FC2ブログ

記事一覧

雨の天空回廊で大苦戦 日光霧降高原(前編)

6月に上高地でテン泊した後、7月は信じられないほどの酷暑が続き、8月は1週間おきに台風が来た。定期的に山に行きたいのに、そんなこんなで2ヵ月、間が開いてしまった。

10月には第9次のお遍路を予定していて、あと2ヵ月を切った。今回の区切り打ちでは横峰寺、雲辺寺と標高の高い札所があり、締めくくりに金毘羅さまにお参りする予定である。相当綿密に足慣らしをしておかないと、息切れをしてしまうおそれがある。

ということで、8月の終わりに涼しくなる日がありそうだったので、急きょ山に行くことにした。目的地は日光・霧降高原。ここは登山道まで延々と続く階段、天空回廊があることで有名である。ここを歩いておけば金毘羅さまの練習をすることができる。

当初は、前泊して女峰山まで足を伸ばすつもりだったが、主として経費面の問題から日帰りにすることになった。そうすると女峰山まで行くのは無理で、途中の赤薙山までという計画とした。それでも標高差は700mあり、しばらくブランクがあったので結構きついだろうとは思っていた。

8月29日水曜日、栃木県北部の降水確率は午前10%、午後30%である。大気の状態が不安定で、方々で雷雨の心配があるというから、正午過ぎたら下山するくらいでないと危ない。とはいえ、7月以来続いている35℃にはならないというのは、汗っかきの私にはたいへんありがたい。

千葉ニューから北総線と東武線各駅停車を乗り継いで、東武日光駅に着いたのは午前8時過ぎ。電車を下りると涼しい風が吹いていた。鹿沼あたりで水たまりがあったのは心配したが、日光駅前では雨は落ちていなかった。

しかし山の方に目を向けると、中腹あたりから雲に覆われていて頂上を見ることはできない。上が濃霧で見晴らしがないのは仕方ないとして、この春の奥多摩のように、登って雨だと辛いことになる。

8時45分に霧降高原行のバスが来た。乗客は3人。2人はすぐに下りて、私一人を乗せてバスは山道を登って行く。霧降の滝あたりで雲の中に入ると、やっぱり雨だった。降水確率の低い午前中にこれでは、午後はどうなってしまうのだろうか。

30分ほど乗って霧降高原バス停に着くと、辺りは霧の中で真っ白、雨は小止みなく降り続いている。さすがに霧降高原名前のとおりと感心したが、家から4時間かけて来た結果がこれでは泣きそうになる。

レストハウスに入って身支度をしていると、「バスで来られたんですか」とビジターセンターの人に話しかけられた。「こんな天気ですから、危ないと思ったら引き返してくださいね」ということである。とはいえ、ここまで来たのだから天空回廊だけでも登りたい。上半身だけレインウェアを着、リュックカバーを付けて、9時30分レストハウスを出発。

レストハウスのすぐ横から天空回廊は始まっている。階段の段数は1,445段だから、1,368段の金毘羅さまより多い。足慣らしとしては十分ではあるが、計画ではそこから標高差300mの赤薙山まで登ることになる。それがどうかという状況である。

ともあれ、1400段の階段をこなさなければ始まらない。ステッキを持ちレインウェアのフードをかぶって登り始める。始めはなんということもない登りで、100段、200段とすいすい登れる。雨は止む気配はなく、メガネが水滴ですぐ濡れてしまうが、とりあえず快調である。丹沢でも奥多摩でも階段は苦手なのだが、この日はすいすい登れた。

ちょうど中間地点に避難小屋があり、雨が降り続けるのでひと息つく。前にも後ろにも人っ子ひとり見当たらない。この避難小屋には屋根があるのだが、壁が2方向しかなくその壁にも大きな窓が開いていて雨が当る。そほど居心地がいい訳ではないので、息が落ち着いたところで後半戦にかかる。

その後半戦がしんどかった。1400段のうち後半700段は、避難小屋から直線で登る一方で、折れたり曲がったりしない。登っても登っても先が見えない感じで、気分的にかなり疲れる。そして、いよいよ雨が激しくなってきた。

階段は18段ずつくらいで踊り場になるのだが、ベンチとか座るところはないし、手すりに寄りかかろうにも雨でびしょ濡れである。結局、ひたすら登り続ける他はなく、そんな具合で1000段を超えたあたりでとうとう息が上がってしまった。

踊り場2つくらい登るとヒザに手を当てて息を整えて、という連続で、なかなかペースが上がらない。体も熱くなってきて、休むたびに汗が雨と一緒に踊り場に落ちるのだった。

1300段までは100段ごとに階段に「XX段目」の表示があって目印になったのだが、なぜか1400段目はなくて、まだかなあと思いながら登って行くと、いきなり1445段目に到達した。汗と雨でびしょ濡れなのだが、終点の小丸山展望台には屋根がなく、おまけに1445段から展望台までさらに20段ほど登らなければならなかった。

(この項続く)

p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ


kirifuri_1.jpg
東武日光駅で山の中が雲に隠れていたので嫌な予感はしたのだけれど、標高1300mの霧降高原は雨。見通しはほとんど利かない。

kirifuri_2.jpg
天空回廊はスキー場のリフトを撤去した跡に建てられたという。段数1,445で標高差は237mある。

kirifuri_3.jpg
前半は軽快に登ったのだが、1000段目あたりから完全にへたばる。中間地点にある避難小屋から残り700段は、直線コースを登る一方となり大変きつい。