fc2ブログ

記事一覧

松岩は筑波山屈指の絶景 ~筑波山林道コース(後編)

前回は登りで手間取ってしまい御幸ヶ原コースで下山したが、今回は予定通り下りもバリルートである。松岩尾根からトラバース道を辿ってみかん園ルートで下りる計画である。松岩尾根の下り口は、坊主山近くにある。

坊主山直下には、まぎらわしく赤テープが貼ってある分岐がある。これだと思って下って行くと、松岩尾根は西南西方向なのに、ほとんど真南に向かっている。違うと思って引き返した。

松岩尾根方向へは、薬王院コースがやや広くなったあたりで、左に分かれるはっきりした分岐がある。この先もいくつか踏み跡があって迷わされるが、西南西方向の尾根を辿ると、しばらくして岩場に出る。

1/25000図で、坊主山の西南西、標高600mくらいに等高線が張り出した場所に松岩がある。最初、どれが松岩か分からなかったが、いちばん先端の景色のいい場所に、岩から盆栽のように伸びた松が見つかる。

ここからの景色は、筑波山でも指折りといってもいいだろう。狭くて人数集まるとつらいが、一人で訪れるには最高の場所である。眼下には山麓、酒寄から真壁にかけての田園地帯、その向こうはかつて明野町であった地域である。

左手には、いま登ってきた男体山のアンテナ群。その前に坊主山の山体がそびえている。この景色を見られるのは、まさに松岩の手柄である。

あきらめずに探した甲斐あって、この絶景を堪能することができた。あとはトラバース道を辿ってみかん園ルートに出るだけである。

みかん園ルートは昔の1/25000図に載っている道で、つくば市と桜川市の市境でもある。ただ、研究路に出る直前が急登という情報なので、下りで使うのは一度通ってからにしたい。そこで、松岩からトラバースして合流することにしたのである。

松岩からみかん園ルートへのトラバース道も、もちろん1/25000図には載っていないし、推奨登山道以外は入山禁止扱いであるため案内標識もない。ただ、歩くと等高線に沿って踏み跡がある。

ときどき赤ペンキで木の幹や岩にマークがあるので、それなりに歩かれているのだろう。ただし道幅は狭いし、よく分からない分岐も数多くある。

特に、沢にぶつかったあたりでいちばん濃い踏み跡は下って行くルートである。下手に下って林道に出てしまうと、つづら折りのヘアピンカーブが続くのであまりうれしくない。何とかみかん園ルートまで出たいと思って同じ高さを維持する。

いよいよ森が深くなってスマホで現在位置を確認すると、目の前の尾根が市境である。ということは、尾根に上がる道を登ればいいはずである。探すと、割に太い踏み跡があった。そこを進み尾根に上がると、みかん園ルートに出た。

(この項続く)

p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら

SH3B0460.jpg
坊主山南西のやや広くなったあたりが松岩尾根の下り口。踏み跡が各方向に続いているが、西南西に進み等高線の幅が広くなった辺りが目標になる。

KIMG0683.jpg
尾根を進むと、巨石が並んだあたりが突端である。いちばん前、盆栽のような松の木のあるところが松岩である。

KIMG0684.jpg
松岩からは山麓のパノラマが見事で、振り返ると男体山・坊主山がすぐ目の前である。筑波山の中でも指折りの絶景といってもいいのではないだろうか。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

7年前にリタイア、気ままな年金生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の2023年2月以前のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -