FC2ブログ

記事一覧

第34期竜王戦決勝トーナメント開幕

コロナ非常事態の影響で、昨年よりほぼ1ヵ月遅れで竜王戦決勝トーナメントが開幕となる。先週までに、出場13棋士が確定した。昨年のトーナメントとの最大の違いは、藤井七段の組み合わせが格段に恵まれたことである。ランキング3組優勝は4組優勝より1回戦違うということ以上に、藤井七段と当たるメンバーが昨年と比べるとかなり違っている。豊島は竜王タイトル保持者だし、残る4強の渡辺三冠、永瀬二冠がランキング1組で敗れ...

続きを読む

第61期王位戦、藤井七段が棋聖戦とダブル挑戦

第61期王位戦挑戦者決定戦(2020/6/23)藤井聡太七段 O- X 永瀬拓矢二冠リーグ戦を勝ち進んでいた両者が最終一斉対局も勝ち、ともに全勝で紅組・白組を勝ち抜け、棋聖戦に続く挑戦者決定戦での対決となった。両者とも各棋戦を勝ちまくっている4強の一角であり、コロナの影響で2ヵ月対局が滞っていたことも加わって過密日程を余儀なくされた。タイトル戦は地方会場への遠征を伴うので、移動日を勘案するとほとんど休みなしで...

続きを読む

コロナ影響も藤井七段が最年少タイトル挑戦へ ~第91期棋聖戦

第91期棋聖戦・挑戦者決定戦(2020/06/04)藤井聡太七段 O - X 永瀬拓矢二冠 コロナの影響により約2ヵ月間対局が進まなかった将棋界、ようやく非常事態宣言が解除されて動き出した。将棋界は新聞社の予算で動くので、1年間のスケジュールは固定である。つまり、伸びた分は収めなければならず、問題なのはスケジュールである。名人戦と叡王戦の七番勝負が東西対決なので、対局者の移動が伴うため全く進めることができなかった...

続きを読む

渡辺王将フルセットを制し防衛、三冠維持 ~第69期王将戦

第69期王将戦七番勝負(2020/1/12-3/26)渡辺明王将 O 4-3 X 広瀬章人八段七番勝負が始まる前の渡辺三冠の充実度はめざましかった。2019年4月以降、敗れた相手は豊島名人のみ、勝率は8割を超え、順位戦は全勝街道を驀進していた。王将戦・棋王戦とも圧倒的な強さで防衛して、名人挑戦に臨むことは確実と思われた。ところが、年末くらいからスケジュールが立て込んでくると、並行して調子も下降してしまう。負ける時は中...

続きを読む

第78期順位戦終了、渡辺三冠がA級全勝で初の名人挑戦

今年度の順位戦が、3月12日のB級1組を最後に終了した。今年の順位戦は星が偏るクラスが多く、1月中に渡辺三冠の名人挑戦、菅井七段のA級昇級(昇段)、丸山九段のB1復帰が決まった。2月の対局では、藤井七段のB2昇級、高見七段(前叡王)のC1昇級、斎藤七段(前王座)のA級昇級(昇段)が決まり、3月に持ち越されたのはC2の残り2枠、C1、B2の残り1枠のみとなった。降級も、A級から久保九段、B1から谷川九...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -