FC2ブログ

記事一覧

中高年の山歩き 仏果山・経ヶ岳(前編)

2019年の冬は、雪が少なかった。2度ほど積もった日はあったが、どちらかというと沿岸部で降雪量が多く山では根雪とならなかった。となると、ヒルが出ないうちに丹沢である。

1月に大台山から御殿山に登った際、最後の階段で息が上がってしまった。誰も通らなかったからよかったようなものの、誰か来たら邪魔だしみっともない。房総の300m級でへたばるとは、いかにアップダウンが激しいとはいえ無様である。

そんなことがあったので、この春はいきなり1000mを目指さず、低山から始めることにした。低山とはいえ、丹沢は低い山でも房総の倍はある。今回は、本厚木からバスで行ける仏果山・経ヶ岳を歩く計画を立てた。

このルートの大部分は、個人的に高速登山道と呼んでいる関東ふれあいの道である。環境省の指導のもと、国・都道府県が予算をつけて整備・維持管理している。房総の奥の方には鎌倉幕府以来維持管理されていないような登山道もあるけれど(w)、高速登山道ならそのようなことはないだろう。

2019年2月19日、前の週は寒かったが、この日は高気圧が張り出していい天気になりそうだ。もっとも、あまり暖かい日が続くとヒルが出るので、このくらいの季節がいい。

朝一番の電車で都心に出て、小田急で本厚木まで。本厚木から宮ヶ瀬行きのバスに乗って、仏果山登山口に着いたのは午前8時半。雨も雪も少なかったせいか、宮ヶ瀬ダムの水位はかなり下がっていた。バス停前から登山道への階段がある。

宮ヶ瀬ダムは、塩水林道から丹沢山に登った時以来である。階段を上がってすぐに登山届ポストがあり、ヒル除けスプレーも置いてある。スプレーは空だった。まだヒルは出ないということでひと安心である。

それでもさすがに、道案内と同じくらい多く「ヒル注意」の看板が立てられていた。登山道入口には「クマ注意」の立札があり、つい最近クマの目撃情報があったということで驚いたが、登山道に入ると「ヒル注意」ばっかりだ。

山肌に沿ってなだらかに登山道が登って行く。房総ではあまり見かけない景色で、登りが長いのは厳しいけれど歩き甲斐がある。やがてスイッチバックの急坂になった。

この日は朝一番で3時間半の移動、しかも前日あまりよく眠れなかったにもかかわらず、体調は悪くない。足がスムーズに前に進むし、息もそれほど切れない。ちょっとうれしい。

ひとしきりスイッチバックを登ると、共同アンテナのような設備の横にベンチがあったので小休止。この日は寒くなさそうなので夏ズボンをはいて来たけれど、2月にしては暖かく汗もよく出る。

ベンチで一休みの後、再びスイッチバックの登りがあり、峠地形が見えてくると宮ヶ瀬越で稜線に出た。宮ヶ瀬越の「越」とは「峠」のことで、このあたりにはなんとか「越」という地名がいくつかある。

宮ヶ瀬越では休憩せずにそのまま高取山に向かう。15分ほど尾根道を進むと、話に聞いていた鉄骨造りの展望台が見えてきた。かなり高くて立派なものだ。9時55分、登山口から1時間20分で高取山頂上に到着した。

(この項続く)

p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら


登山口からヒル除け設置場所を過ぎると、いかにも登山道らしい登りとなる。房総ではあまり見かけない道である。


登山口から1時間、峠地形が見えてくると間もなく宮ヶ瀬越である。ここからまず左へ進み、高取山を目指す。


高取山頂上には十数mの展望台が建つ。仏果山にも同じ仕様の鉄塔があるが、位置が違うので見える景色も微妙に違う。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29