FC2ブログ

記事一覧

中高年の山歩き 高尾山(前編)

コロナ明けから2回山に行ったが、ともに頂上に立った気分を味わえなかった。赤薙山はピークではあったのだけれど、すぐ後ろに女峰山へと続く稜線があって、頂上を極めたとはいえなかった。至仏山は入山9時までというローカルルールを知らず、途中で引き返さざるを得なかった。それを踏まえて、次はどこの山と考えた時、高尾山から陣馬山への縦走がよさそうだと思った。たいへんポビュラーなコースで、以前から候補として考えてい...

続きを読む

いま合唱コンクール?日本中こんなんばっかり

先週のニュースを見ていたら、あきれてものが言えないようなレベルの出来事が起こっていた。「翔んで兵庫」の中学校で、体育館に全校生徒を集めて合唱コンクールを開いて、多数がコロナに感染したという話である。学校とか教育委員会は、重症者はいないし全校生徒のPCR検査をするから問題ないでしょうみたいなことを言っているらしいが、あきれると同時にたいへん腹立たしい。感染を広めることが問題なのであって、そもそも生徒は...

続きを読む

ご詠歌の謎と長尾寺の由来 八十七番長尾寺(後編)

補陀落山長尾寺(ふだらくさん・ながおじ)、八十六番志度寺と同じ山号である。五来重氏はもともと同じ寺だったのではないかと推察している。このお寺の謎はご詠歌である。現在、霊場会HPや納経帳に書かれているご詠歌は、「あしびきの山鳥の尾の長尾寺 秋の夜すがら御名をとなえよ」だが、真念「道指南」に残されているご詠歌は「弥陀をとなえよ」なのである。山号(補陀落は観音様の浄土)からもご本尊(聖観音菩薩)からも、...

続きを読む

1970年とサイモン & ガーファンクル ~半世紀前の話(9)

あまりTVを見ないのだが、時々耳にするCMでカーペンターズの"Close to You"やジャクソン5の"I'll Be There"が流れている。ショッキングブルーの"Venus"も誰かのカバーだけれど使われている。いまの人が聴く分には、昔の曲が流れているというだけかもしれないが、オールドファンには感慨深い。というのは、これらの曲はちょうど50年前、1970年のビルボード(全米ヒットチャート)で週間1位を獲得したヒット曲なのである。著作権の保...

続きを読む

吾妻ひでお「失踪日記」(続き)

この本に書かれている3つの「失踪」体験のうち、ホームレスになる可能性は、私は幸いなことにほとんどなかったと思う。もちろん、人間誰しもすべてを放り出したくなることはあるし、たまたまそうならなかっただけかもしれない。配管工体験に近い経験は、ポリテクでやっている。ポリテクでは塩ビ管、銅管、鉄管の切断と接続を実習させられるので、なつかしく読ませていただいた。最後のアル中、依存症に至る可能性は、冗談ではない...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
 

4年前にリタイア、気ままなリタイア生活を送っています。
過去のnifty(2005-2014)、忍者(2014-2018)、当サイトの15ヶ月を経過したブログ記事は、下のリンクからホームページでご覧いただけます。

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -