FC2ブログ

記事一覧

第78期順位戦終了、渡辺三冠がA級全勝で初の名人挑戦

今年度の順位戦が、3月12日のB級1組を最後に終了した。今年の順位戦は星が偏るクラスが多く、1月中に渡辺三冠の名人挑戦、菅井七段のA級昇級(昇段)、丸山九段のB1復帰が決まった。2月の対局では、藤井七段のB2昇級、高見七段(前叡王)のC1昇級、斎藤七段(前王座)のA級昇級(昇段)が決まり、3月に持ち越されたのはC2の残り2枠、C1、B2の残り1枠のみとなった。降級も、A級から久保九段、B1から谷川九...

続きを読む

渡辺棋王、本田五段を3-1で破りタイトル8連覇

第45期棋王戦五番勝負(2020/2/1-3/17)渡辺明棋王 O 3-1 X 本田奎五段初出場で挑戦権を獲得した本田奎五段。棋王戦はアマと女流にも出場枠があるので、もし同じことができればアマでも女流でも挑戦権に手が届く。充実著しい渡辺三冠にどこまで迫ることができるか興味深い番勝負となった。本田挑戦者はデビュー以来間もないため、五番勝負第1局が渡辺棋王とは初手合いとなった。勝ち上がりの過程で、現二冠の永瀬七段、...

続きを読む

豊島竜王名人、叡王挑戦へ ~第5期叡王戦

第5期叡王戦挑戦者決定三番勝負(2020/2/6-2/24)豊島将之竜王名人 O 2-1 X 渡辺明三冠叡王戦は最も新しいタイトル戦である。その前に竜王戦ができたのが1988年、昭和終わりなので、平成唯一の新設タイトルということになる。タイトル戦に昇格した第3期の高見・金井がC級1・2組、第4期挑戦者決定戦の永瀬・菅井がB級1組だから、3年目にして初めて名人・A級が上がってきたということになる。そして、4月からの...

続きを読む

本田四段、タイトル戦初出場で挑戦権獲得の快挙 第45期棋王戦

第45期棋王戦挑戦者決定二番勝負第2局(2019/12/27)(2019/12/27)本田奎四段 O - X 佐々木大地五段棋王戦は妙なトーナメントである。本戦トーナメントに1回戦スタート、2回戦スタート、3回戦スタートの組があり、条件が異なる。竜王戦や名人戦(挑戦者決定戦)のようなプレイオフ形式であればともかく、それ以外のトーナメントでは例がない。私見では、本戦トーナメントは勝ち上がり条件を均等にするのがフェアであり...

続きを読む

豊島また逆転で史上4人目の竜王名人に

第32期竜王戦七番勝負(2019/10/10~12/07)豊島名人 O 4-1 X 広瀬前竜王木村九段との夏の十番勝負をフルセット戦った豊島名人が、広瀬前竜王を4対1で下して初の竜王を獲得、史上4人目の竜王・名人となった。今回の竜王戦は、第3局・第5局で、2日目夕方まで広瀬竜王優勢とみられていた局面から豊島名人が逆転した。ともに興味深い1局だったが、ここではカド番に追い込んだ第3局をとりあげたい。先手番の豊島名人...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -