fc2ブログ

記事一覧

百科事典 ~半世紀前の話32

いまから半世紀前、百科事典はたいていの家にあった。「あ-かょ」とか何のことだろうと思っていたのだが、家にも置かれるようになって、五十音のどこからどこまで載っているかを示すことと分かった。子供達の中には、「世界少年少女文学全集」みたいな本を揃えている家もあったが、どちらかというと教育熱心な家庭であった。基本的に、子供しか読まないからである。百科事典は大人も読むので、文学全集より利用者層が広い。いまで...

続きを読む

アマチュア無線、似た運命にあるのは? ~半世紀前の話31 

先日、知床観光船沈没のことを書いていて、そういえば昔アマチュア無線が流行ったなあと思った。船舶無線や航空無線などの業務用無線とアマチュア無線は違うけれど、半世紀前にはたいへん先進的な技術と思われていたのでした。当時、通信教育や資格取得というと、必ず出てくるのがアマチュア無線だった。資格を取るためには技術や規則を覚えなければならないし、その上で機械を購入しなければ使えない。頭脳だけでなく資金力も求め...

続きを読む

半世紀前の話30 編み機

私が使っているプリンタはブラザー製である。電気店でもパソコンショップでも、エプソン、キャノンとともにプリンタ大手の一角を占めており、インクカートリッジの補充に不便を感じることはない。ところがこのブラザー、もともとはミシンとか編み機のメーカだったのである。半世紀前には、一般家庭の多くに編み機が置かれていた。どちらかというと、金持ちの家よりもそうでない家に多かった気がする。というのは、まだ日本は貧しく...

続きを読む

半世紀前の話29 計算尺

小さい頃便利だなあと思ったものの中で、いまではまったく使われなくなったものの一つに計算尺がある。半世紀前は電卓などというものはなかったので、計算は手でやるしかなかった。足し算引き算はソロバンでやるのが普通で、私が社会人になった当時の銀行ではソロバンを使う人が珍しくなかった。もちろんソロバンでも掛け算割り算ができるのだが、足し算引き算と違って九九ができないと計算できない。九九を使うのであれば筆算でも...

続きを読む

半世紀前の話28 深夜放送黄金時代

この間図書館で徳光さんの本を読んでいたら、土居まさるとは立教大学放送部以来の付き合いと書いてあった。土居まさるはその後TVアナウンサーとしても人気を博したが、もともと文化放送(ラジオ)のアナウンサーで、深夜放送「セイ!ヤング」の司会(パーソナリティ)をやっていたのである。私が深夜放送を盛んに聞いていたのは中学の頃から大学受験までの5~6年間で、その頃深夜放送は最初の黄金期を迎えていた。TBSの「パック...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

5年前にリタイア、気ままな年金生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の12ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -