fc2ブログ

記事一覧

23八千代ニューリバーロードレース(中編)

スタート地点は昨年と同じ市民会館前。会場入りした時間は寒かったが、9時を過ぎて少し暖かくなった。風もほとんどなく、絶好のコンディションである。

前半約2kmは八千代のメインストリートを走り、中盤以降は新川沿いに下る。大きな登り坂は、東葉高速・八千代中央駅を過ぎたあたりの1ヶ所。ここまでは、極力セーブして体力を温存する予定であった。

予定どおりセーブしたつもりなのだが、2km地点でスポーツウォッチを見ると13分55秒。スタートまで1分ほどかかったから、km6分半くらいで走ったことになる。周りに影響されて飛ばし過ぎたようだ。

下り坂の牛小屋あたりで抜かれたグループが、「6分45秒、いいペースだよ」と言っている。6分45秒では私には速すぎる。息ははずんでいないのだが、もう少し落とさないとラストスパートが利かなくなる。

城橋を過ぎると練習で走ったことはあるが、本番は初めて。微妙にアップダウンがあるけれど、この日はそれほど気にならない。お寺を過ぎてしばらく進むと、左手に道の駅が見えてくる。

道の駅の横まで達すると、国道16号。下のトンネルをくぐる。このあたりまで来ると私より速い人達はすでに先に行って、同じくらいのペースかすでに歩く人達を抜くことになる。

4km地点、5km地点を次々と過ぎる。ペースは7分を少し越えるくらいで、5kmを37分くらいで通過。今回の目標はネット1時間12分だから、まあまあのペース。ここまでゆっくり走ってきたので、新川沿いに出てからスパートできそうだ。

5.5kmが給水所。ザックに経口補水液は準備してあるが、せっかくなのでお水をいただく。急に飲んでむせる。給水所のすぐ先で左に折れて新川沿いの遊歩道に向かう。ここからやや狭くなって走りづらいが、何人か抜いて遊歩道に入った。

遊歩道は大会では選手だけなので(普段は自転車も走っている)、たいへん走りやすい。ただ、これまで走ってきた一般道より道幅が狭い。抜くときに走りにくいのが難点である。

特に、並んでしゃべりながら走っている(歩いている)連中は、たいへん抜きにくい。家に帰って奥さんに「そういう大会なんだから仕方ないでしょ」と言われてしまったが、そういう連中に限って間隔を開けて並ぶのである。

一度など、女性2人組を抜きがてら見てみると、2人ともスマホを打ちながら歩いていた(アップルウォッチでラップを見ていた訳ではない)。

別に走ったり歩いたりは構わないけれど、大会中に走りながら(歩いてるけど)スマホをやるというのがよく分からない。だいいち重いだろうと思う。

(この項続く)

p.s. ランニングを新ジャンルとして独立させました。バックナンバーはこちら

yachiyo_23_1.jpg
八千代ロードレース10kmスタート地点。プログラムの早い順番のせいか、比較的閑散とした風景でした。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

7年前にリタイア、気ままな年金生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の2023年2月以前のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -