FC2ブログ

記事一覧

迎えて10回目となる区切り打ち 番外霊場神野寺(前編)

善通寺、金刀比羅宮を歩いてから1年。10回目となる四国遍路区切り打ちの時期となった。「涅槃の道場」と呼ばれる讃岐・香川県に入ると、距離的にはこれまでのような長い歩きはない。だから八十八番まで歩くだけならあと5~6日あれば済むのだけれど、せっかくだから一番まで戻って四国一周を完結するとともに、高野山奥ノ院をお参りして結願とする計画を立てた。いろいろ調べると、一周して一番に戻るという慣習はもともとなかっ...

続きを読む

コロナウィルス、騒ぎ過ぎなのか騒ぎ足りないのか

先週末の3連休、日本では大阪・兵庫間の移動自粛要請があり、「翔んで兵庫」(w)がお祭りとなる騒ぎがあったが、ニュースを見ると聖火を見に大勢集まったり、上野公園で花見散歩をしたりコロナウィルスはどこ吹く風といった雰囲気である。しかし海外では、渡航禁止の国や地域は増える一方だし、外出自粛要請や宗教施設を含む集会禁止が多くの国で実施されている。アメリカも、カナダとの交通やヨーロッパとの移動を制限、ラスベガ...

続きを読む

第78期順位戦終了、渡辺三冠がA級全勝で初の名人挑戦

今年度の順位戦が、3月12日のB級1組を最後に終了した。今年の順位戦は星が偏るクラスが多く、1月中に渡辺三冠の名人挑戦、菅井七段のA級昇級(昇段)、丸山九段のB1復帰が決まった。2月の対局では、藤井七段のB2昇級、高見七段(前叡王)のC1昇級、斎藤七段(前王座)のA級昇級(昇段)が決まり、3月に持ち越されたのはC2の残り2枠、C1、B2の残り1枠のみとなった。降級も、A級から久保九段、B1から谷川九...

続きを読む

なぜ難台山と名付けたのだろう 吾国山・難台山(後編)

道祖神峠からしばらくは砂利道の緩やかな登り坂だったが、やがて傾斜のきつい坂道となる。斜めに丸太が埋めてあって、その上をスイッチバックしていくような道である。かなりきつい。吾国山も難台山も同じような高さのはずなのだが、下った以上に登らされているように感じる。そして、急に風が強くなったのが気になった。正午が近づいて強くなったのか、山の上だからなのかよく分からないが、左右の林がびゅうびゅう鳴っている。そ...

続きを読む

琴平町の好感度が大幅ダウンして区切り打ちを終える 番外霊場金刀比羅宮(後編)

ほっとしたのは、金毘羅様の石段は1400段と記憶していたのだけれど、御本宮までの段数は785で、あとの700は奥宮までの段数だったことである。空港バスの時間があるので1400段登って下りられるかどうか心配であったが、予想の半分で済んだ。途中に平らな部分が何ヵ所かあるので、自然と休み休み登れるのもうれしい。もしかすると、ばあさんを背負って登る笹川じいさんの銅像があるのではないかと心配したが、さすがにそういうものが...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
3年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -