FC2ブログ

記事一覧

出釈迦寺から捨身ヶ嶽禅定へ 七十三番出釈迦寺(前編)

曼荼羅寺を出ると、出釈迦寺まで800mの標識がある。間には、大きな墓地があり、車道の途中から西行庵への道を分ける。まさに、本堂と奥ノ院といってもいい位置関係である。10分ほど歩くと出釈迦寺の階段が見えてくる。その前にある大きな建物は「民宿坂口屋」と書いてあるが、遍路地図にも載っていないので、ずいぶん前から営業していないようだ。「坂口屋」というと太龍寺から下りてきた民宿を思い出す。相当な設備投資をしただろ...

続きを読む

我拝師山の山号・天霧山を見て採石について思う 七十二番曼荼羅寺(後編)

善通寺の市街地が見えてきたあたりで、道は左右に分かれる。左が国道11号線で、右が曼荼羅寺・出釈迦寺に向かう県道である。県道も片側一車線で、同じくらい幅がある。分岐してすぐの場所に、遍路休憩所があった。ベンチに屋根がついた簡単な造りだが、背面に七十一番から七十五番善通寺までの地図がある。その地図に曼荼羅寺まで1.3kmとあったので、そのくらいなら休まないで歩いてしまおうと先に進む。気持ちのいい坂道をのんび...

続きを読む

四国札所歩き遍路 七十二番曼荼羅寺(前編)

2018年10月16日、サニーイン3日目の朝は、この遠征で初めて目覚ましが鳴るまで起きなかった。21時就寝の6時起床だから家にいる時と同じで、睡眠は十分である。前日と違ってだるさはないけれども、肩の痛いのは相変わらずだ。残り少ないロキソニンテープを貼る。このホテルはチェーンホテルと違って設備は古いけれども、客室は広くて荷物を広げても狭さを感じないし、伸び伸びする。BSが映るのもいいところで、田中陽希の百名山...

続きを読む

弥谷寺からJRみの駅に引き返したが遠かった 七十一番弥谷寺(後編)

真念「道指南」に、「白方へかけぬれば山越に行道有」と書かれているが、白方とは海岸寺のあるたりの地名である。海岸寺は別格二十霊場の十八番札所であるとともに善通寺の奥ノ院でもあり、弘法大師誕生所を善通寺と争ったこともあるという。朝の予定では山越えして海岸寺をお参りしようと思っていたのだが、もう午後3時になるし、道もよく分からない。おそらく天霧城方面という山道を行くものと思われたが、納経所からまた登らな...

続きを読む

歩き遍路モデルプラン 土佐編3

今回は土佐編の3回目。四国南岸はすべて土佐であり、距離も長く必要な日数も長い。その割に札所の数はそれほど多くないので、1日のほとんどは歩きに費やされると言っていいほどである。[21日目]前日泊・黒潮町周辺、当日泊・下ノ加江周辺8:00 黒潮町 [移動210分] → 11:30 四万十大橋 [休憩15分・移動45分] → 12:30 四万十川自然公園[15分・105分] → 14:30 ドライブイン水車 [60分・90分] → 17:00 下ノ加江周辺黒潮...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -