FC2ブログ

記事一覧

四国遍路の教訓1 スケジュールは自分で考える

毎週月曜日は山の記事を書くことにしているが、先日の台風により私がよく行く奥多摩、丹沢、秩父周辺でたいへんな雨となり、山歩きできるような状況ではなくなってしまった。奥多摩駅周辺では断水のためトイレが使えないというし、日原方面への唯一の道路が通行不能になりバスも不通となってしまった。丹沢湖では1時間に100㍉の集中豪雨があって、西丹沢ビジターセンターは臨時休館中である。秩父や栃木も同様であろう。地元の人...

続きを読む

予定よりかなり遅れて小松尾山到着 六十七番大興寺(中編)

大興寺が近づくと、いくつかあるため池を迂回しつつ進む。まっすぐ進めるとは限らないので、見た目よりも距離がある。真念「道指南」にも「この間池二つ有 ふたつめにしるし石有」と書かれているが、小さい池を合わせると現在ではもっと多い。とはいえ、地図でみる限り最も大きいはずの岩鍋池にはほとんど水はなく、土色をした底土が見え、その中を細い川が流れているだけだった。1週間ほど前に台風が来て大雨になり、横峰寺のあ...

続きを読む

容赦ない傾斜が続く雲辺寺からの下り 六十七番大興寺(前編)

雲辺寺を出たのが午前11時。昼前に出られれば後はなんとかなると思っていたので、ここまでは順調といってよかった。次は「大興寺9km」である。歩き始めは、3時間かかっても午後2時到着とたいへん甘く考えていた。実際に、遍路地図別冊の歩行距離表には、雲辺寺・大興寺間の平均所要時間は3時間と書いてある。だから、その時間で歩ける人もいるのだろうけれど、正直、ここはハードだった。そう簡単には着かない。ちなみに「四国...

続きを読む

四国札所歩き遍路 六十六番雲辺寺(完結編)

さて、この雲辺寺は他の札所と比べてたいへんひと気が多く、どこを歩いてもざわついている。ほとんどの参拝者は遍路ではなく、雲辺寺だけをお参りしに来た人達か、観光客かどちらかである。さすがにロープウェイの存在は大きいということであるが、同様にロープウェイのある太龍寺よりも、さらに人出が多いようだ。 もちろん、香川と徳島の経済力の差ということもあるのだろうけれど、お寺の経営努力という側面もあるような気がす...

続きを読む

ご本尊は千手観音、でも「道指南」には十一面観音と書いてある 六十六番雲辺寺(その5)

雲辺寺には着いたが、遍路道から歩いて入ると参道の途中から入った形になるので場所がよく分からない。このお寺は、ロープウェイで登って来た参拝者が山門から順路に従って進むのである。まず手水場を探すけれども見当たらない。弘法大師が杖を突いて作った水堂という建物が目の前にあるのだが、「ここは水を飲むところです。手を洗わないでください」と書いてある。でも、他に手水場が見つからないので、仕方なくお賽銭を置いて水...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)のブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -