FC2ブログ

記事一覧

第9次区切り打ちスタート 六十一番香園寺(前編)

注.2018年の台風被害により、横峰寺への遍路道が通行止となりました。そのため、六十一番から六十三番をお参りした後、平野林道経由で六十番横峰寺をお参りしています。

第9回目のお遍路区切り打ちは、出発直前になって急きょ予定変更となった。1週間前に来襲した台風24号により、横峰寺への遍路道が通行止になったのである。霊場会HPに次の告知が掲載されたので気がついた。

-----------------------------------------------------------------
59番国分寺より60番横峰寺への歩き遍路道が台風24号の被害で通行不能になっております。徒歩巡拝の方は無理をなさらず、車道への迂回をお願い申し上げます。
-----------------------------------------------------------------

わざわざ問い合わせるのもどうかと思ったけれど、横峰寺に電話して聞いてみた。お寺の方が言うことには、山道は土砂崩れで通行できない、車道でしか登って来れないとのことであった。

「車道ということは、六十三番まで回って、平野林道を歩いて上がるということでしょうか。」

「そうですね。その他の道は、通れなくなっています。」

横峰寺までの登山道はいくつかあり、どれか使えるだろうと思ったのだが、登山道はすべて無理のようである。実際に登ってみて、歩けるようであれば下りで別のルートをとるとしても、少なくとも登りについては、車道で行くことになる。

直前までの計画では、前回の終着点である壬生川駅まで特急に乗った後、別格霊場の西山興隆寺・生木地蔵と歩いて、翌日横峰寺に登り香園寺に下りてくる予定であった。そのため、宿泊も生木地蔵と横峰登山口の途中にある「小町温泉しこくや」を予約したのである。

ところが、この道が通れないとなると、抜本的な計画変更を余儀なくされる。直前なのでホテルの変更は難しいが、ルートは変えなければならない。残念ながら別格霊場二つをまたの機会として、壬生川から六十三番まで先にお参りし、林道経由で翌日横峰寺というのが唯一可能な方法のように思われた。

2018年10月10日、朝一番の羽田発で松山空港に着いた。松山は四国4県の中で唯一、市街地からすぐに空港である。リムジンバスもJR松山駅に着いてから伊予鉄松山市駅に向かうので、20分そこそこでJR松山駅まで到着する。この日もスムーズに動いて、予定したよりも1本早い各駅停車に乗ることができた。

特急と到着時間はほとんど変わらないが、料金が安く済むのと、前回歩いた経路をゆっくり確認しながら進むのがいい。伊予和気は今治への長距離をスタートした駅だし、伊予北条にかけて瀬戸内海を望む景色は、ちょうど前回歩いたところである。お昼を食べた海賊うどんも見えた。

菊間あたりの石油コンビナートもなつかしい景色だし、瓦屋さんが続く一画はあっという間に通り過ぎてしまった。大西を過ぎると遍路道と分かれ海沿いを進み、ほどなく今治、今治を過ぎるとすぐに壬生川である。

壬生川に着いたのは11時過ぎ。ここで特急との接続となり、各駅停車は特急の出発待ちとなる。お昼にしようと、前回もお世話になった駅前のパン屋さんでカツサンドとあんドーナツを買う。歩きながら食べるつもりである。

(この項続く)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら


今回のスタート地点、JR壬生川駅。平屋の緑屋根が駅舎で、右の白いビルが行政施設。乗ってきた各駅停車は特急が発車してもまだ止まっている。


跨線橋の上から、これから向かう横峰方面を望む。この時点で雨は降っていなかったが、雲でほとんど山並みを見ることはできない。


小松の街が近づき、うっすらと横峰前衛の山々が見えてきた。この後雨になり、翌日の横峰寺はきびしい登りとなった。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29