fc2ブログ

記事一覧

半世紀前の話46 1ドル240円の頃

今年の建国記念日で、結婚40周年となった。あと10年で金婚式である。はるか先だと思っていたら、もうすぐである。

結婚当時のことはいまでもよく覚えているが、そのひとつが、新婚旅行がたいへんシャビーだったことである。とはいっても、交通公社のツアーで1人40~50万円したから決して安い買い物ではない。

その値段にもかかわらずシャビーだったのは、当時の為替レートが1ドル240円だったからである。いま円安とはいっても140~150円だから、比較すると円は3分の2の価値しかない。

現在価値にして1人25~30万円で5泊だから、まあ贅沢はできないにせよそれなりの水準のツアーであっておかしくない。ビジネスクラスに乗せろと言っている訳ではない。

とはいえ、新婚旅行なのに夫婦で隣の席にならない人達もいたから、大手旅行会社の新婚旅行パックというより学生の節約旅行レベルのツアーであった。

あと10年ほど時期が後であれは、ツアーなどにせず自分で手配できたが、当時はインターネットもなく航空機のネット予約もなく、特に海外ホテルの手配は旅行代理店を経由するしかなかった。

だから、単価40~50万円の半分くらいは旅行代理店の利益だったと思われ、エアの原価10万そこそこではキャンセル待ちの席しか取れなかっただろう。だったら、新婚旅行パックにするなという話であった。

またホテルは、たいしたグレードでもないのに素泊まりで(まあ、これは今でも変わらない)、食事代はレストランまで連れて行って費用は自分持ちだった。当時はJCBカードが国内しか使えず、T/Cで支払ったものである。

当時、われわれだけではないが利用客が怒ったのは、ロサンゼルス着のはずがサンフランシスコ着で、乗り継ぎに半日要した結果予定していたヨセミテ観光ができなかったことである。

天候悪化とか空港閉鎖なら仕方ないが、おそらくキャンセル待ちをした結果で、そういう旅行日程を提示して客を集めるとは何事かという話である。1ヶ月後くらいに、お詫びに果物詰め合わせが送られてきた(パパイヤやマンゴーだった。西海岸とどういう関係か不明だが)。

それから約1年半後、1985年9月のプラザ合意により円高ドル安が容認され、円/ドルは1年かからず250円から150円、さらに円高が進んでピーク時には80円台になった。

80円と比べると現在のレート約150円は倍であり、円の購買力はピーク時の半分になったということだが、われわれが結婚した当時の240円と比べればまだまだ円高。いま40~50万円出せば安売りビジネスくらい楽に取れる。

新婚旅行でT/Cが余ったので、1ヶ月後ぐらいに有馬温泉に行った。新婚旅行のホテルよりよっぽど贅沢なホテルであり食事であった。部屋のTVでひょうきん族を見た。今は亡きウガンダが、マイケル・ジャクソンの真似をしたのを覚えている。

p.s. 「半世紀前の話」、バックナンバーはこちら。私が10代の頃を思い出して書いてます。

doller.png
今年結婚40周年だが、新婚旅行当時の円ドルレートは240円台で、相当にシャビーだったことを思い出す。いまならツアーなど使わず自分で手配したのだが、そういうツールがない時代だった。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

7年前にリタイア、気ままな年金生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の2023年2月以前のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -