FC2ブログ

記事一覧

質素だけれど平和な毎日 ~年金生活雑感7

毎日5時と6時の間には目が覚めて、朝食をはさんで午前中はパソコンに向かう。通勤がなくなったしおカネにならないだけで、やっていることはサラリーマン時代とそれほど変わらない。

体重や血圧を計ってエクセルに入力し、気象庁のHPで天気予報をみる。自分のサイトをみて、きちんと表示されているかどうか確認し、前日のアクセス状況を調べる。何に使う訳ではないが、ブログ開設以来続けているルーティンである。

メールチェックをして、よくみるサイトを巡回してから、自分のサイトの更新作業である。誰が見ているからという訳ではないが、逆に言えば誰に見られているか分からないので、念入りに原稿を書いたり推敲したりしている。

子供の頃から、一人でいろいろ作業するのが苦にならなかった。暇さえあれば参考書や問題集を解いたり、本を読んでいた。読む本がなければ百科事典を読んで、日記や小説を書いたりしていた。やっていることは何十年経ってもたいして変わらない。

家の奥さんに言わせると、そうやって一人で机に向かっているのが苦にならない亭主は珍しいそうである。私に言わせれば、集団に入ってずっと他人と一緒にいられる人の気持ちが分からないのだが、その方が多数派のようである。

他人と共同作業をするのが向かない(嫌いな)人間が四十年近くサラリーマンをしてきたのだから、大したものである。

社会人になって以来、上司や先輩にかわいがられたことはほとんどなく、嫌われたことは数限りなく多い。よく六十近くまでがんばってきたものである。こうして平和にリタイア生活を送れるのは、考えてみれば奇跡的なことである。

今の生活は他人との関わり合いが最小限であり、ストレスはたいへん少ない。血圧が高くなるのも寒い時くらいで、胃腸の調子がよくないのも飲み過ぎた時くらいである。おカネがないことぐらい、たいしたことではない。

四六時中顔を合わせていると奥さんのストレスになるので、普段はパソコンのある八畳洋間にいる。2階にあるので窓から外の景色が見え、気候がよければベランダに出て星を見ることもできる。ローンの終わった自分の持家で、このくらいの居住スペースがあるのはありがたいことである。

結果的にみると、四十年のサラリーマン生活は不本意だったものの、こうして住む場所ができたし、質素だけれど年金で暮らせるし、若干の余裕資金でたまに遠出もすることができる。

出世もしないしお金持ちにもなれなかったけれど、誰にも顔を知られずオレオレ詐欺の標的にもならないのは、かえって安心でもある。質素だけれど平和な毎日は、望んでもそう簡単に手に入るものではないかもしれない。

p.s. 年金生活のバックナンバーはこちら

↓どれかクリックしていただければうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

コメント

No title

こんにちは!

> 毎日5時と6時の間には目が覚めて、朝食をはさんで午前中はパソコンに向かう。
暑い夏は早起きが良いですね。私は、ちょっと寝坊助で7時頃の起床です。今は7時でも暑いので、仕方なく起床しているわけですが・・・taipaさんの様に、私も自然にルーチンが出来上がっています。午前中は室内で軽い運動をして、その後はパソコンの前でネットサーフィンしたり、電子本を読んだり。出不精なのと、天候に左右されない理由から、室内での運動をしています。運動は好きではないのですが、年取ってから厄介者にはなりたくないので仕方なくです。

> 一人で机に向かっているのが苦にならない亭主は珍しい
実は私も該当者です。TVが嫌いなので、自然とTVの無い自分の部屋(昔の子供部屋)へ閉じこもってます(引きこもりシニアではありません。念のため)。この時期、2台のエアコンが稼働することになるので不経済ではありますが、お互いがあまり干渉しない、という意味では良いのかな、と思っています。

