FC2ブログ

記事一覧

2019NFL地区別展望(2) ~NFC東・北地区

地区別展望、今週はNFC東地区と総当たりの北地区。イーグルス、カウボーイズ、パッカーズといったプレイオフ常連組に対し、復活したベアーズが今年も猛威を振るうのか注目される。

NFC東・地区優勝オッズ
Oダラス・カウボーイズ 2.3
◎フィラデルフィア・イーグルス 2.0
  ワシントン・レッドスキンズ 9.5
  ニューヨーク・ジャイアンツ 13.0

N東はN北、A東と総当たりである。オッズどおり2チームの力が上だが、NE、CHIとホームで当たるイーグルスとアウェイとなるカウボーイズ、ATL、SEAのイーグルスとNO,LARのカウボーイズでは星1つ半くらい違う。同地区つぶし合いが多い地区なので、優勝ラインは10勝か。

スケジュール的にイーグルスがかなり有利である。上にあげた組み合わせの利に加え、序盤戦は比較的相手が楽なことに加え後半戦にはジャイアンツと2戦ある。ウェンツの使い方が荒いコーチ陣は気に入らないが、戦力的にもSUPERBOWLを狙えるだけの陣容は整っている。

カウボーイズが差のない2番人気だが、星1つ半の不利をひっくり返せるだけの力があるかどうか。さすがにエリオットは研究されてきているし、プレスコットもデビュー年ほどの勢いがない。ドラフトも1巡指名がなく、地味な補強となった。

レッドスキンズはアレックス・スミスのケガが長引きそうで、今年は一歩後退だろう。ジャイアンツはドラフト全体6位でQBダニエル・ジョーンズを指名したが、今年はイーライの控えで勉強する年になりそうだ。

NFC北・地区優勝オッズ
Oシカゴ・ベアーズ 2.5
◎ミネソタ・ヴァイキングス 3.25
  グリーンベイ・パッカーズ 3.0
△デトロイト・ライオンズ 13.0

N北はN東、A西と総当たり。昨年大ブレイクしたベアーズだが、オッズ的にはヴァイキングス、パッカーズとほとんど差がない。東地区のDALと同様、NO,LARと当たるベアーズがやや不利だが、KCとホームで当たれる点に望み。

ヴァイキングスがいつもながら安定している。ディフェンスは伝統的に強いし、QBカズンズ、WRシーレン、TEルドルフといったオフェンスも強力で、地区優勝を争うだろう。ただし、ラスト5週が同地区対決とSEA、LACなので、ここまでリードしていないと足をすくわれるケースがあるかもしれない。

昨シーズンのベアーズのディフェンスはすばらしかったが、プレイオフではオフェンスの弱さが前面に出てしまった。正直なところ、トゥルビスキーがそれほどのQBとは思えないし、DCの交代で昨年のようにできるかという不安もある。一応対抗に推すけれども、昨年のジャガーズのようなことがないとは限らない。楽な相手の序盤戦で勝ち進むことが条件となる。

パッカーズはHCが交代、選手も若返りが進みつつある。ロジャースは健在だが、すでに30代後半。昔のように40以上もTDパスを決められるほど若くはない。ライオンズはスタッフォードはそこそこ計算できるものの、ここ数年ランが弱すぎた。今年のドラフトはディフェンス中心に指名、他チームにないTB,ARI戦があるので、意外とがんばるかもしれない。

(この項続く)

p.s. NFL関連記事、他にもあります。こちら。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -