fc2ブログ

記事一覧

降り続く雨 でも走るしかない ~せいうち日記169(続き)

ちょうど検温ブースを出た頃フルマラソンがスタートとなった。車道には選手の長い列が続く。観客の傘で狭くなった歩道を登って競技場に向かう。

荷物預けは球場(長嶋茂雄記念球場だそうだ)の外野部分に作られた仮設テント。事前に配られた荷札を付けてゼッケン下1桁のテントに置く。預けるというより、勝手に置くだけである。そこから陸上競技場まで数百m歩く。一番いい場所は、売店が占拠している。

陸上競技場にも雨宿りできる場所がなく、スタンドではブラスバンドが大音量で落ち着けない。裏の小学校に行く。水浸しの校庭におびただしい数の仮設トイレがあるが、あまり人はいない。4、5人が、足を濡らさないように苦心してトイレまで歩いていた。

教室脇のひさしの下で雨宿りし、ついでに準備体操。スタート10分前までいて、それから陸上競技場に向かう。1、2コーナー中間がスタートで、3コーナーあたりまで並んでいる。もちろん、一番後ろに並ぶ。雨が本降りになってきたとアナウンスで言っている。

小中学生3kmのスターターであった熊谷千葉県知事が10kmに参加しているということだが、若いとはいえこの雨では大変である。練習だってそれほど頻繁にできてないだろう。

ぎりぎりまで待機していただけあって、それほど待つこともなく号砲が鳴った。スタート地点を越えるまで2分ほどかかったが、2分で済んだということは2千5百人も走ってなかったのだろう(リザルトを見ると、1,803人だったようだ)。

走り出してしまえばゴールまで走るだけである。今回もこれまでと同様、事前にコースを試走した。28年前の記憶はあまり残っていなかったが、印旛沼干拓地に来ると学生さんが大勢走っていて、後ろを付いて走っていたら競技場に戻れた。

最後の急坂が厳しかったので、1週間前にもう一度競技場周辺を走った。とはいえ、雨の日の練習などしていない。小雨がばらついた程度で、わざわざ本降りの中を練習することはないのだ。

スタートしてすぐに下り、競技場を出ると登りである。京成佐倉駅のすぐ近くまで登り、そこから急坂を下る。前半は控えめに走るつもりだったし、前後に人がいるのでそれほどスピードは出ない。

それでも、2km地点でストップウォッチを見ると15分台だった。グロスで15分台ならたいしたもので、むしろハイペースである。これなら目標のネットタイム1時間15分は達成できそうだと思いながら走っていた。

京成佐倉を越えると佐倉カントリーの外周道路。ここからは道が狭く、路面状況も悪くなった。道の両端は水たまりで、車の轍にも水が入って走りづらい。そして、周囲に人がいるので進路を急に変えられない。このあたりで、シューズに水が入った。

シューズには防水スプレーを噴霧してきたけれど、もともとメッシュなので水たまりに入ればひとたまりもない。ソックスが濡れた不愉快な感触が広がる。仕方がない。がまんして走るしかない。

(この項続く)

p.s. 「せいうち日記」、バックナンバーはこちら。軽量化工事直後なので、不具合あればご容赦ください。

KIMG0571.jpg
会場に着くと、ちょうどマラソンがスタートしたところだった。まだ雨は小降りだが、すぐ本降りになった。後からマラソンコースを歩いたら何ヶ所も冠水していた。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

7年前にリタイア、気ままな年金生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の2022年10月以前のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -