FC2ブログ

記事一覧

和三盆を伝えたお遍路と向良神社 番外霊場與田寺(完結編)

與田寺からホテルまでの間に、もう一つ行きたい所があった。向良神社(こうらじんじゃ)である。向良神社は、薩摩から来たお遍路がこの地で倒れ、助けてもらったお礼にサトウキビを伝え、それが今日の和三盆になったという故事に基づく。和三盆といえば、和菓子に使われる最も高級な白糖として有名であり、お遍路が伝えたというのである。真念「道指南」にも経路として掲載されておらず、今日また訪れる人の少ない道ではあるが、こ...

続きを読む

ホロビン「天才と分裂病の進化論」

原題 The Madness of Adam & Eve - How Schizophrenia Shaped Humanity 、「アダムとイブの狂気~分裂病はいかにして人間性を形成したか」である。直訳した方が、本の内容をよく表している。いろいろな分野で、私の若い頃よりずっと科学が進歩していると感じるが、その中のひとつが精神医学である。当時は、分裂病、そううつ病、てんかんが三大精神病とされて、その原因は不明とされてきた。遺伝的要素が大きいとみられていたが、...

続きを読む

ほとんどの組織は所詮ゼロサムゲーム ~年金生活雑感23

この間、里山を散歩しながら考えていて、何年か前リタイアの時期に悩んでいた自分がこれを言ってもらえたら助かったなと思うことがあったので、忘れないうちに書いておく。このまま残っていたら大海で沈没する船と同じことになると理屈で分かっていても、リタイアに踏み切るのは容易でない。それは、自分がこれまで費やしてきた時間や労力が、まったく無駄になってしまうという未練である。具体的には、たまった休暇であり、保証さ...

続きを読む

感染者数は高止まり、緊急事態延長は既定方針か

緊急事態宣言から2週間経った。朝のニュースで<オドモテレビ>高瀬アナが、「感染者数は引き続き高い水準にあり、きびしい状況が続いています」と言うけれども、そりゃそうだろうと思う。口だけ緊急事態宣言で終息したらその方が驚きである。感染者数や死者が欧米とは桁違いとはいっても、同じように桁違いに少ない東南アジアでロックダウンなど厳しい措置がとられている。学校も公共施設も「感染対策を万全にして」通常稼働の日...

続きを読む

北尾根に入る脚立が見つからず一苦労 大山北尾根(前編)

2020年11月11日水曜日、天気予報は晴れ。絶好の登山日和である。4時半に家を出発。しかし、初っぱなから出足をくじかれる。この週から東名の集中工事が始まり、秦野中井までずっと車線規制されていたのである。「岩沢さんはそんなこと言ってなかったじゃないか」と愚痴っても後の祭りである。往路は30分ほどの遅れで7時30分にヤビツ峠駐車場に着いた。あと4台分しか空いていなかった。そそくさと支度をすませて出発。登山口はレ...

続きを読む

與田寺は現在では厄除け大師のお寺 番外霊場與田寺(後編)

真念「道指南」には、大窪寺を打った後は十番切幡寺まで歩くことになっているが、これが四国一周を完結するためなのか、一番霊山寺までお礼参りをするという意図なのか、大坂に帰る者の多くが使う経路であったのか、原文を読むだけではよく分からない。道指南冒頭の四国入りの船便には、大坂から阿波・徳島と、大坂から讃岐・丸亀、高松の経路が例示されている。「客が一人ないし男女一人ずつでは船は出ません」と書いてあるから、...

続きを読む

2020NFL CONFERENCE CHAMPIONSHIP展望

Divisional土曜日は2試合ともかなり一方的で、後半早々には勝負がついてしまった。3試合目もかなり一方的で、KCが30点差くらいつけて勝つんだろうと思ってみていたら、まさかのマホームズ負傷。このプレイオフは「持っている」ブラウンズがまたupsetかといきなりスリリングになってしまったが、さすがチーフスとアンディ・リード。チャド・ヘニーが3rdダウンで残りハーフヤードまで走り、4thダウンでタイリーク・ヒルがパスキ...

続きを読む

年金生活2021 【3】2020年の月平均生活費

(3) 2020年の月平均生活費この連載を始めたのは10年ほど前である。当時、老後の収入と支出を比較すると支出が月平均7~8万円多いので、それを補うためには2,000万円の貯蓄が必要などという、荒唐無稽な記事が平気で載っていた。フィナンシャルプランナーなのに、支出を切り詰めるより先に収入を増やせとアドバイスするのかと突っ込んだものだったが、普通に考えれば月30万なければ老夫婦が普通に暮らせないなんてありえない。...

続きを読む

模型飛行機 ~半世紀前の話(12)

子供の頃のことを思い返すと、いまよりずっと多かったのは駄菓子屋である。たいていおばさんが一人でやっていた。ずいぶん歳に見えたが、いまの私より若かったのかもしれない。もう一つ、当時多かったのは模型屋だった。模型屋という名前が正しいかどうかは分からないが、子供たちはそう呼んでいた。子供たちといっても、行くのはもっぱら男の子である。模型屋に売っていたのは、プラモデルやおもちゃなのだが、結構なスペースが模...

続きを読む

中高年の山歩き 大山北尾根(まえがき)

2012年に開始した「中高年の山歩き」シリーズ、今回のレポートがめでたく100話目となる。区切りの100話目の山を、どこにしようか以前から考えていた。10月に高尾・裏高尾に行って人疲れしたこともあり、ひと気のないこの山にまた行ってみたいと思った。その山とは、大山北尾根である。このシリーズを書く以前にも、山に頻繁に行っている時期があった。四半世紀も前のこと、子供が小さかった時である。家族連れなのでそれほど高い山...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

2021/03/26 FC2移行以来の累計アクセス数が10万件となりました。ご愛読ありがとうございます。

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -