FC2ブログ

記事一覧

翌朝のお勤めと戒壇めぐり 七十五番善通寺(後編)

夕飯を食べたら眠くなってしまい、歯を磨いて午後7時過ぎには寝てしまった。こんなに早く眠れるかなと思っていたら、心配することもなく寝入ってしまった。御影堂近くの静かな環境で、ここ数日の標高差のある登り下りで疲れもたまっていたのかもしれない。午前5時近くなると、他の部屋を出入りする物音がし始めたので、私も起きることにした。洗面をすませ、白衣に着替え、6時15分前に部屋を出る。受付のあたりは団体客でいっぱ...

続きを読む

令和元年分の確定申告

年が明けると、確定申告である。住基カードから個人情報カードに切り替えたこともあり、今年もe-TAXで申告する。例年であれば新年早々に国税庁の確定申告コーナーが更新されるので、おもむろに開いてみる。すると、確定申告コーナーのレイアウトが昨年とは微妙に変わっている。そして「昨年のデータを使って申告」をクリックすると、なぜかメッセージが出て先に進めない。「Microsoft Edgeは令和2年2月1日より対応予定です」と...

続きを読む

豊島竜王名人、叡王挑戦へ ~第5期叡王戦

第5期叡王戦挑戦者決定三番勝負(2020/2/6-2/24)豊島将之竜王名人 O 2-1 X 渡辺明三冠叡王戦は最も新しいタイトル戦である。その前に竜王戦ができたのが1988年、昭和終わりなので、平成唯一の新設タイトルということになる。タイトル戦に昇格した第3期の高見・金井がC級1・2組、第4期挑戦者決定戦の永瀬・菅井がB級1組だから、3年目にして初めて名人・A級が上がってきたということになる。そして、4月からの...

続きを読む

加波山の先達は四国遍路の先達とは違うらしい 燕山・加波山(後編)

燕(つばくろ)山からアンテナ塔の横を通り、いったん林道を下って行く。しばらく進むと大きな拝殿が見えてくる。加波山神社山頂拝殿である。今日加波山神社を名乗っているのはかつての中宮で、麓にある里宮(通常、加波山神社といえばここを指す)もこの系列である。加波山神社は本宮・親宮・中宮の3社からなり、加波山頂上付近にはそれらのお宮がそれぞれ建てられていてよく分からない。加えて、たばこ神社という摂社や拝殿、石碑...

続きを読む

いろは会館はマストの宿坊 七十五番善通寺(中編)

五岳山善通寺(ごかくさん・ぜんつうじ)。五岳山はお寺の背後にある五つの峰、香色山、筆山、我拝師山、中山、火上山から採られた山号であり、それらの峰々で弘法大師が修業されたことを示している。善通の寺号は弘法大師の父、佐伯善通から名付けたもので、本堂エリア・東院伽藍は弘法大師が学んだ唐の青龍寺に倣ったものという。現在の御影堂(みえどう)は、弘法大師が生まれ育った佐伯家の邸宅跡に建てられたものといわれ、江...

続きを読む

下り坂をゆっくり下る ~年金生活雑感14

先日、題名につられて平田オリザの「下り坂をそろそろと下る」を読んだのだが、想像していたのと全く違った内容で、書評を書こうという気になれなかった。この本では、「下り坂」といいながら文化活動という別の山に登ることが書かれている。せっかく経済成長という山から下りてきたのに、また違う山に登ってどうするのかと思う。まあ、作家であり劇団主宰者であり、地方活性化にお座敷のかかる人だから仕方のないことかもしれない...

続きを読む

歩き遍路モデルプラン 伊予編2

モデルプラン伊予編2回目。今回は大宝寺から松山市内まで。お参りするより歩く方が多かった前回と比べ、札所の数が格段に増える。歩くのも街中が多くなるので、これまでとは勝手が違うので気をつけたい。[31日目]前日泊・砥部町周辺、当日泊・畑野川周辺8:00 砥部町周辺 [移動210分] → 11:30 鴇田峠 [休憩20分・移動130分] → 14:00 四十四番大宝寺[40分・120分] → 16:40 畑野川周辺広田に宿をとれば、午前中に鴇田峠(...

続きを読む

燕山を前にして太ももが悲鳴 燕山・加波山(中編)

おじいさんと別れて、雨引山(あまびきさん)に向かう。いつも登山道を整備している人がいるということで、よく手入れされている。それほど急こう配もなく、たいへん歩きやすい道である。岩瀬駅を出てから1時間40分、10時10分に雨引山到着。標高は403mである。東屋にはすでに先客の老夫婦がいて、筑波山と富士山を望む特等席で早いお昼をとっていた。筑波山の左に見える大きな山が燕山・加波山と思われるが、逆光でまともに見るこ...

続きを読む

お大師様のおひざ元、善通寺に到着 七十五番善通寺(前編)

甲山寺の駐車場から、弘田川に沿って歩く。立派な山門を出ると、目の前にベルトコンベアから採石が落ちる音と光景が現われる。甲山のこちら側は採石場になっているのである。もともと信仰の山であった武甲山も天祖山もこうなっているのだけれど、なんだか寂しい光景である。このあたりは工業地帯で、川をはさんで工場や資材置場の区域が広がる。お寺までは水田がありお墓があり、抜けると工業地帯というのはちょっとシュールである...

続きを読む

今年初めての国会図書館

リタイアしてから、2~3ヵ月に一度国会図書館に行くことにしている。地元の図書館に置いていない本もあるし、たまには電車に乗って都心の様子をみておきたいからである。1月の終わりに、2020年になって初めて行って来た。国会図書館は、普通の図書館のように資料が開架しているのではなく、コンピュータの端末で所蔵資料をリクエストし(3冊以内)、出してもらって図書館の中で閲覧するというシステムである。年末とか連休前で...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29