FC2ブログ

記事一覧

札所唯一の馬頭観音ご本尊 七十番本山寺(後編)

七宝山本山寺(しっぽうさん・もとやまじ)。山号は観音寺・神恵院と同じく背後の七宝山から。本山庄にあることから本山寺と呼ばれるようになったが、もとは長福寺という寺号だったと「霊場記」にある。その霊場記挿絵を見ると、立地が現在とほぼ変わりないので驚かされる。川沿いの道から、仁王門を入って奥に本堂があるのは江戸時代から変わらない。しかし、本堂の横に五重塔はない。明治時代になって再建されたからである。鎌倉...

続きを読む

歩き遍路モデルプラン 土佐編1

歩き遍路モデルプラン、今週からは土佐編。改めて確認しておくと、このプランは私がもう一度歩くとしたらこういう日程で歩きたいということであり、人それぞれの目的・体力に応じて当然変わってくる。午前8時行動開始。午後4時最後の札所到着という基本方針は変わらない。[土佐編・概要]比較的短い間隔に札所が集まっていた阿波に比べ、土佐は札所と札所の間に長い歩きが必要な場所が多い。だから、行動時間のほとんどを移動に使...

続きを読む

手賀沼湖畔によく似た道を本山寺へ 七十番本山寺(前編)

県道に復帰し、財田川に沿って本山寺を目指す。歩道が広く、片側一車線の立派な県道である。川の向こうには平野が広がり、前日歩いた小松尾山からの道がどこかにあるはずだが、見ただけではよく分からない。遍路地図を見ると、琴弾八幡・観音寺を頂点にV字の経路となるので、距離的には小松尾山から本山寺に直行した方がずっと近い。このあたりを歩いていて、足がなかなか進まないのには困った。前日のハードスケジュールが祟った...

続きを読む

歩き遍路モデルプラン 阿波編(2)

先週に引き続いて、歩き遍路モデルプラン阿波編の後半。鶴林寺から平等寺に至る3度の峠越えは、焼山寺に勝るとも劣らない遍路ころがし。民宿の廃業で泊まる場所が限定されてしまうのもネックとなる。[5日目]前日泊・大日寺周辺、当日泊・徳島市内8:00 十三番大日寺 [移動50分] → 8:50 十四番常楽寺 [お参り25分・移動15分] → 9:30 十五番国分寺 [お参り25分・移動35分] → 10:30 十六番観音寺 [お参り25分・移動50分] ...

続きを読む

四回続けて読経はさすがにちょっと疲れる 六十九番観音寺(後編)

七宝山観音寺(しっぽうざん・かんおんじ)、お寺の名前も市の名前も「かんのんじ」ではなく「かんおんじ」である。観音(観世音)菩薩からではなくお経の文言から採ったと聞いたことがあるが、細かいところは忘れてしまった。山号の七宝山は観音寺市・三豊市・善通寺市にまたがってそびえる山塊であり、弘法大師が瑠璃・珊瑚・瑪瑙など七宝を埋めて地鎮したことによると伝えられる。雲辺寺から下りてくる時にも方角の目印となる山...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -