FC2ブログ

記事一覧

札所唯一の毘沙門天ご本尊と狛象 六十三番吉祥寺(前編)

この日三つ目の札所となる吉祥寺(きちじょうじ)に向かう。、「遍路地図」には「きっしょうじ」と表記されているが、霊場会HPの表記も山門前の振り仮名も「きちじょうじ」である。われわれ首都圏の人間からすると、三鷹の先の吉祥寺と同音の方がなじみ深いが、タクシーの運転手さんも「きっしょうじ」と言っていたから、何か由来があるのかもしれない。香園寺、一ノ宮と同じく小松の市街地にある。次の六十四番前神寺も3kmほど...

続きを読む

井上世界の晴舞台 vsロドリゲス

WBA/IBF世界バンタム級タイトルマッチ(2019/05/18、英グラスゴーSSEハイドロ)O井上 尚弥(17戦全勝15KO) 1.14倍  エマニュエル・ロドリゲス(19戦全勝12KO) 7.25倍経営危機が伝えられるWBSSであるが、トーナメントの片方の山からはノニト・ドネアが勝ち上がり、どちらが勝ち上がっても決勝戦はスリリングな試合になる期待が高まった。井上にはぜひともがんばってほしいものである。テテの負傷欠場で代役ヤングが相...

続きを読む

さすがに厳しい最後の直線 日本橋から千葉ニューまで歩く(完結編)

思いがけず、午前11時過ぎという早い時間に新鎌ヶ谷まで着くことができた。駅前のファミレスに入り、しょうが焼ヒレかつランチ1080円をオーダーする。「ご飯はどうしますか?」と聞かれ「大盛りで」と答えたら、大きなお碗にてんこ盛りのご飯が出てきた。食べられるかなあと思ったが、軽く食べれたのは、体力を消耗していたということだろう。さて、帰宅支援マップによると日本橋から鎌ヶ谷までは28kmである。28kmといえば、お遍路...

続きを読む

関東ふれあいの道にしては厳しいヤセ尾根 仏果山・経ヶ岳(後編)

仏果山からの眺めを楽しんだ後、ちょっと失敗してしまった。当然まっすぐの道を進めばいいだろうと思って、展望台から下って行くのだが、これから進むべき経ヶ岳が見えて来ないどころか、どうみてもこれは宮ヶ瀬へ下りる道である。すでに5分ほど下りてしまったので、面倒だからこのまま下山してしまうかと一瞬思ったが、時刻はまだ正午前。午後1時には麓に下りてしまう。それではいくらなんでも時間を余し過ぎる。仕方なく、いま...

続きを読む

一ノ宮のすぐ近くにある霊場会礼拝所 六十二番一ノ宮(後編)

大鳥居をくぐり、石段を登って行く。灯籠や石柱、足下の石はそれほど古いものではなさそうだが、削れて読めなくなっている碑文や黒ずんでいる狛犬を見ると、200年より新しいということはあるまいと思う。境内は山(古墳)の上にあるにもかかわらず、見た目よりも奥行きがあって広い。阿波一ノ宮や土佐一ノ宮と比べても見劣りしない広さである。本殿の間口はそれほど広くないが、巨大な注連縄が周囲の空気を圧している。「霊場記」...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty、忍者などのブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。
SSL化整備おおむね完了(2019/05/11)。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -