FC2ブログ

記事一覧

ネットマージャンとの出会い ~天鳳を楽しむ(1)

先週お伝えしたように、コロナの影響で山に行けない日が続いている。非常事態宣言は解除されたものの、首都圏の住民は山に来ないでくれと自粛要請が出ており、こういう雰囲気は続きそうだ。という訳で山歩きの記事はしばらく載せられないので、ネットマージャンの記事を書くことにしたい。ギャンブル関連の記事は、スポーツブックを除けば2009年以来。十年以上ぶりである。お楽しみいただければ幸いである。----------------------...

続きを読む

最短距離より少し遠回り、そして雨がだんだん強くなる 八十番国分寺(前編)

高照院から、来た道と反対側の坂を下ってゆく。坂出市街から来た道は細くて見通しが利かなかったが、下りは前方が開けて景色がいい。向こうに見える山は五色台だろう。山頂近くに見える建物がニューサンピアで白峯寺のすぐ近く。あの近くまで歩かなければならない。結構距離があるように感じた。その前に国分寺にお参りしなければならない。国分寺へは、この山のへりをずっと進むことになるが、7㎞だから結構距離がある。いま午後...

続きを読む

第61期王位戦、藤井七段が棋聖戦とダブル挑戦

第61期王位戦挑戦者決定戦(2020/6/23)藤井聡太七段 O- X 永瀬拓矢二冠リーグ戦を勝ち進んでいた両者が最終一斉対局も勝ち、ともに全勝で紅組・白組を勝ち抜け、棋聖戦に続く挑戦者決定戦での対決となった。両者とも各棋戦を勝ちまくっている4強の一角であり、コロナの影響で2ヵ月対局が滞っていたことも加わって過密日程を余儀なくされた。タイトル戦は地方会場への遠征を伴うので、移動日を勘案するとほとんど休みなしで...

続きを読む

野良犬 ~半世紀前の話(2)

先日近所の里山を歩いていたら、野生のキジと出くわした。千葉ニュータウンは自然がまだまだ残っていて、散歩していると時々こうしてキジと出会うことがある。二十年前には向こうから全速力でウサギが突進してきたが、最近は見ない。キジ君は私を見てもあわてることもなく、のそのそ畑の中へ遠ざかった。あわてて携帯のカメラで撮影したが、あまりアップでは撮れなかった。生育中のナスの花芽をつついていた。半世紀前、私が子供の...

続きを読む

田中陽希クンはどうしているだろう

コロナウィルスにより、今年の山はどうにも厳しい状況となっている。このブログでは、毎週月曜日に山歩き関連の記事を書くことにしていて、かれこれ7~8年続けてきたのだけれど、3月を最後に山に行くことができない。最後に歩いた雪入山の記事が先週終わって、ついに連載ストップという事態となった。しばらくスポーツジムもプールもやっていなかったので家の周囲の里山を歩いていたのだけれど、6月に入った途端に虫が多く集ま...

続きを読む

貴族政治から武家政治への橋渡しをした崇徳上皇の呪い 七十九番高照院(後編)

崇徳天皇社がこの地に定められたのは、ここに八十場の水が湧出していたからである。このことは「道指南」にも「霊場記」にも書いてあるのだが、なぜ霊水が必要だったのかは書いてない。崇徳天皇は保元の乱の首謀者として流罪とされた身であり、中央の検死を受けるまでそのまま保存しておく必要があったからであった。まず、三輪鳥居からまっすぐ奥にある白峯宮に二礼二拍手一礼でお参りする。参道がまっすぐ伸び、境内には例によっ...

続きを読む

令和2年度の住民税は見込みより1万円少なく済んだ

コロナ騒ぎで市も大変なのだが、住民税の請求だけは忘れずにやってくる。年金生活がルーティンに乗った昨年から、収入にほとんど変わりはないので住民税にも差はないはずである。昨年支払った住民税は年間46,200円。今年も同額で見込んでいた。市のホームページによると請求発送日は6月12日である。ところが、週末の13日・14日になっても届かない。15日月曜日にもまだ届かなかった。2週間後の30日までに支払えという請求なのに、...

続きを読む

歩き遍路モデルプラン(讃岐編2)

いよいよ大窪寺までお参りして結願。モデルプランではちょうど50日となりましたが、天候や体調もあるので何日か余裕をみた方がいいと思う。また、別格二十札所をお参りする場合には箸蔵寺で2日、慈眼寺、金山出石寺、仙龍寺、大滝寺で各1日、大山寺、海岸寺も八十八ヶ所の経路から半日以上を要するので、8~10日多くかかる。[48日目]前日泊・白峯寺周辺、当日泊・高松市内8:00 白峯寺 [移動150分] → 10:30 八十二番根香寺 ...

続きを読む

閑居山から引き返して森林公園に戻る 雪入山(後編)

剣ヶ峰の標高が360m。1/25000図によるとパラボラ山の標高は390mくらいあるから、パラボラ山の方がやや高い。そして、剣ヶ峰から5分ほど歩いた先にある雪入山の山名標には、346mとある。さらに低い。この346mという数字は、1/25000図の独立標高点の高さである。確かにピークではあるが顕著なピークではなく、山と呼ぶには物足りないような気もする。想像するに、古くはこの稜線全体を雪入山と呼んでいたのではなかろうか。そう呼ん...

続きを読む

崇徳上皇ゆかりの八十場の水でところてんを食す 七十九番高照院(中編)

住宅街をしばらく歩いた後、商店街となるけれども、ほとんどシャッターを下ろしている。この商店街は2~3km続いたのでかなりの規模だと思うのだが、いまとなっては寂しい風景である。幹線道路ではないので車はほとんど通らないのだが、まっすぐな上にアーケードになっていることもあって、すごい閉塞感がある。しばらく歩いていたらひどく疲れてしまった。ちょうど石のベンチが置かれていたので休む。5分ほど休んで出発。シャッ...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -