FC2ブログ

記事一覧

第92期棋聖戦、渡辺名人逆転でリターンマッチへ

第92期棋聖戦挑戦者決定戦(2021/04/30)渡辺明名人 O - X 永瀬拓矢王座昨年までは名人戦と棋聖戦の間に叡王戦があったのだが、主催者交代のどさくさで開催時期が半年ずれたようだ。昨年はコロナのあおりを受けて準決勝以下1週間で番勝負までやってしまった棋聖戦、今年はきちんと間隔をとってトーナメントが進行した。準決勝には前棋聖の渡辺名人、四強の一角永瀬王座に対して、山崎隆之八段、中村太地七段が残った。山崎八段...

続きを読む

第46期棋王戦、渡辺棋王タイトル9連覇

第46期棋王戦五番勝負(2021/2/6-3/17)渡辺明棋王 O 3-1 X 糸谷哲郎八段第1局を糸谷八段が制した時はバージョンアップなったかと思われたのだけれど、第2局から渡辺が3連勝で終わってみればあっさり防衛。渡辺はこれで棋王9連覇となった。ちなみに、棋王戦の最長記録は羽生永世棋王の12連覇である。この両者の対戦成績は番勝負前の段階で渡辺15勝、糸谷5勝。王将戦の渡辺・永瀬同様に大差で渡辺棋王がリードしている...

続きを読む

第70期王将戦、渡辺王将4-2で永瀬王座を退ける

第70期王将戦七番勝負(2021/1/9-3/14)渡辺明王将 O 4-2 X 永瀬拓矢王座第70期王将戦は、激戦の挑戦者決定リーグを永瀬王座が勝ち上がった。四強同士の番勝負であり、2020年叡王戦同様の激戦が予想されたのだが、意外にも渡辺王将が第1局から3連勝、早々と防衛に王手をかけた。もともと渡辺王将は永瀬王座に相性がよく、七番勝負開始前で渡辺10勝、永瀬3勝、1千日手と差が開いていた。通算勝率7割を超える永瀬王座にし...

続きを読む

第79期順位戦終了、名人挑戦はさいたろう八段

第79期順位戦が、3月11日のB級1組を最後に終了した。今回からB1からC1までの昇級・降級枠が2から3に拡大された。永瀬王座、藤井二冠、高見七段のタイトル保持者・経験者は手堅く、横山七段、高崎七段といった頭ハネの常連もまた昇級を果たしている。A級順位戦は、2月26日に静岡で一斉対局。この日までに降級二人(三浦九段、稲葉八段)が決まり、挑戦権も斎藤、広瀬の二名に絞られたため、多くの棋士にはそれほどプレッ...

続きを読む

第46期棋王戦トーナメント、糸谷八段5年ぶりタイトル戦へ

第46期棋王戦挑戦者決定二番勝負(2020/12/18-28)糸谷哲郎八段 O 2 - 0 X 広瀬章人八段  デビュー初年度の本田五段(当時四段)が昨年の挑戦者だったように、新鋭棋士が活躍する棋戦として定評のある棋王戦だが、今年はタイトル戦に実績のある4名が勝ち残った。4名とも、渡辺棋王と番勝負を戦った経験がある。昨年に続いてのベスト4入りは広瀬章人八段のみ。準決勝で広瀬と当たるのは、四強の一角、永瀬王座である。永...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。

過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイト(2018- )の15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

2021/03/26 FC2移行以来の累計アクセス数が10万件となりました。ご愛読ありがとうございます。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -