FC2ブログ

記事一覧

チーフス断然本命 追うラムズ、イーグルス SUPERBOWL LIV展望(前編)

SUPERBOWL LIVオッズ上位10チーム(2019/07/15現在)
  ニューイングランド・ペイトリオッツ 8.0
◎カンザスシティ・チーフス 9.0
Oロサンゼルス・ラムズ 9.0
△ニューオーリンズ・セインツ 11.0
  クリーブランド・ブラウンズ 15.0
  インディアナポリス・コルツ 15.0
▲フィラデルフィア・イーグルス 17.0
  グリーンベイ・パッカーズ 17.0
  ロサンゼルス・チャージャース 17.0
  シカゴ・ベアーズ 17.0

今年もNFLの季節がやってきたというよりは、この間SUPERBOWL 50だったのにもうLIVである。月日の経つのがこんなに早くていいのかと思う一方で、とにかく無事に(生きて)今シーズンを迎えることができて何よりと、ありがたく思う今日この頃である。

今年のSUPERBOWLオッズを見て、驚くことが2つある。1つは例年と比べて上位オッズの倍率が高いことで、ペイトリオッツはさすがに厳しいとして、チーフス、ラムズ、イーグルスあたりがこれほどいいオッズになるのは予想外であった。

もう1つは、100倍の常連ブラウンズが、5番人気に推されていることである。確かにここ数年ドラフト順位がよく、FAでオデル・ベッカムを補充するなど選手層は厚くなっているものの、昨年ようやく勝率5割に届いたチームである。コーチ陣の信頼度もそれほど高いとはいえない。

ブラウンズの評価は地区展望で再び触れるとして、今年のSUPERBOWLの鍵となるのは3人のQBだと思っている。ウェンツとゴフ、そしてマホームズである。

ブレイディやブリーズ、ロスリスバーガー、ロジャースが年齢的にキャリア晩年にあり、シーズン中に故障でもすれば即引退の危機にあることは否定しようがない。イーライやリヴァースも同様である。

本来彼らをキャッチアップすべきマット・ライアンやジョー・フラッコ、スタッフォード、ラッセル・ウィルソンあたりまで、引退間際のベテランに追いつく前にピークを過ぎてしまった。となると、前述のビッグネームに対抗するのはデビュー間もない若手ということになる。

中でも、一昨年のMVPウェンツと昨年のMVPマホームズ、SUPERBOWL LIIIまで残ったゴフの3人の存在感は別格で、ケガさえなければこの3チームがSUPERBOWLへの最短距離にいるものと思っている。

3人の中で、最も期待できるのはマホームズだろう。左手で投げたりしてケレン味のあるプレイスタイルはあまり好きではないが、動きがシャープで視野が広く、肩も強い。得点力もこう着を打開する意外性もある。加えて、アンディ・リードの采配という後ろ盾がある。

NFLのスカウティング能力はすごいから、1年経って研究されてどうなのかという懸念材料はあるけれど、策士アンディ・リードが新しいプレイを加えてくるだろうし、同地区3チームも強調材料に乏しい。今年はSUPERBOWLまで進むとみる。

対するNFCからは、ウェンツのイーグルス、ゴフのラムズが有力。ただ、イーグルスはウェンツに危ないプレーをコールしたりして不安だし、ラムズはSUPERBOWL LIIIの負け方がよくなかった。プレイオフには進むとしても、どこかに負ける場面を想像してしまうのは悲しいところである。

人気上位組でもう1チームあげるとすればセインツ。昨年、一昨年といずれもプレイオフで運のない負け方をしている間に、ブリーズがどんどん歳をとっている。おそらく今年も、ブリーズが一歩引いてランを使うものとみられるが、3年目の正直といくかどうか。

ペイトリオッツはさすがに今年は戦力ダウンしているし、ブレイディも42歳。40歳のパッキャオががんばっているのだから可能性がないということはないが、一番人気は買われ過ぎだろう。

コルツとチャージャースは人気ほど勝てないような気がする。ベアーズは引き続きディフェンスでゲームを作るけれども、昨年よりもスケジュールがきついのがどう響くか。

(この項続く)

p.s. NFL関連記事、他にもあります。こちら。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -