FC2ブログ

記事一覧

土砂崩れの写真を見せていただく 六十番横峰寺(その3)

石槌山横峰寺(いしづちさん・よこみねじ)、「つち」は金偏に夫と書くのが古い字体だが、それだと「おの」としか読まないというのが「霊場記」の指摘である。横峰寺でも山門には「石槌山」と書かれているし、IMEで出てこないということもあるので、ここではそちらで勘弁していただきたい。お寺に着いたのは午後0時半。小松総合支所から4時間半、バス待合所から3時間、平野林道料金所から2時間かかった。おかげさまで道路状況...

続きを読む

遍路道不通のため平野林道を登る 六十番横峰寺(その2)

ダム湖に沿った道路には土産物屋らしき建物が見えるが、開いていないようだ。吉祥寺にも象がいたが、この店のシャッターにも歓喜天の絵がペイントされている。石槌信仰と何か関係があるのだろうか。そのすぐ先で、右へ道が分かれている。どうやら、ここが平野林道への分岐のようだ。こちらの道も舗装道路だが、傾斜が急で道幅も狭い。急坂を登ったところが横峰寺への送迎バスの待合所になっていて、奥には旅館兼売店がある。自販機...

続きを読む

四国札所歩き遍路 六十番横峰寺(その1)

注.2018年の台風被害により、横峰寺への遍路道が通行止となりました。そのため、六十一番から六十三番をお参りした後、平野林道経由で六十番横峰寺をお参りしています。--------------------------------------------------------------2018年10月11日、夜中から雨粒が屋根に当たる音がしていたので、雨の歩きになることは覚悟していた。午前6時半からの朝食は鯛茶漬、鯛のお刺身をご飯に乗せて熱い出汁をかける。この食事に温泉...

続きを読む

第9次1泊目は小町温泉しこくや 六十三番吉祥寺(後編)

お参りを終えて納経印をいただくと午後3時過ぎであった。この日の宿である小町温泉しこくやへ行くには2km先の小松総合支所からバスだが、この時間だと間に合わずその次は2時間先である。仕方なく、遍路地図に書いてあったタクシー会社に電話すると、5分も経たないで通用門のところに車が来た。トラロープをまたいで境内から出て、乗せていただく。「ちょうどお遍路さんを石鎚山の駅まで乗せたところだったんで、すぐに来れまし...

続きを読む

札所唯一の毘沙門天ご本尊と狛象 六十三番吉祥寺(前編)

この日三つ目の札所となる吉祥寺(きちじょうじ)に向かう。、「遍路地図」には「きっしょうじ」と表記されているが、霊場会HPの表記も山門前の振り仮名も「きちじょうじ」である。われわれ首都圏の人間からすると、三鷹の先の吉祥寺と同音の方がなじみ深いが、タクシーの運転手さんも「きっしょうじ」と言っていたから、何か由来があるのかもしれない。香園寺、一ノ宮と同じく小松の市街地にある。次の六十四番前神寺も3kmほど...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty、忍者などのブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。
SSL化整備おおむね完了(2019/05/11)。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -