優勝で相手も厳しい。

AFC西・地区優勝オッズ
◎カンザスシティ・チーフス 1.57
△ロサンゼルス・チャージャース 3.0
Oデンバー・ブロンコス 13.0
  オークランド・レイダース 15.0

A西はA南、N北と総当たり。KCにとってあまり関係なさそうだが、あとのチームは実力的に接近しているのでスケジュールの有利不利が響くだろう。地区内で星が偏る可能性大で、優勝ラインは12勝。順当ならここから第1シードが出る。

チーフスに唯一の懸念材料は、終盤戦でNE,CHIのアウェイゲームがあること。ただでさえ敵地なのに、冬場の気象条件が厳しい場所である。もし立ち遅れてWeek13あたりで抜け出せていないと黄信号だが、そこまでに優勝を決めている可能性が大。

昨年、一昨年とQBで苦労したブロンコスが、レイヴンスからフラッコを補強した。SUPERBOWLを制覇したQBの中ではイーライと並び不安定で有名だが、それでもオズワイラーやキーナムとは比較にならないだろう。昨年一息だったディフェンスも、モチベーションが上がれば違うはず。

チャージャースは昨年より上乗せできる要素は多くない。KC相手のホームゲームがメキシコに予定されているのもマイナス。レイダースはアントニオ・ブラウンが加入したが、QBカーの成長が止まったまま。かつてのランディ・モスのようになるのではないかという不安で一杯。

(この項続く)

p.s. NFL関連記事、他にもあります。こちら。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29