FC2ブログ

記事一覧

コースタイムではとても着かない経ヶ岳からの下り 仏果山・経ヶ岳(完結編)

経ヶ岳への最後の登りはきつかった。長い階段が終わったと思ったらそこはまだ経石といういわゆる肩にあたる場所で、その先にまだ急登が待っていた。ようやく登り切った山頂は意外と広かった。半原越から35分、13時55分に到着。

私のすぐ後に登ってきたおじさんも、「今日一番きつかったですね」と言っていた。おそらく私と同様、仏果山から縦走してきたようだった。1/25000図で見るより、アップダウンがあって歩き応えのあるコースだった。

高取山・仏果山のように展望台はないけれども、ベンチがあって眺めがいい。三角点が置かれており、確かに測量するには具合のいい場所である。近くに、「丹沢の三角点」という案内看板が置かれている。塔ノ岳、丹沢山をはじめ主だった山にはほとんど三角点が置かれているが、檜洞丸だけはない。おそらく、昔は見通しが利かなかったためだろう。

ずいぶん南西に歩いてきたので、もう宮ヶ瀬湖は見えない。代わりに仏果山や半原越を経ていま歩いてきた稜線を見ることができる。東にも西にも、市街地が迫っている。ということは、アプローチには恵まれているということでもあろう。

さて、経ヶ岳から下山口である半僧坊バス停までは、ヤマケイアルパインガイドのコースタイムは1時間である。1/25000図を見ると、仏果山登山口から宮ヶ瀬越の倍近く見えるのだが、高速登山道だし、市街地が近いのでそんなものかと思っていた。

ところが、私の目見当の方がかなり正確で、実際に歩いたら1時間20分かかった。道もスイッチバックの急傾斜が多く、それほど時間短縮ができるとは思えない。

ヤマケイの担当者が歩けばそのくらいなのだろうが、ハイキング初心者も歩くであろう「関東ふれあいの道」なのだから、それなりの数字を載せてほしいものである(それに、経ヶ岳から革籠石山あたりのヤセ尾根は、初心者にはちょっと危険)。

もう一つ戸惑ったのは、千葉県だと関東ふれあいの道の行先表示には、目的地と残り距離がデフォルトで書かれているのだが、神奈川県の場合は目的地だけで残り距離が書いてないのである。同じ高速登山道でも都道府県によってやり方が違うようである。まさか、5kmに1基くらい置かれている石の距離表示を見ろという訳でもあるまいが。

経ヶ岳からしばらくなだらかな尾根が続くが、やがて急傾斜のスイッチバックとなる。林道と交差してそろそろ終わりかと思いきや、そこからがまた長い。

立ち止まってGPSを見て、現在位置を確認しようと思ったのだけれど、こういう時に限ってベンチが出てこない。結局、経ヶ岳から下山口まで休みなしで歩くことになった。

谷に向かって急傾斜を下り、堰堤を過ぎるとようやく道が広く平らになった。いきなり、車の音が間近に聞こえる。カーブをいくつか曲がると、国道に合流した。そのまま150mほど道なりに進んだ所に、半僧坊のバス停がある。

丹沢というとこれまで大山から西を多く歩いていたので、この山域は初めてであった。実際に歩いてみると、標高が低い割にアップダウンがあって時間がかかり、歩き応えがあった。しばらく房総を歩いていたので、2~3日は太ももが痛んだくらいだった。

景色も大変よく、朝一番で家を出ればそこそこの時間に歩き始められるので、移動による疲れも少ないような気がする。心配はヒルだけれど、2月であれば大丈夫そうである。

冬の丹沢は雪が積もったり寒かったりするけれども、このくらいの高さなら歩くのに不便はなく、ぜひまた来てみたい山域である。

この日の経過
仏果山登山口(213) 8:30
9:15 共同アンテナ付近(527) 9:20
9:40 宮ヶ瀬越(659) 9:40
9:55 高取山(705) 10:15
11:00 仏果山[昼食休憩](747) 11:40
12:20 革籠石山(640) 12:25
13:15 半原越(488) 13:20
13:55 経ヶ岳(633) 14:10
14:40 林道横断(430) 14:40
15:30 半僧坊バス停(105)
[GPS測定距離 9.6km]

p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ


経ヶ岳への最後の登りはなかなかきつい。このルートを歩いてきた人と「今日一きつかったですね」と話になった。


二等三角点の立つ経ヶ岳頂上。標高600~700mの縦走だったが、結構歩き甲斐がありました。


経ヶ岳からの下りはたいへん長く、関東ふれあいの道なのに距離が書いてなかった。コースタイム1時間ではとても無理だと思う。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。
SSL化整備おおむね完了(2019/05/11)。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31