FC2ブログ

記事一覧

25年来最低体重へ (その2・最低記録更新)

「せいうち日記」の過去ログを読むと、昔のダイエットの記録が出てくる。毎朝記録している体重、血圧等の数字と突き合わせることで、現在進行中の糖質制限で体が過去のどのレベルにあるのかが分かる。2012年の1月に人間ドック結果の記事を書いているが、今年(2021年)2月初めには、その時の体重93kgを下回った。当時の記事が「16年振りの体重」だから、現在はその前のダイエット、つまり25年振りの体重ということになる。糖質制...

続きを読む

半世紀前の話15 ~豆腐屋

半世紀前にはスーパーマーケットはなく、米屋・酒屋・肉屋・八百屋などの個人商店が食料品を売っていた。公団など大規模な集合住宅があれば商店街が整備されたけれど、住宅兼の店舗としている店も多かった。それらとは別に、決まった時間に回ってくるお店もあった。多かったのはお豆腐屋さんである。豆腐や関連製品を作っているのだから店舗はあるのだが、それ以外に夕方、自転車に乗ってチャルメラを鳴らしながら来るのであった。...

続きを読む

ポータブル電源の非常時使用を試してみる

先月、去年の所得税の戻りを使ってポータブル電源を購入したことを書いた。とはいえ、オートキャンプの趣味はないし車中泊にもそれほど気が乗らないので、主たる用途は非常用である。おととしの台風の際、同じ印西市の数kmと離れていない地域で数日間停電が続いたのは記憶に新しい。思うに、近くで送電線が倒れたり架線が切れたりしなくても、発電所・変電所からここまでの間どこかで異常があれば電気は来ない。高圧線がダメになっ...

続きを読む

ついにガラケー卒業、スマホデビュー ~せいうち日記142(後編)

64歳の誕生日を目前に、今年は自分的には大きなイベントがあった。ついにガラケーを卒業し、スマホデビューしたのである。何回か書いているように、携帯の通話料は自分的にはムダだと思っていて、3G終了とともに解約するつもりでいた。だからauから「2022年3月でサービスを終了します」と通知が来てもシカトを決め込んでいたのである。それが突然気が変わったのは、山(というよりも登山口まで)で道間違いをしたからであった。詳...

続きを読む

筑波山では数少ないバリルートへ 男の川ルート(前編)

緊急事態で遠出ができない日が続いている。2月の山行も、車で2時間足らずと近場の筑波山にせざるを得なかった。ほとんどのハイキングコースを登ってしまったので、今回はバリエーションルートである男の川(おのかわ)ルートを選んでみた。前回、薬王院コースを歩いた時、林道に車が多く止まっているのはなんだろうと思って調べたのがきっかけだった。筑波山のバリエーションルートは男体山からの男の川ルートと、女体山からの女...

続きを読む

25年来最低体重へ (その1・糖質制限2ヵ月の検査結果)

年末年始の体重増を1週間ほどでリカバーし、1月後半の通院検査に臨むことができた。医者に行く際には少なくとも4~5日酒を控えるので、大体2kgほど減量して検査する。普段の体調で検査しなければ意味がないという説もあるが、機会をとらえて節制しないと体がリセットできないと思うのである。1月の通院時は前回の減らした体重より、さらに3kg軽くすることができた。たかが3kgとはいえ、十数年前のピーク時に比べると10kg少...

続きを読む

64歳になった ~せいうち日記142(前編)

誕生日が来て、64歳になった。60になる前にリタイアした時はまだ先が長いと思っていたのに、65歳まであと一年を残すだけとなった。Time flies like an Arrow.中学生の頃「時間蝿は矢が好きだ」と訳したものである。64歳になったら、もっとじいさんじいさんしてしまうのかと思っていたが、本人としては若い時と変わらない。糖質制限のおかげで毎朝の血圧が120-70だったりするので、余計にそう思うのかもしれない。鏡を見るとヒゲま...

続きを読む

森本あんり「反知性主義」

反知性主義という言葉が、最近わが国でもよく使われるようになった。ニュアンスとして、反インテリ、反体制、理屈じゃなくて感性、のような感覚があるが、この言葉が生まれた米国と日本ではかなりの違いがあることがこの本を読むとよく分かる。端的にいうと、日本においては「私がそう思うから」が根拠なのに対して、米国では「聖書にそう書いてある」が根拠なのである。そこを理解しないと、反知性主義という言葉が底の浅いものと...

続きを読む

リタイアは早い方がいい ~年金生活雑感24

FIRE(ファイアー)はFinancial Independence and Retire Early(経済的独立を達成し、アーリーリタイアする)の略で、もともとアメリカで広まった考え方である。私の若い頃からすでに言われてきたし、いまでも、My Self Relianceなど、まさにそうである。アーリーリタイアした人の何割かは再び現役生活に戻るというが、人生そう思い通りに進む訳ではないし、私だってこれから再就職せずにいられない境遇にならないとは限らない。...

続きを読む

中高年の山歩き 筑波山・薬王院コース(完結編)

御幸ヶ原の食堂を出たのはちょうど正午だった。下山はユースホステル跡地に向けて、「高速登山道」関東ふれあいの道を下る予定である。この道は、食堂のすぐ裏、公衆トイレの横から始まる。男体山頂上で見たとおり、麓から霧が昇って来て見通しはよくない。しかし、道の状態はすばらしくいい。さすが高速登山道だ。道幅が広い上に、傾斜が均等で岩がごつごつすることもない。よく見ると、車の轍のような跡が残っている。この道は車...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

2021/03/26 FC2移行以来の累計アクセス数が10万件となりました。ご愛読ありがとうございます。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -