fc2ブログ

記事一覧

再び日光湯元温泉

今年は暑くて9月になっても山に行けないので、先週、10月2~3日で奥さんと日光に行ってきた。

現役でカネ回りがよかった頃は温泉だの北海道だのいろいろ出かけたものだが、年金生活者になってそうもいかない。寂しいものだと思う間もなくコロナ騒ぎで、仮にカネがあったとしても出歩けなくなった。

まだ場所によってはマスク推奨だし、コロナとインフルエンザのダブル流行とか言われているけれども、行ける時に行かないといよいよ動けなくなる。もう60代後半、あと10年かそのくらいしかないかもしれない。

いろは坂を登り、半月山展望台で年賀状用の写真撮影。半月山は前来た時には誰もいなかったのに、今回は何台もの車とすれ違ったし、展望台にもたくさん人がいた。外人さんの姿もあったのは、さすが日光である。

そういえばこの間、TVの旅番組でジャニーズが半月山の麓にある旅館に泊まっていた。他にも、1泊10万円くらいする高級ホテルもあるが、中禅寺湖をはさんで男体山という景色は同じだし、標高が高いだけ山頂展望台の方が見晴らしがいい。

ジャニーズといえば、コンプライアンスだの社名変更だの言っているその裏で、記者会見の指名拒否リストを作って特定記者からの質問を受け付けなかったらしい。そういう資料を見えるようにTVカメラの前に出すのだから大バカである。

戦場ヶ原を抜け、日光湯元の駐車場も車がたくさん止まっていた。こちらのキャンプ場はクマが出没するので、今シーズンは閉鎖されている。しかし、WEBによると駐車場でバーベキューしたり車中泊する連中がかなりいるらしい。

日光湯元にはコンビニがないし、飲食店もほとんどない。ホテルおおるりがなくなってバカ高い宿ばっかりなので、費用を節約しようとすると車中泊ということになる。おそらく、おおっぴらには認めていないはずだが。

おおるりといえば、かつてホテルおおるりだった建物はリニューアルして別のホテルになっていた。「亀の井ホテル奥日光湯元」と書いてあったが、HPを見ると1人1泊でおおるりより1万円高くなっている。

さて、この日泊まったのは日光アストリアホテル。光徳牧場横に昔からある一軒宿で、梵字飯場跡の近くにあるので前から気になっていた。

夕飯まで時間があったので、着替えてホテルの周りをジョギングする。前日までの千葉ニューは、いつまで夏なんだと思われるほど暑かったが、さすがに奥日光まで登ると涼しい。走ってもほとんど汗をかかないのは、春以来である。

せっかく用意した熊鈴を部屋に忘れてきてしまったので、ホテルから国道まで舗装道路を往復する。大事をとったつもりだったが、それでも周囲はひと気のない森で、熊が現われても全然おかしくない。

温泉は湯元から引いている。アストリアホテルまで5、6kmはありそうだが、さらに遠い中禅寺湖畔の各ホテルにも供給しているので大丈夫なのだろう。そして、洗面所から出る飲料水は湧水みたいなことを書いてあった。

張られているお湯はエメラルドグリーンで、乳白色だったおおるりとは違う。とはいえ、泉質は同じ硫酸塩泉である。家に帰るまでずっと硫黄臭が抜けないくらい濃い温泉で、源泉かけ流しだった。匂いはきつかったが、何ともいいようのないいいお風呂だった。

奥さんと温泉に来たのはコロナの前以来なので、たいへん気に入っていた。特に露天風呂は、涼しいのでいつまでも入っていられるくらいよかったそうだ。(日光だからと思っていたら、首都圏もこの日から涼しくなったらしい)

食事はレストランで、石焼のステーキとイワナの塩焼き、お刺身など和食のコース。予約した時には空室が3~4室しかなかったのだが、十数組しかお客さんがいない。しかも、ほとんどすべて老夫婦である。

奥さんにそう言ったら、「平日なんだから当り前でしょ。こっちだって老夫婦なんだから」と返されてしまった。

p.s. 全国各地の旅行記事、バックナンバーはこちら

KIMG0648.jpg
半月山展望台からの男体山と中禅寺湖。この日は天気がいいだけでなく、涼しくて秋らしい気候でした。前来た時は人がいなかったけれど、この日は結構いた。

KIMG0658.jpg
宿泊した日光アストリアホテル。光徳にある一軒宿で、たいへん静かで落ち着いている。温泉は湯元から引いている。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

7年前にリタイア、気ままな年金生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の2023年2月以前のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -