FC2ブログ

記事一覧

井上世界の晴舞台 vsロドリゲス

WBA/IBF世界バンタム級タイトルマッチ(2019/05/18、英グラスゴーSSEハイドロ)
O井上 尚弥(17戦全勝15KO) 1.14倍
  エマニュエル・ロドリゲス(19戦全勝12KO) 7.25倍

経営危機が伝えられるWBSSであるが、トーナメントの片方の山からはノニト・ドネアが勝ち上がり、どちらが勝ち上がっても決勝戦はスリリングな試合になる期待が高まった。井上にはぜひともがんばってほしいものである。

テテの負傷欠場で代役ヤングが相手だったとはいえ、モンティエル戦を思い出す左フック一発でドネアが勝ち上がり、WBSSバンタム級は一挙に盛り上がってきた。ここで井上がKOで勝ち上がれば、WBSS決勝という看板がなくてもビッグマッチとして成り立つのではないか。

まず相手のEロッドことエマニュエル・ロドリゲス。19戦全勝12KOのレコードは文句ないが、1回戦のジェイソン・モロニー戦で株を下げてしまった。モロニーは河野公平に負傷TKOで勝ったばかりであり、河野はその1年半前に井上にKO負けしている。河野とモロニーを物差しにすると、井上の方が強いという結論になる。

ポール・バトラーを敵地で破ったことで評価されているが、バトラー自身ゾラニ・テテに地元でKO負けしている。プエルトリコのこのあたりの階級だとウィルフレッド・ゴメスを思い出すが、最近ではバスケスもファンマ・ロペスも登場した時から尻すぼみに弱くなった。

かたや井上。地元開催だったとはいえ、バンタム級2戦をいずれも1RKOで圧勝し、この階級ではまだ3分ほどしか戦っていない。格別に強い一方で経験十分とはいえないし、WBSSの経営不安でなかなかスケジュールが決まらないこともあって、コンディショニングが一番心配だ。

お互い第三国であるイギリスでの対戦であり、有利不利はないにしても地元で調整できるという利点はない。井上にはKOが期待されるものの、Eロッドはとにかく勝てばいいから、その点でもプレッシャーは井上の方により大きいだろう。

とはいえ、この試合でどちらに会場の声援が多いかというと、私は井上ではないかと思う。英国の観客はジェイミー・マクドネル戦もファン・カルロス・パヤノ戦も見ているはずなので、再び見事なKOを目の前で見たいと思っているはずだ。

井上自身、メキシコ、プエルトリコあたりの粘っこいボクシングの相手との経験は多いとはいえず、カルモナに判定まで持ち込まれたこともある。ましてロドリゲスは苦戦慣れしているので、試合が後半まで進めばそう簡単に倒れることはなさそうだ。

とはいえ、長期戦になっても井上の優位は変わらない。というのは、強打ばかりが注目されているが、井上のディフェンスはすばらしく、過去にカットしたことがほとんどない。バッティングすら受けないのである。

ロドリゲスが井上を警戒して距離を置けば、試合を支配するのは井上のジャブであり、ただでさえ決定力が不足気味のロドリゲスが井上にダメージングブローを叩き込む場面は想定しにくい。

井上の前半KOを期待するが、ロドリゲスもチャンピオンであり、判定まで持ち込まれる可能性は少なくない。判定でも、井上が明確な差をつけるだろう。

p.s. ボクシング観戦記のバックナンバーはこちら

↓どれかクリックしていただければうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ



プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty、忍者などのブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。
SSL化整備おおむね完了(2019/05/11)。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -