FC2ブログ

記事一覧

中高年の山歩き 奥多摩むかし道(前編)

三頭山から下りてきた時には疲労困憊してこのまま帰ろうかと思ったくらいだったが、鉢の木で気持ちいいお風呂とビール大瓶2本と澤乃井で夕飯をいただいて泥のように眠ったら、翌朝の体調は悪くなかった。予定どおり「奥多摩むかしみち」を歩くことにした。午前5時前からヘリの音がにぎやかだった。雲取方面で遭難でもあったかと思ったくらいだったが、この日は一日中ヘリが行ったり来たりしていたし、奥多摩駅前に警察の人もいた...

続きを読む

日暮れ前にようやく下山、人のことは言えない 三頭山(完結編)

イヨ山方面とムロクボ尾根の分岐はヌカザス山への最後の急登前にあったので、体力が温存できてたいへんありがたかった。とはいえ、この尾根の下り口はいきなりまっさかさまの急降下である。吉備人地図でも(注)急傾斜ロープと書いてある凶悪な坂だ。ロープには1m置きに結び目が結ばれており、ロープをつかんで後ろ向きになり慎重に下りる。この急傾斜をクリアすると、あとは比較的歩きやすかった。大きく迂回しながらスイッチバ...

続きを読む

ゆっくりする間もなくヌカザス尾根へ 三頭山(後編)

当初予定では下山途中であるはずの午後2時過ぎ、まだ東峰下の展望台にいた。すでに午後5時台のバスは絶望的で、それよりも日が暮れるまでに下山できるかが心配になってきた。ありがたいことに、東峰は展望台からすぐだった。木製の山名標と三角点があるが、ベンチなどはない。そのまま通過して、中央峰もすぐ先だった。こちらも東峰同様に木の山名標と、少し先にベンチが2脚ほど置いてある。都民の森休業日であり、誰もいなかっ...

続きを読む

急傾斜と暑さでペースが上がらない 三頭山(中編)

さて、この日の計画だが10時数馬出発、11時過ぎに都民の森で、1時頃には頂上に着いて遅くとも2時までには下り始めるスケジュールであった。下りを3時間とみて、17時14分に峰谷橋を通過するバスに乗れば午後6時に宿に入れるはずである。そして、もし都民の森までショートカットできれば距離が短縮されるので、うまくいけばドラム缶橋を通らなくても何とかなるのではないかと考えたのであるが、先に書いたようにショートカット道...

続きを読む

中高年の山歩き 三頭山(前編)

この春は筑波山塊に2回行った後、3日置きに雨が降るという変わりやすい天気になって、その後一気に暑くなった。あまり暑いと山はお休みだが、気象庁のHPを見ると奥多摩は30℃には届かないようだ。湿度も夏の盛りほどではないので、1年ぶりに奥多摩に行くことにした。奥多摩で未登の山で、行ってみたかったのは三頭山である。御前山に昨年登ったのでその奥ということが一つと、昨年春に中国人登山客が遭難騒ぎを起こしたことが...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。
SSL化整備おおむね完了(2019/05/11)。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31