FC2ブログ

記事一覧

側道に入って余計な距離を歩きバテる 番外霊場延命寺(前編)

前神寺から湯之谷温泉の横を通って、午前9時国道11号線に出る。遍路地図には山寄りの道が書かれているのだが、調子が出るまでは国道で㌔ポストを頼りに歩く方がいい。

最初の1kmを15分、次の1kmを13分でクリア。加茂川を渡って伊予西条市街に入る。石槌山を過ぎると山並みは遠ざかると思っていたらそんなことはなくて、次々と峰が連なっている。これから国道を歩く途中でも、登山口への案内表示を何ヵ所も見た。

続く2kmを14分・14分、直線4kmを56分で歩いたところに、セブンイレブンがあった。セブン銀行は、個人的な指定金融機関である。見つけたら、早めに資金を補充することにしている。イートインコーナーがあったので、あわせてチョコデニッシュとコーラで小休止。今後の行程を再確認する。

次の三角寺まで前神寺から45kmあるので、1日ではとても着かない。一方、この日確保した宿は新居浜市のビジネスホテルMISORAで、前神寺から17kmである。お昼頃には着けそうだ。そこからどこまで歩けるか。

セブンイレブンを出て、再び国道11号を歩き始める。国道だから交通量が多いが、奥を通っている道が国道と並行しているように見える。できれば静かに歩きたいので、そちらに移動する。㌔ポストはないけれどもペースはつかめてきたしいいかと思ったのだが、これが躓きの元であった。

はじめは国道が見えていたのだけれど、気が付くと国道はどこにも見えない。「四国のみち」の標識どおりに歩いていたのだけれど、この道は最短距離でもなければ歩きやすくもないということを忘れていた。変電所が見えてきたので現在位置を確認、国道に戻ることにした。

ところが、一番太い片側二車線の道を5分ほど進んだところ、道がどんどん登り坂になる。国道からは遠ざかる一方である。あきらめて変電所まで戻る。方角的に合っているのは住宅街に伸びる細い道だ。しかしまっすぐ続かずに鍵形にクランクしながら続いている。

交差点を何度も曲がって、ようやく郵便局が見えた時にはほっとした。遍路地図にもこの郵便局は載っていて、まっすぐ進めば国道に復帰できるはずである。後から調べたところ、国道を進めば1kmちょっとの距離を40分かかっているので、かなり余計な距離を歩いたということになる。

国道に復帰してからは、時間をロスしてしまったことがくやまれて黙々と歩く。新居浜市街までの8kmをノンストップ、1㌔14分のペースで歩いた。休憩をとりたいとは思ったけれども、ファミレスやコンビニだけで休憩所もベンチも全くなかった。

12時45分、国領川沿いにこの日の宿であるビジネスホテルMISORAが見えた。国道から100mほど入る。45㍑のリュックを預け、デイパックだけにして荷物を軽くする。橋を越えたところにドラッグストアを見つけて、なくなりかけていたワセリンとビタミンC剤、エネルギーゼリーを買う。

その先に、はなまるうどんが見えた。3時間以上全く座っていなかったので、どうにも体力が続かなくなり転がり込むように店内に入る。ぶっかけうどんでお昼にする。脇道でタイムロスしたり体力が続かなかったり、今回のお遍路歩きはなかなかペースに乗れないようであった。

(この項続く)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら


加茂川を渡って伊予西条市街に入る。雲に隠れているのは、笹ヶ峰から二百名山の赤石山に至る山稜。


国道ばかり歩いていてもと思って、側道に入ったのはいいけれど、変電所のあたりで方角が違うことに気付いた。


反省して国道に復帰。お昼を大分回ってからこの日の宿、ビジネスホテルMISORAに荷物を置くことができた。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29