fc2ブログ

記事一覧

コロナワクチン4回目はファイザー

3回目のワクチン接種でしんどい思いをしたので、4回目はやめておこうと思っていた。ところが、4回目のお知らせが届いた夜、変な夢をみたのである。

軍隊に入っていて、ジャングルの道を進んでいる。軍服はみすぼらしく、体中に蚊が寄ってくる。周囲の連中の破れた軍服の間に、蚊がたかっていて、刺すのが見える。

次の場面では自分がすでに病気になっている。熱帯で蚊だからマラリアである。しかし、地面に何か敷いた上に寝させられるだけで、何の手当てもなければ薬ももらえない。

行軍からは解放されて戦闘に巻き込まれることもなさそうだが、きっとこのまま死ぬだろうと思っている夢であった。

目が覚めて、何であんな夢をみたんだろうと考えた。もうお迎えが近いから、前世の記憶が蘇ったのだろうか。そうかもしれないが、基本的に夢はここ数日間で起こったことを脳で再構成したものである。だとすれば思い当たるのはワクチンのお知らせだけである。

第二次世界大戦では、まさに私が夢で見たように、病気になろうがケガをしようがたいした手当てをしてもらえなかった。片手を失う大ケガをして生還した水木しげるのような人もいたが、それは運がよかった一握りだけである。

その数十倍、数百倍の人間が、戦地で見捨てられ死んでいった。現代ですら、ちゃんと兵站があるのは米軍とかNATOだけで、ロシアなどは旧日本軍と似たようなものだ。みんな、ウクライナで遺体が放置されている。

何の手当てもしてもらえないで戦地で見捨てられることを考えれば、きちんと管理して3回目4回目と知らせてくれるのは大層ありがたい。そう考えると、多少だるかろうが腕が上がらなくなろうが、協力すべきかもしれない。

とはいえ、前回ひどい目に遭ったモデルナは勘弁してもらいたい。みんなそう思っているのか、集団接種はモデルナの日とファイザーの日を分けていて、「この日はファイザーですがよろしいですか」をクリックしないと予約がとれないようになっている。

5ヶ月経たないと4回目は打てないが、1ヶ月先まで予約は埋まっていた。11月30日の水曜日に、ファイザーのオミクロン対応株を予約する。前回から6ヵ月近く開くので、間隔は大丈夫だ。

当日になった。会場はいつもどおりショッピングセンターの一角。ここはしばらく空き店舗となっていたが、コロナ以来印西市の集団接種会場としてずっと利用されている。コロナ以降テナントがつくかどうか心配だが。

これまでは3密回避であまり大人数集めなかったのだけれど、すでに入口には二、三十人が列を作っている。これは前の時刻の予約である。入るのに手間がかかって、すでに中もごった返しているのが見える。

時刻になって中に入ると、さすがに2年近くやっているだけあって受付は手慣れたものである。もっとも、4回目の接種だから、これまで3回できた人はまず問題ない。私も「□ 治療・投薬を受けています(糖尿病)」にチェックを入れたが、特に何も訊かれなかった。

今回の注射担当は5人。私の担当は年配の女医さんだった。私より歳上だったから、おそらく70歳を超えているだろう。しかしさすがに年の功で、注射はお手の物だった。

前回モデルナで具合が悪くなり心配したが、今回は副作用どころかいつもの腕の痛みさえほとんどなかった。翌朝のテレビ体操で問題なく腕が上がったのは4回目にして初めてのことである。これで、夢に見た戦争でのマラリアのようなことは回避できそうだ。

p.s. 新型コロナ関連記事のバックナンバーはこちら

vaccine_4th.png
コロナワクチンも4回目の接種となった。前回モデルナできつい思いをしたので今回はファイザー。そのせいかどうか、会場は満員。

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

7年前にリタイア、気ままな年金生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の2022年10月以前のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -