FC2ブログ

記事一覧

2019NFL 地区別展望(1) AFC東・北地区

恒例の地区別展望、まずはチャンピオン・ペイトリオッツのAFC東地区と総当たりの北地区から。

AFC東・地区優勝オッズ(2019/07/15現在)
◎ニューイングランド・ペイトリオッツ 1.16
  ニューヨーク・ジェッツ 7.0
  バッファロー・ビルズ 14.0
△マイアミ・ドルフィンズ 34.0

A東はA北、N東と総当たりである。ともにレベルの高い地区で、特にアウェイでは苦戦するだろう。KCと当たるのはペイトリオッツだけ。優勝ラインは11勝とみるが、11勝はホームで1つしか落とさずアウェイで4つ勝たなければならない。ペイトリオッツ以外には高いハードルとなる。

40歳をとうに越えたブレイディがどこまで完調を維持できるかという不安があるにせよ、ペイトリオッツが中心であることは間違いない。6対1というオッズほど堅いかと言われると2対1くらいが妥当とは思うけれども、かといって他のチームが勝ち進めるかと言われると首をひねる。KCと当たるのが不利だが、地区優勝本命は譲れない。

昨シーズン最下位のジェッツが2番人気。レベオン・ベルをFA、DTウィリアムスをドラフト全体3位で補充して期待値が大きいが、QBダーノルドとシーミアンというオフェンスは心配。ビルズもディフェンスは計算できるものの、オフェンスがリーグ30位台からどこまで改善できるか。そしてこの両チームは、北のPIT、CLEとアウェイというのが厳しい。

32チーム中最大オッズのドルフィンズが意外と勝つのではないかと思っている。コーチ陣をペイトリオッツ組に一新、ベリチックはなぜか旧部下のチームに負けることが多い。QBもフィッツパトリックと2年目ローズンで、大活躍もしない代わりに鳴かず飛ばずということもなさそうだ。

AFC北・地区優勝オッズ(2019/07/15現在)
○クリーブランド・ブラウンズ 2.25
◎ピッッバーグ・スティーラーズ 2.75
  ボルティモア・レイヴンス 3.8
  シンシナティ・ベンガルズ 21.0

A北はA東、N西と総当たり。KCと当たるのはレイヴンスだけ。N西は上位2チームと下位2チームの力の差が大きく、LAR、SEAとホームで当たるスティーラーズ、ブラウンズがやや有利か。優勝ラインはA東同様11勝で、オッズどおり3チームに可能性がある。

1番人気ブラウンズ。地区優勝すれば1989年の中地区優勝以来、現在の地区割りでは初ということになる。確かに戦力は整ってきたけれども、11年連続負け越し中、16年間プレイオフなしである。ベッカムは加入したものの、一流WRの能力を引き出すのは一流QBだけ。メイフィールドが一流かどうか。かつてランディ・モスでさえレイダースでは低迷した。RBハントも8試合出場停止後の登場となる。

人気が落ちているスティーラーズだが、ロスリスバーガーは昨年のリーディングパサーだし、ブラウン、ベルなしで何試合も戦ってきていることを考えると、いっぺんに負けが込むとも考えづらい。LAR、SEAとホームで戦えるのは有利だし、昨年2位でKCとは当らない。ディフェンスが安定しているのも強みで、地区優勝の最短距離とみる。

レイヴンスも守備は堅いけれども、QBジャクソンがどれほど成長できるのか疑問が残る。昨年地区優勝のためKCと当るし、スティーラーズと逆にLAR、SEAとアウェイというのもきつい。ベンガルズはコーチ陣が一気に若返ったが、ディフェンスが元に戻るのは一朝一夕には難しい。昨年低調だったドールトンとA.J.グリーンもどこまで復調できるか。

(この項続く)

p.s. NFL関連記事、他にもあります。こちら。

↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ    にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。
SSL化整備おおむね完了(2019/05/11)。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31