FC2ブログ

記事一覧

くやしくて、1週間後に再挑戦 男の川再挑戦(前編)

筑波山で男の川ルートの遡上に失敗して、たいへん気になっていた。これを解決しないことには、先に進めない。翌週の2月10日、1週間しか経っていないが再挑戦することにした。年金生活者の特典である。以前は、冬の山歩きは房総と決まっていた。雪が降ることなどめったになく、寒さは他とは段違いである。春先になるとヒルが出るので、房総を歩こうと思ったら冬しかない。ところが、同じ県とはいえ、房総は遠いのである。高速に乗...

続きを読む

薬王院合流点から下山して正規ルートを確認 筑波山・男の川ルート(完結編)

自然研究路の先端、薬王院コースへの下山口からすぐの場所に、男の川コースの下山口がある。よく分からない漢数字で印のつけてある大岩のところで、登山道が左右に分かれている。左に進むと薬王院コースと坊主山への登山道があり、右が男の川ルートである。目印の岩から茂みに入るあたりに、汚れて半分読めなくなった注意書きがある。ちゃんと看板にせず、プリントアウトしたものをパウチしただけのようだ。「このルートは道ががは...

続きを読む

男体山自然研究路は通行止め 筑波山・男の川ルート(後編)

当初の予定では、午後は女体山まで歩いてキャンプ場に下りる計画としていたが、男の川ルートをちゃんと登れなかったので、下ってみてルートを確かめることにした。とはいっても、この時点では沢を間違って遡ったとは思っておらず、あの荒れたガレ場を逆から突破するのは嫌だなと思っていた。この日はちゃんと頭が働いていなかったようである。まず、坊主山方向に向かって少し戻る必要がある。この日は男体山に登らずに、自然研究路...

続きを読む

バリエーションルートは甘くない 筑波山・男の川ルート(中編)

大滝不動から上にも、ここまでと同じような登山道が続いている。踏み跡などという心細いものではなく、しっかりした登山道である。これが坊主山近くまで続くということはあるまいと思っていた(これが大間違い)。WEBを見て、沢に沿って右岸と左岸を行き来するような道を想像していたので、しだいに踏み跡が心細くなり、ガレ場と沢を歩くようになってもそれほど心配しなかった。沢の源頭部で尾根道に登るのだろうと思って、どんど...

続きを読む

筑波山では数少ないバリルートへ 男の川ルート(前編)

緊急事態で遠出ができない日が続いている。2月の山行も、車で2時間足らずと近場の筑波山にせざるを得なかった。ほとんどのハイキングコースを登ってしまったので、今回はバリエーションルートである男の川(おのかわ)ルートを選んでみた。前回、薬王院コースを歩いた時、林道に車が多く止まっているのはなんだろうと思って調べたのがきっかけだった。筑波山のバリエーションルートは男体山からの男の川ルートと、女体山からの女...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

2021/03/26 FC2移行以来の累計アクセス数が10万件となりました。ご愛読ありがとうございます。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -