FC2ブログ

記事一覧

道の駅今治湯ノ浦でメニュー選択大失敗 五十九番国分寺(その3)

国分寺を出て、左に向かう。しばらくは街道沿いに点々と田畑と人家が続く風景で、やがて住宅街に入る。JRの駅でいうと伊予桜井が近いようで、そう案内看板に書いてある。

このあたりは国道196号から離れた道なので、道幅が狭く一車線しかないところが多い。桜井小学校の横を抜ける。「あいさつでみんなに元気パワーアップ」の標語が掲げられている横を、車がスピードを落とさずに通り抜けて行く。お遍路はともかく、学校の近くなので気を使っていただきたいところだ。

倉庫や事務所が多くなると、国道との合流が近い。片側一車線で歩道もある道路に出たので安心して歩くことができるが、まっすぐ伸びた道は距離が長く感じる。このあたりではパワーが足りないなあと感じていた。国分寺を出たのが10時半、もう11時を過ぎている。

朝粥は大きな汁椀に一杯いただいたので、その場では満腹しておかわりする必要は感じなかった。しかしこの状況をみると、いろいろなWEBで仙遊寺の次の日はガス欠に注意せよと書いてあるにもかかわらず、どうやら軽視しすぎたようである。遍路宿の朝食はたいていボリュームたっぷりなのは、伊達ではないのであった。

国道に合流して歩道を歩くのだが、車がすぐ横を通らなくなったのになかなか足が進まない。高速まで1kmか2kmの距離を歩くのに四苦八苦し、残り数百mの道の駅に全然着かない。ようやく高速道の分岐を過ぎ、道の駅・今治湯ノ浦が見えた時にはほっとした。

疲れていたせいか、ここで大きなミスをしてしまう。食券販売機を見て、「海の丼1000円」とあり、海鮮丼だと早合点してこれを選ぶ。厨房に食券を出し、トイレに行って帰ってくるまでの2、3分でもうできていた。早く食べられて何よりと思いつつ、一抹の不安が浮かぶ。トレイを持って席に着き、丼のフタを開けて愕然とした。

なんと、ご飯にアジの刺身が5切れほど乗った上に、生卵をかけているのである。早いはずである。前にも書いたことがあるが、私は生卵は食べられない。山小屋などで出ると、わざわざ返しに行くくらいである。どうしよう。ただでさえエネルギーが不足している時にこれでは。

子供用に小分けする小皿とスプーンがあったので、生卵をどけようとするが、こういう時に限ってうまくいかず、黄身がつぶれてしまう。白身はご飯にしみてしまって一体化している。泣きそうになった。アジの刺身にわさびと醤油をたっぷりかけて、生卵のない部分のご飯を食べる。おまけに貝の味噌汁はたいへん不味い。

半分というよりも3分の2以上残して返す。ソフトクリームは食堂でやっておらず売店まで行けと言われる。ミックスソフトを頼んで出て来るまでの間に、「大三島レモンソースのソフトクリーム」というたいへん魅力的なものがあるのを見つけ、こっちにするんだったと肩を落とす。どうやらこの道の駅は私とは相性がたいへん悪いようである。

とはいえ、半分以上残した海の丼とソフトクリームで補給した後は、相当に足が軽くなったのには自分でもびっくりした。どうやら、朝粥の影響は想像以上に大きかったようである。海の駅を出てからすぐ国道沿いに定食屋があり、そのすぐ先を折れるとうどん屋さんもあったようなので、あせって道の駅にする必要はなかったのであった。

(この項続く)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら


国分寺を過ぎ伊予桜井へ。もうすぐ国道197号に合流する。近くに学校もあるので車はあんまり飛ばさないでほしい。


道の駅今治湯ノ浦。ここでのメニュー選択に大失敗。

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29