> 今の生活は他人との関わり合いが最小限であり、ストレスはたいへん少ない。
同感です。私の場合、退職を機に一切の関係を断ちました。サラリーマン時代の知り合い、親友と言えない知り合い等。結果、最小限どころか、ほとんどいなくなりましたけど。酒飲み仲間が減ったので少し寂しいですが、いたらいたで年賀状やら、冠婚葬祭やら、面倒ですから。

それではまたコメントさせていただきます。

コメントありがとうございます

> Tada様

コメントありがとうございます。今日は予約していた歯医者を済ませて、パソコンに向かっています。歯医者というのは、何歳になっても嫌なものですね。2~3日前から、気になって仕方ありませんでした。今日は痛くなく終わって、気持ちが軽くなりました。

> 私の場合、退職を機に一切の関係を断ちました。サラリーマン時代の知り合い、親友と言えない知り合い等。結果、最小限どころか、ほとんどいなくなりましたけど。

サラリーマン時代の知り合いでいまも声をかけられれば会うのは、私の場合最初に就職した時の知り合いだけです。その後に2回転職して2度目の会社には二十年以上いたのですが、声をかけられるどころか年賀状のやり取りさえありません(虚礼廃止ということだったので)。その程度の付き合いだったと思っています。

そんな私にもよく声をかけてくれた先輩社員が何人かはいたのですが、全員例外なく在職中もしくは退職後間もなく亡くなっており、そういうめぐり合わせだったのかなあとも思います。異常に死亡率の高い会社でした。

それに対して、ネット上で知り合った人たちにはたいへんよくしていただきました。リアルな会社での知り合いがリタイアしてみればバーチャルで、バーチャルなネット上の知り合い(当時はハンドルネームでのお付き合いでしたので、本名だってほとんど知りません)がリアルに感じられるというのも、現代ならではという気がします。

自分の周囲に自分に悪い影響を及ぼすものは近づけない方がいいし、それはおカネとか地位とか名誉よりずっと大切なことだと思っています。なんか堅苦しい言い方ですみません。ではでは。


同じような人がいるのですみませんね

初めまして。
読者です。

それにしても、自分とほとんど同じ方がいるものだと、ただただ驚いています。

Tada様のコメントに対する返信内容を読みまして、さらに驚きました。

考えていること、やっていることがここまで同じとは、驚愕です。

唯一違っていることは起床時間だけです。
私は、朝3時から4時に起きています。

これからもブログを読ませていただきます。

タイトルの訂正

今送りましたタイトルを間違いました。

同じような人がいるのですみませんね→同じような人がいるのですね

訂正いたします。

失礼しました。

コメントありがとうございます

読者様

ようこそいらっしゃいました。また、コメントありがとうございます。

> それにしても、自分とほとんど同じ方がいるものだと、ただただ驚いています。

自分と同じような感じ方・考え方をする人が多ければ、もっと住みやすい世の中になるのにと常日頃思っているものですから、そう言っていただけると大変光栄です。

とはいっても、TVで流れている番組の大部分は時間の無駄に感じるし、安倍政権の支持率が40%もある(w)ということになると、私のような感じ方・考え方をする人はかなりの少数派になっているようです。

読者様もそういう思いをしておられるのではないでしょうか。私のブログで少しでも共感していただければ、書いている私もたいへんうれしく思います。

> 唯一違っていることは起床時間だけです。
> 私は、朝3時から4時に起きています。

それは健康にたいへんいいことですね。最近読んだ本によると「人間の体は旧石器時代のスペックでできている」そうで、もともと人間は暗くなってから活動するようにできておらず、脳も体も夜寝て朝起きるのがいいようです。

「お江戸日本橋七つ発ち」の時代は、ほとんどの人がその時間に起きていたのではないでしょうか。私も山歩きの時などはその時間に起きますが、だから昼間眠くなるなんてこともなく、1日をゆっくり過ごすことができます。

またコメントいただければうれしいです。ではでは。

コメントの投稿

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。
SSL化整備おおむね完了(2019/05/11)。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31